野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

ソフトバンクホークス2017スタメンオーダー予想!先発ローテも

ソフトバンクホークス2017スタメンオーダー予想!先発ローテも

今シーズン福岡ソフトバンクホークスは北海道日本ハムの逆転優勝を許し、リーグ2位という結果に終わりました。
前半の無双状態からは想像も付かないほどの逆転劇でしたが、来季は巻き返してほしいですね。

2017年はどんなスタメンオーダーで開幕に挑むのか、ここで予想していきたいと思います。
2016年のスタメンオーダーから選手の成績等を参考にして2017スタメンオーダー予想と先発ローテーション・開幕投手を予想していきたいと思います。

あくまでも個人的な予想なので軽い気持ちで見てください。

スポンサーリンク

ホークスの2016年スタメンオーダーを振り返る

まずは2016年の福岡ソフトバンクホークスのオーダーを見ていきたいと思います。
シーズン途中での入れ替わりもありましたが、出場回数の多さでスタメンにしています。

(遊)今宮健太
(二)本多雄一
(中)柳田悠岐
(一)内川聖一
(三)松田宣浩
(左)中村晃
(指)長谷川勇也
(補)鶴岡慎也
(右)福田秀平

2016年は基本的にこのオーダーでしたが、シーズン中右翼手は福田選手と吉村裕基選手、城所龍磨選手、江川智晃選手で回していました。
打順はかなり入れ替えており2017年もその時々で入れ替えてくるのではないでしょうか。

ソフトバンクホークスの2017年スタメンオーダー予想!

それではここからは2017年のスタメンオーダーを予想していきます。

  • 1番.(二)本多雄一
  • 2番.(左)中村晃
  • 3番.(中)柳田悠岐
  • 4番.(右)エリック・テイムズ※新外国人
  • 5番.(一)内川聖一
  • 6番.(三)松田宣浩
  • 7番.(指)長谷川勇也
  • 8番.(補)鶴岡慎也
  • 9番.(遊)今宮健太

やはり大きいのは4番の新外国人エリックテイムズの加入ですね。
現段階ではソフトバンクに入団することは決まっていませんが、韓国リーグの本塁打王はどうしても欲しいですね。

あとは陽岱鋼選手のFA移籍も気になるところですが、正直陽選手が入れるところが指名打者ぐらいしかないんですよね~。
しかも2016年では日ハムで守備固めというのが多かったので陽選手はオーダーには入れませんでした。

ホークス2017年スタメンオーダー予想解説

1番.本多雄一選手

2016年成績:110試合/打率280/1本塁打/27打点/23盗塁

2016年本多選手が1番で出場したのはほんの数試合ですが、バッティングと足で期待できることから1番での起用がいいのではないでしょうか。
出塁すれば盗塁もあるので相手ピッチャーにとっては相当嫌な1番バッターになると思います。

2番.今宮健太選手

2016年成績:137試合/打率245/10本塁打/56打点/8盗塁

鉄壁な守備力で現状今宮選手を脅かす存在はいないですね~。
守備面は文句なしですが、バッティングに関してはもう少し上げてほしいですね~。
それでもバントは上手いので、一番の本多選手が塁に出れば盗塁+バントで犠牲フライでも1点取れるのでこの打順に置いてみました。

今宮選手は「今宮健太が彼女と結婚!嫁はどんな人?年俸や高校時代も調査!」でも紹介しています。

3番.柳田悠岐選手

2016年成績:120試合/打率306/18本塁打/73打点/23盗塁

2015年トリプルスリーを達成した柳田選手も2016年は不調やケガに苦しんだシーズンでした。
それでも3割本塁打18本は、チーム内でもかなり高いので来季の活躍には期待したいですね。

柳田選手は「柳田悠岐(ギータ)の嫁や子供は?FAでカープ?私服や髪型も調査」でも紹介しています。

4番.エリック・テイムズ選手

韓国のプロ野球で今シーズン本塁打王にも輝いた長距離砲です。
ソフトバンクはエリック・テイムズ選手獲得に向けて動いていますが、ぜひとも入団してほしいですね。
かつてのイスンヨプ選手のような活躍が期待できます。

エリック・テイムズ選手の去就は未定の中、12/8にデスパイネ選手獲得という報道がされました。
デスパイネ選手はソフトバンク入団が決定的ということですが、まだ確定ではありません。

エリック・テイムズ選手・デスパイネ選手は「デスパイネがソフトバンクに移籍?2017年の新外国人補強は?」でも紹介しています。

5番.内川聖一選手

2016年成績:141試合/打率304/18本塁打/106打点/3盗塁

やはり内川選手は外せないですよね。
2016年は4番として出場しましたが、エリック・テイムズ選手が加入すれば5番になりそうです。

内川選手は「内川聖一の嫁・長野翼の画像は?年俸推移は?WBCの成績も調査!」でも紹介しています。

6番.松田宣浩選手

2016年成績:143試合/打率259/27本塁打/85打点/6盗塁

熱男こと松田選手は2016年チーム一となる27本塁打を放ちました。
5番の内川選手と迷いましたが、この3番から6番までの打線は12球団最強とも言っていいほどの打線になりそうです。

松田選手は「松田宣浩がイケメンで愛車や筋肉が気になる!出身中学や高校は?」でも紹介しています。

7番.長谷川勇也選手

2016年成績:121試合/打率271/10本塁打/51打点/2盗塁

2016年も7番で出場することが多く、2017年もそのまま7番で予想しました。

8番.鶴岡慎也選手

2016年成績:103試合/打率251/2本塁打/26打点/1盗塁

細川選手が戦力外からの楽天に移籍となり、ソフトバンクの捕手陣の台所事情は正直きびしいです。
斐紹選手が育ってきましたが、どうしてもベテランの鶴岡選手に頼らざるを得ません。
捕手の世代交代は急務となっていますね。

9番.中村晃選手

2016年成績:143試合/打率287/7本塁打/50打点/6盗塁

柳田選手が辞退したため、変わりに急遽侍ジャパンに招集されホームランを放つ等活躍しました。
本戦は柳田選手になるかもしれませんが、パンチ力もあり1番に繋げる意味でも9番がいいのではないかと思います。

中村選手は「中村晃(ソフトバンク)の出身中学や高校時代は?彼女や結婚の噂も」でも紹介しています。

スポンサーリンク

ホークスの2017年先発ローテーションを予想

2016年のソフトバンクホークスは5人か6人で先発ローテーションを組んでいました。
ここでは6人で先発ローテーションを組んでいきたいと思います。

第一先発・武田翔太選手

2016年成績:27試合/14勝8敗/防御率2.95/144奪三振

2016年は14勝を挙げ、侍ジャパンにも選出されたエース武田選手は2017年も先発の筆頭になると思います。

武田選手は「武田翔太がイケメンで性格は?彼女いる?カーブが評判で球種も調査」でも紹介しています。

第二先発・和田毅選手

2016年成績:24試合/15勝5敗/防御率3.04/157奪三振

ハーラートップとなる15勝を挙げた和田選手には2017年も先発ローテの一角として活躍が期待できますね。
チームではベテランの域に達していますが、まだまだ衰え知らずの成績を挙げています。

和田選手は「和田毅のメジャーの成績は?ストレートがすごい!出身中学高校も」でも紹介しています。

第三先発・千賀滉大選手

2016年成績:25試合/12勝3敗/防御率2.61/181奪三振

千賀選手も武田選手と同じく侍ジャパンの一人として2016年チーム一の防御率を記録しました。
来季ももちろん先発ローテの一角として活躍してほしいですね。

千賀選手は「千賀滉大の出身中学や高校は?嫁はいる?球種のフォークがすごい」でも紹介しています。

第四先発・田中正義選手

2016年ドラフト1位指名の創価大学・田中正義選手です。
5球団の競合から見事工藤監督が引き当てた大型ルーキーには期待せずにはいられないですね。
能力は十分なのでオープン戦の出来では先発ローテに食い込んできそうです。

田中正義選手は「田中正義(創価大)のドラフト進路は日本ハム?出身中学や彼女も」でも紹介しています。

第五先発・バンデンハーク選手

2016年成績:13試合/7勝3敗/防御率3.84/92奪三振

2017年からソフトバンクホークスと3年契約を結んだそうなので来季も先発陣に加わります。
2016年前半のようなピッチングが出来れば来季の成績は相当上がりそうですね。

第六先発・東浜巨選手

2016年成績:23試合/9勝6敗/防御率3.00/100奪三振

順調に結果を残していき2016年は9勝をマークする等、これからが期待できる投手です。

東浜投手は「東浜巨(ソフトバンク)の彼女や結婚は?出身中学や高校大学時代も」でも紹介しています。

2017年開幕投手は武田翔太選手?

takeda-shota_05

2016年の開幕投手は5年連続で攝津正選手となりましたが、シーズン中まさかの2軍落ちとなりました。
攝津選手の復活が望まれますが、2017年はエースとなった武田翔太選手になるのではないでしょうか。

ソフトバンクホークスの2017年スタメンオーダーに関する記事一覧

ソフトバンクホークスの2017年スタメンオーダーのまとめ

他球団の2017年スタメン予想はコチラから一覧表示できます。

リーグ2位で終わった2016年とは違い2017年は奪還に向けて日ハムに挑んでいくことになります。
今や常勝軍団となったソフトバンクホークスですが、2017年もほとんど戦力が落ちない日ハムに買っていくには相当大変だと思います。

ドラフトで獲得した田中正義選手や補強で獲得した選手が活躍していけば十分優勝を狙えると思います。
来シーズンソフトバンクホークスがどこまで巻き返せるのか楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。