野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

松田宣浩がイケメンで愛車や筋肉が気になる!出身中学や高校は?

松田宣浩がイケメンで愛車や筋肉が気になる!出身中学や高校は?

3月のWBC(ワールドベースボールクラシック)に向けて、11月10日より侍ジャパン強化試合が開催されています。

メキシコとの初戦は投打が噛み合わず3対7と敗れましたが、2日目は打線が爆発し11対4で快勝し打撃面の不安を払拭する結果となりました。
2日目は三塁を山田哲人選手が守っていましたが、やはり三塁といえば福岡ソフトバンクホークスの松田宣浩(まつだのぶひろ)選手ですよね。

今回山田選手が三塁を守ったのはテスト的な意味だそうなのでこれからまた三塁・松田選手が見れると思います。
侍ジャパンでも活躍して、シーズン中と同じように「熱男~」と叫ぶ姿が見たいですね。

そこで今回は福岡ソフトバンクホークスのムードメーカー熱男こと松田宣浩選手を紹介していきます。

スポンサーリンク

松田宣浩選手のプロフィール

生年月日:1983年5月17日(33歳)
出身地:滋賀県大津市
身長:181センチ
体重:88キロ
右投右打
内野手

今ではチームを牽引するほどの選手に!

亜細亜大学でも1年から4番を任されるほど強打で注目されていた松田選手は2005年、大学生・社会人ドラフト会議にて希望入団枠で福岡ソフトバンクホークスに入団します。

プロでは1年目から1軍の公式戦で出場し、シーズン3年目の2008年には三塁手のレギュラーを獲得し年間を通して活躍します。
その後もレギュラーに定着し2015年には35本塁打と自己最高をマークすると、守備では今年4年連続となる合計5度のゴールデングラブ賞にも輝いています。

走攻守バランスの取れた選手だけではなく、チームの中心で他の選手を引っ張っていく姿は、もはや福岡ソフトバンクホークスの顔とも言える選手となっています。

ではそんな松田宣浩選手の中学・高校時代からプライベートなことまで調査していきたいと思います。

見た目はイケメン!筋肉もスゴイ?

松田選手といえばやっぱりホームランを打った後にする「熱男~」と叫ぶパフォーマンスですよね。
福岡ソフトバンクホークスのスローガンだった「熱男」を松田選手が叫ぶことで、今ではこの言葉が松田選手の代名詞ともなりました。

こういったパフォーマンスはチームだけではなくファンも一緒に楽しめますし、球場の雰囲気も一気にソフトバンクホークスのムードになるので勢いが付いて良いですよね。

そんな松田選手は、喋りも上手でテレビ等に出たときはMCや若手選手からのイジリにも上手く対応し、誰よりも空気を読んで場を盛り上げている姿には、見た目だけでなく内面的にもイケメンですよね。

しかも最近ではイケメンだけでなく松田選手の筋肉も注目されているようです。

そこまでムキムキというわけではありませんが、引き締まった筋肉をしておりなんでも2015年にインパクトのあるCMで話題の「ライザップ」と個人契約を結んでトレーナーからマンツーマンで指導を受けているみたいですよ。

そこでは筋肉を付けるわけではなくより動ける体にするためのトレーニングをしているそうです。

スポンサーリンク

松田宣浩選手の愛車は高級車?

松田選手の愛車は2013年の週刊誌で公開されたらしく、

キャデラックのエスカレード

という車だそうです。

こんな感じの車で、価格は1000万円するほどの高級車だそうです。
さすが年間億を稼ぐほどの選手ですね。
3年前の記事なのでもしかすると今は違う車に乗り換えているかもしれませんが、松田選手の愛車紹介でした~。

松田宣浩選手の出身中学は?

松田選手が野球と出会ったのは草津市立老上小学校2年生の時に矢橋レモンズという軟式野球チームに所属したことがきっかけでした。
草津市立老上中学校の時には学校の野球部ではなく栗東ボーイズで硬式野球チームでプレーしています。

詳しい理由はわかりませんが、中学のときに一度野球を辞めようと思ったそうです。

松田選手のような一流選手でも挫折や失敗を繰り返しながらプロでやっていってるので、順風満帆でプロになれる選手なんてほとんどいないんでしょうね。

高校時代は双子の兄と共に甲子園出場!

高校は岐阜県の中京高校に進学し遊撃手としてプレーしたいたそうです。

2年生の時にはチームメイトで双子の兄である教明さんと共に兄弟揃って甲子園の土を踏み、1点差で惜しくも初戦敗退となりますが、夢の甲子園出場を果たしたそうです。
兄弟揃って甲子園出場でもすごいのに、双子だったとは・・・さらに驚きの事実ですね。

その後松田選手は亜細亜大学に進学し、兄の教明さんは社会人野球を経て今は会社員として働いているそうですよ。

松田宣浩選手の関連記事

松田宣浩選手のまとめ

今回はマッチというあだ名で親しまれている松田宣浩選手を紹介してきました。
今では熱男というイメージが付いていますが、来年からもこのパフォーマンスで球場を盛り上げてほしいですね。

侍ジャパンでは山田哲人選手もサードをテスト的に守っていましたが、やはり日本の三塁手と言えば松田選手ですよね。

WBC本戦での活躍も期待していますが、来シーズンの福岡ソフトバンクホークスが王者を奪回するためには松田選手の力が必要不可欠です。
来季からもチームのムードメーカーとして持ち前のリーダーシップでチームを引っ張っていってほしいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。