野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

中日2017スタメンオーダー予想!先発ローテーションや開幕投手も

中日2017スタメンオーダー予想!先発ローテーションや開幕投手も

中日ドラゴンズは2013年から4年連続のBクラスとなり、年々順位も下がってきて2016年のシーズンはとうとう最下位となってしまいました。
それまでの黄金時代とは打って変わっての低迷ぶりに、この状況を打破するべく2017年は森繁和監督の元、現戦力の底上げと補強するであろう新戦力で戦っていくことになります。

2016年オフFA権を行使した平田良介選手、大島洋平選手共中日に残留することを表明し、ドラフト会議では大学生投手の目玉と言われていた明治大学の柳裕也選手の獲得など2017年に向けて明るいニュースも届いています。

森新監督がどんなオーダーでシーズンに臨むのかファンにとっては非常に楽しみなところですが、ここでは一足早く2017年のスタメンオーダー、先発ローテション、開幕投手を勝手に予想していきます。

それでは2016年の主なスタメンオーダーから見ていきます。

スポンサーリンク

中日ドラゴンズの2016年のスタメンオーダー

(補)杉山翔大or桂依央利
(一)ビシエドor森野将彦
(二)荒木雅博or亀澤恭平
(遊)堂上直倫
(三)高橋周平or福田永将
(左)ナニータ
(中)大島洋平
(右)平田良介

主なスタメンオーダーはこんな感じでしょうか。

それでは2017年のスタメンオーダーを予想していきます。

中日ドラゴンズの2017年スタメンオーダー予想

  • 1.(中)大島洋平
  • 2.(二)亀澤恭平
  • 3.(一)ビシエド
  • 4.(左)助っ人新外国人(※追記アレックス・ゲレーロは3番)
  • 5.(右)平田良介
  • 6.(三)福田永将
  • 7.(遊)堂上直倫
  • 8.(補)杉山翔大

中日の2017年スタメンオーダー予想の解説

それでは1番から順番に理由を解説していきたいと思います。

1番・大島洋平選手

ファンにとっては大島選手残留が一番嬉しいのではないでしょうか?
3割近くのアベレージと二桁の盗塁はセリーグでも数少ない先頭打者です。
1番大島以外は今の中日では考えられないほど安定の予想ではないかと思います。

2番・亀澤恭平選手

そろそろベテラン荒木選手に代わって不動の二塁手として活躍してほしいですね。
名手・荒木選手からポジションを奪うのは並大抵のものではないですが、今季1800万(推定)と年俸ダウンの査定に奮起して、来季は倍増となるような活躍を期待しています。
ちなみに2017年はパフォーマンスも考えているらしくチームのムードメーカー的役割りも担ってくれるかもしれません。

3番・ビシエド選手

2016年のシーズン序盤は「ホームラン何本打つの?」という活躍でチームの勝利に貢献していましたが、打線の調子は下降線を辿り、終わってみれば22本塁打という結果になりました。
22本でもスゴイのですが、来季はそれ以上のバッティングを期待したいですね。

ビシエド選手は「ビシエドは来季も中日残留?阪神との関係や嫁と年俸もチェック」でも紹介しています。

4番・助っ人新外国人選手

2016年レフトを守っていたナニータ選手を含む5名の外国人選手が戦力外となり、オフには新外国人を補強してくると思います。
特にレフトの補強は急務なので良い助っ人外国人が入団してほしいですね。
外野手でFA権を行使したオリックスの糸井嘉男選手と日本ハムの陽岱鋼選手は取る方向ではないので新外国人選手と予想しました。

※追記
糸井選手は阪神に入団が決定し、中日は新外国人選手として元ドジャースのアレックス・ゲレーロ選手を獲得しました。
ゲレーロ選手は広角に強打を打てるバッターですが、ビシエド選手ほどホームランバッターではないため3番ゲレーロ選手、4番ビシエド選手ではないかと思います。

ゲレーロ選手は「アレックス・ゲレーロ(中日)のメジャーでの成績や守備の評価は?」でも紹介しています。

中日の2017年補強選手は「中日の2017補強選手予想!FA移籍から新外国人やドラフトまで」でも紹介しています。

5番・平田良介選手

大島選手に続いて中日残留を表明した平田選手を5番にしました。
2016年は打率248・本塁打14本はファンはおろか本人も納得できる結果ではないでしょうね。
残留表明の会見でも「成績はまだまだ、球界のトップに立てる選手になる」と言っていたとおり来季からの活躍には期待したいですね。

平田選手は「平田良介(中日)がFAなら巨人かヤクルト?ランクや年俸と嫁も調査!」でも紹介しています。

6番・福田永将選手

2016年シーズン終盤は4番を任された長打も期待できる福田選手です。
来季も高橋選手の併用起用になりそうですが、得点力という意味で福田選手を予想しています。

7番・堂上直倫選手

2016年ほんどの試合でショートを守っていた堂上選手はレギュラーと言っていいのではないでしょうか。
来季はバッティングにも期待したいですね。

8番・杉山翔大選手

捕手については投手によって杉山選手と桂選手で併用ではないでしょうか。
この辺は2016年と同じような感じになりそうですね。

スポンサーリンク

中日ドラゴンズの2017年先発ローテーションは?

先発ローテションは6人で回していくことを想定して予想しています。

第一先発・大野雄大選手

2016年開幕投手に抜擢された大野選手が中日のエースと言ってもいいのではないでしょうか。
今季は7勝10敗と大きく負け越してしまいましたが、2017年もエースとして投手陣を引っ張っていってほしいですね。

第二先発・吉見一起選手

ここ数年は思うような成績を残せず苦しいシーズンが続いていますが、2016年は防御率3.08と中日の先発では一番いいんですよね~。
まだまだやれる年なので来季からも頑張ってほしいです。

第三先発・若松駿太選手

ドラフト7位指名ながらも2015年は二桁勝利を記録し、2016年も7勝8敗と中日の先発陣の中ではまずまずの結果だったと思います。
2017年も先発ローテの一角として活躍が期待できる一人です。

若松投手は「若松駿太(中日)の彼女は?出身中学や祐誠高校時代に年俸も調査」でも紹介しています。

第四先発・ジョーダン選手

2016年の助っ人外国人投手として中日に入団したジョーダン選手です。
6勝6敗という結果でしたが、二桁は欲しいところですが他の投手陣と比べても健闘した方ではないでしょうか。

第五先発・柳裕也選手

2016年のドラフト1位指名で獲得した柳裕也選手です。
ソフトバンクホークスに入団した田中正義選手や千葉ロッテマリーンズに入団した佐々木千隼選手同様ドラフト目玉選手の一人です。
即戦力として1年目からの先発ローテーション入りを期待しています。

柳選手に関する記事はコチラでも紹介しています。

第六先発・小笠原慎之介選手

2015年のドラフト1位投手・小笠原選手です。
高卒1年目から1軍のマウンドに上がるも2勝6敗とプロの高い壁に阻まれた結果となりました。
小笠原選手は期待も込めて先発ローテションとして予想しています。

中日ドラゴンズの2017年開幕投手は?

開幕投手は

大野雄大投手

ではないでしょうか。
2016年も開幕投手を任され、勝利投手となった大野選手が中日ドラゴンズのエースとして2年連続で開幕を任されそうです。

中日ドラゴンズの2017年スタメンオーダーまとめ

他球団の2017年スタメン予想はコチラから一覧表示できます。

今回は中日ドラゴンズの2017年スタメンオーダーや先発ローテーションを予想してきました。
2016年最下位となった中日はもう上がるしかありません。

暗いイメージのある中日が森繁和新監督に変わりガラッと変わるのか来季は楽しみですね。

今のところ補強といえる補強の情報はありませんが、ドラフトで明治大学の柳裕也選手を引けたのはかなり大きいと思います。
柳選手が即戦力となれば助っ人外国人の補強によってはAクラス入りもできるかもしれません。

2017年の中日ドラゴンズに注目していきます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。