野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

ヤクルト2017開幕スタメンオーダー予想!先発ローテや開幕投手も

ヤクルト2017開幕スタメンオーダー予想!先発ローテや開幕投手も

2015年リーグ優勝を果たした東京ヤクルトスワローズは2016年まさかの5位Bクラスという結果に終わました。
今シーズンの低迷ぶりには予想も付かなかない結果となりましたが、2017年は優勝奪還するべく補強や育成が大事になってきそうですね。

そこで今回は2017年東京ヤクルトスワローズの開幕スタメンオーダー、先発ローテ、開幕投手を予想していきたいと思います。
それではまず今シーズン2016年の開幕オーダーを振り返っていきます。

スポンサーリンク

ヤクルトスワローズの2016年開幕スタメンオーダー

1.(中)上田剛史
2.(三)川端慎吾
3.(二)山田哲人
4.(一)畠山和洋
5.(右)雄平
6.(左)坂口智隆
7.(補)中村悠平
8.(遊)大引啓次

シーズン序盤からバレンティン選手が出場しており、1番は坂口選手が多くなってきていますね。
打撃陣に関しては2015年とそこまで大きくオーダーが変わってないですし、チーム打率や得点数もあまり変わってないんですよね。

一方投手陣は顕著に表れています。
チーム防御率はリーグワーストの4.73とセリーグ唯一の4点台で優勝した2015年の3.31と比べるとかなり悪くなっています。
やはり投手陣が安定してくれないとなかなか勝てないですよね。
2017年の課題は野手陣より投手力を上げていかないときびしいかもしれません。

それでは2017年の開幕スタメンオーダーを予想していきます。

ヤクルトスワローズの2017年開幕スタメンオーダー

  • 1.(中)坂口智隆
  • 2.(三)川端慎吾
  • 3.(二)山田哲人
  • 4.(左)畠山和洋
  • 5.(一)ディーン・グリーン
  • 6.(右)雄平
  • 7.(遊)西浦直亨
  • 8.(補)中村悠平

バレンティン選手残留による2017年開幕スタメンオーダー

  • 1.(中)坂口智隆
  • 2.(三)川端慎吾
  • 3.(二)山田哲人
  • 4.(左)バレンティン
  • 5.(一)ディーン・グリーン(畠山和洋)
  • 6.(右)雄平
  • 7.(遊)西浦直亨
  • 8.(補)中村悠平

※追記:バレンティン選手はヤクルト残留が決定しました。

バレンティン選手は「バレンティン(ヤクルト)が残留で年俸は?成績や通算ホームランも」でも紹介しています。

2016年の後半とそこまで変わりないですが、注目は新外国人のディーン・グリーン選手ですね。
バレティン選手に代わってどこまで活躍できるのか楽しみです。

それでは一人ずつ理由を解説していきます。

開幕スタメンオーダー予想の解説

1番・坂口智隆選手

2015年オフ、オリックスバファローズから自由契約で移籍した坂口選手は2016年大活躍でしたね。
2017年も持ち前の俊足とバッティングで活躍できると思います。

2番・川端慎吾選手

ここも安定ですかね。
3割を超える打者が2番にいることで、続く山田選手の前に塁を貯めて、一気に得点力が生まれるのでこの1番、2番は安定ではないでしょうか。

3番・山田哲人選手

2年連続のトリプルスリーを達成した文句なしの日本を代表するバッターです。
先日の侍ジャパン強化試合ではケガの影響からか、なかなかヒットが出ず、やや精彩を欠いていましたが本来の調子が戻れば3年連続トリプルスリーも狙えそうです。
打順については4番と迷いましたが、やっぱり3番のほうが思い切ったバッティングができるのではないでしょうか。

山田選手は「山田哲人の出身中学や高校時代は?メジャーいく?髪型や愛車も調査」でも紹介しています。

4番・畠山和洋選手

2016年はケガのためシーズン前半からチームを離脱します。
やはり畠山選手の長打力が魅力なので復帰してチームの主力として活躍してほしいですね。

※追記:バレンティン選手の残留により4番はやはりバレンティン選手になるのではないかと思います。
畠山選手は新外国人のディーン・グリーン選手とのポジション争いになりそうですね。

5番・ディーン・グリーン選手

2016年オフ新外国人補強選手として獲得したディーン・グリーン選手です。
メジャー昇格は一度もありませんが、マイナーリーグに在籍した6年で打率306/76本塁打を記録しバレンティン選手ほどの長打は期待できませんが、中距離バッターとしてクリーンナップに入れています。
身長193センチ/体重115キロの大型選手です。

6番・雄平選手

長打も狙える打者として2017年も活躍が期待できる雄平選手は6番に置きました。
3番から6番まで一発もある打線となると他チームにとっても嫌な打線ではないでしょうか。

7番・西浦直亨選手

2016年は大引選手と遊撃手の併用起用で出場していましたが、2017年はヤクルトの遊撃手としてレギュラーの座を獲得してほしいです。
とは言うもののおそらく大引選手と併用起用になってきそうですが。

西浦選手は「西浦直亨(ヤクルト)の結婚した嫁は?出身中学や天理高校時代は?」でも紹介しています。

8番・中村悠平選手

中村選手は「中村悠平(ヤクルト)の嫁は?ローラって?成績や年俸も調査!」でも紹介しています。

ヤクルトの正捕手は2017年も中村選手でしょうね。
打撃は西田明央選手のほうが期待できますが、中村選手を中心にしたオーダーになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ヤクルトスワローズの2017年先発ローテションは?

ではここからは投手陣に注目していきたいと思います。
先発ローテションは6人で回すことを前提に予想しています。

第一先発・小川泰弘選手

2016年の開幕投手でもある小川選手が来季も第一先発で起用されるのではないでしょうか。
2016年は二桁勝利はなりませんでしたが、エースとして2017年もチームを引っ張っていってほしいですね。

小川投手は「小川泰弘(ヤクルト)の彼女は?ライアンの由来は?出身中学高校も」でも紹介しています。

第二先発・石川雅規選手

2016年通算150勝を達成した石川選手は来季も先発の主軸として活躍してほしいですね。
2017年もカツオカーブで打者をキリキリマイさせてほしいです。

第三先発・山中浩史選手

先発ローテには2016年シーズン途中から加入し6勝を挙げるも12敗と大きく負け越してしまいます。
広島カープとの相性は極端に悪かったですが、2017年も先発ローテの一角として期待のできる選手です。

第四先発・由規選手

ケガのため一時育成選手となり2016年復活した由規選手は2017年先発ローテの一角として活躍が期待できます。
かつてのスターだった由規選手の出場にはファンも待ち望んだ復活だったと思います。
2017年は完全復活して先発ローテで活躍してほしいですね。

第五先発・寺島成輝選手

2016年ドラフト1位で獲得した高校生ルーキー・寺島選手を先発で予想しています。
高校BIG4と言われた注目選手の中でも即戦力になるのは寺島選手が一番可能性が高いと思います。
寺島選手には開幕ローテに入れるように頑張ってほしいですね。

寺島選手は

寺島成輝(ヤクルト)の変化球はどう?評価は?履正社時代や父母も

寺島成輝はヤンキーだった?性格と彼女や兄妹は?中学時代も調査

でも紹介しています。

第六先発・原樹理選手

2015年ドラフト1位で入団し2016年先発ローテに加わるも2勝8敗と大きく負け越しています。
元々の能力は高いのでオープン戦で結果が出れば再び先発ローテに食い込めるのではないでしょうか。

原投手は「原樹理(ヤクルト)の彼女の噂は?成績は?出身中学や高校時代も」でも紹介しています。

デービット・ブキャナン投手

先日獲得が発表されたデービット・ブキャナン投手も先発候補なのでローテ争いには加わってきますね。

デービット・ブキャナン投手は「デービットブキャナン投手がヤクルトへ!メジャーの成績や評価は?」でも紹介しています。

ヤクルトスワローズの2017年開幕投手は?

2017年の開幕投手は

小川泰弘選手

だと思います。

2016年も開幕投手は小川選手で残念ながら負け投手となってしまいましたが、開幕はやはりエースの小川選手に任せるのではないでしょうか。
開幕を取ってチームを勢いづけたいところですね。

ヤクルトスワローズの2017年開幕スタメンオーダーに関する記事一覧

ヤクルトスワローズの2017年開幕スタメンオーダーのまとめ

他球団の2017年スタメン予想はコチラから一覧表示できます。

2年ぶりのリーグ制覇に向けて真中監督はどういった開幕オーダーを組んでくるんですかね。

山田選手や川端選手等打撃陣は来季も期待できますが、バレンティン選手の抜けた穴をかなり影響しそうですね。
補強選手の新外国人助っ人のディーン・グリーン選手がどこまでやってくれるのかわかりませんが、もしかすると日本の野球が合えばかなり戦力アップになりそうなので期待したいですね。

あとはドラフト1位で入団した寺島選手が即戦力となるのか注目ですね。
予想はしましたが、高卒ルーキーなので1年目からの先発ローテは難しいかもしれませんね。
未来のヤクルトのエース候補ではあるのでとりあえず1軍登板を目指して頑張ってほしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。