野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

角中勝也(ロッテ)の嫁や子供は?守備の評価は?父親や出身中学も

角中勝也(ロッテ)の嫁や子供は?守備の評価は?父親や出身中学も

先日2016年のゴールデングラブ賞の発表があり、次は2016年ベストナインが発表されます。
ゴールデングラブ賞を受賞した選手がベストナインにも選出されることもあると思いますが、どの選手が選出されるのか野球ファンにとってはとても楽しみですよね。

そこで今回は、先日当ブログの「2016年ベストナイン予想」の外野手部門で選出予想をした、千葉ロッテマリーンズの角中勝也(かくなかかつや)選手のことを紹介していきます。

今シーズン初の首位打者に輝いた角中選手のこれまでの成績や守備での評価、出身中学等、角中選手の球歴から嫁や子供、父親のことまでプライベートな部分にも迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

角中勝也選手(千葉ロッテ)のプロフィール

kakunaka-katsuya_03

生年月日:1987年5月25日(29歳)
出身地:石川県七尾市
身長:180センチ
体重:85キロ
右投左打
外野手

不屈の精神で這い上がり首位打者へ

今シーズン178安打、打率339という成績で2012年の打率312に次ぐ2回目のパリーグ首位打者に輝いた角中選手ですが、1度目の首位打者を獲得するまでのプロ生活5年はなかなか1軍では結果が出なかったみたいですね。

日本航空第二高校を卒業し、2006年独立リーグのトライアウトを受け、四国アイランドリーグの高知ファイティングドッグスに入団した角中選手は1年間このチームでプレーします。

プロ野球独立リーグである四国アイランドリーグはNPB選手を目指している選手達が所属している球団で、待遇はNPBの球団とはまったく違いますよね。
特に給料面では大きな差があり、サラリー制で月給は10万~40万ほど、しかも1年間通して支払われるのではなく公式戦の行われる半年間だけだそうです。

ほとんどの選手は給料だけではやっていけないのでアルバイトをしながら生活しており、毎年実施されるNPBのドラフトに掛かることを目標にプレーしているそうです。

角中選手も独立リーグ時代は月給13万円でプレーしていたそうですが、本人は

「絶対にプロに行くと決めていたから苦労とは思わなかった」

と言っていたそうです。

高知ファイティングドッグスでは1年目からレギュラーに抜擢されるとパンチ力のある打撃やチャンスに強い勝負強さもありNPBのスカウトからも注目される存在になり、その年の大学生・社会人ドラフト7巡目で千葉ロッテから指名され入団します。

わずか1年で独立リーグからNPBへと入団しましたが、なかなかドラフト指名されない選手も数多くいます。
元々の野球センスや運もあるとは思いますが、やはり角中選手のプロに行くためのモチベーションや努力が実を結んだ結果なんだと思います。

千葉ロッテマリーンズに入団してから6年で首位打者に輝き、2016年の今シーズンは2度目の首位打者を獲得した角中選手は独立リーグでNPB選手を目指すほかの選手たちにとっても

いつかは自分も

という希望の星となっているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

角中勝也選手の守備は上手い?評価は?

kakunaka-katsuya_05

角中選手のポジションは主に左翼手や右翼手を守っており、遠投110メートルという強肩を持っています。
2012年は126試合に出場し失策はわずか1個という好成績をマークしますが、2013年は打って変わってリーグ最高の8失策という結果となりますが、一方では9個の捕殺でこれもリーグ最高となっています。

今シーズンも失策2となっており、チームの中では捕殺は多いものの失策も多いとしう結果になっています。
打撃は素晴らしいですが、守備は特段上手いというわけではないかもしれませんね。

角中選手の結婚した嫁は?子供はいる?

角中選手は首位打者となったオフ、2013年1月27日に4歳年上の一般女性と結婚されています。
嫁さんとの馴れ初めは知人の紹介だそうで、1年間の交際を実らせての結婚で名前等は公開されていません。

野球選手には多い姉さん女房でシーズンも厳しい言葉で励まし、支えてくれる嫁さんだそうです。

やはり首位打者となり結果を残したことで結婚という決断をしたのかもしれないですね。

現在3歳になる息子さんがおられるらしく早速野球をやっているそうですよ。
将来プロで活躍する角中ジュニアが見れるかもしれませんね。

父親は産まれる前からプロ野球選手にするつもりだった

kakunaka-katsuya_02

角中選手のお父さんはかなり厳しい方だったようで、角中選手が産まれる前からプロ野球選手にするつもりだったそうです。

角中選手が3歳の頃から毎日1キロのロードワークをさせ、小学生の頃は毎日100球のティーバッティング
お父さんがいない時にサボろうものなら夜中でも叩き起こされやらされたそうです。

まさしくリアル星一徹というようなスパルタ教育で育った角中選手は当時はお父さんのことが嫌いで野球も好きでやっていたわけでもなかったそうです。

しかしこの英才教育?のおかげもあってプロ野球を代表するバッターとなり、今では角中選手もお父さんには感謝しているのかもしれないですね。

出身中学はどこ?

角中選手は日本航空第二高校に進学し、高校までは地元石川県で過ごします。
中学時代は金沢リトルリーグというチームに所属していたそうですが、出身中学まではわかりませんでした。

おそらく石川県七尾市内の中学校であるとは思いますが、またわかり次第追記していきたいと思います。

角中勝也選手に関する記事一覧

角中勝也選手のまとめ

今回は今シーズンパリーグ首位打者となった千葉ロッテマリーンズの角中勝也選手を紹介してきました。
2016年のベストナイン外野手部門の最有力候補でありながら今回侍ジャパンには招集されてないんですね。

前回の第3回WBCでも侍ジャパンに選出されているので、世界大会の経験もある角中選手をメンバー入りさせるのは良いと思うんですが、3月の本戦で参加するんですかね~。

侍ジャパンでプレーする姿も見たいですが、来季2年連続の首位打者も掛かっているので来シーズンの角中選手にも注目していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。

オープン戦から公式戦まで観戦チケットをお得に手に入れるならコレ!!

チケット売買専門サイトで定価以下の観戦チケットも多数出品されています。
チケットを購入するならまずはここで検索してみよう!