野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

則本昂大(楽天)はメジャー行く?出身中学や高校は?嫁も気になる

則本昂大(楽天)はメジャー行く?出身中学や高校は?嫁も気になる

先日西武ライオンズからFA宣言した岸孝之選手が2017年から東北楽天ゴールデンイーグルスでプレーすることを発表されました。

楽天は今オフ大型補強を予定しており、まだ日本ハムファイターズの陽岱鋼選手にも興味を持っているそうです。
今季5位Bクラスで終わった楽天は、2017年は本気で優勝を狙っているのかもしれないですね。

岸選手というエース級の投手を獲得した楽天は現在のエース則本昂大選手とともに二本柱で二人で30勝ぐらいしてくれそうな感じですね。
来シーズン楽天がどこまで上位に食い込んでくるか楽しみでもあります。

そこで今回は楽天の不動のエース・則本昂大選手にスポットを当てて紹介していきます。

スポンサーリンク

則本昂大(のりもとたかひろ)選手のプロフィール

生年月日:1990年12月17日(25歳)
出身地:滋賀県犬上郡多賀町
身長:178センチ
体重:82キロ
右投左打
投手

2012年三重中京大学からドラフト2位で楽天ゴールデンイーグルスに入団。
2013年のシーズンは則本選手にとっても楽天ゴールデンイーグルスにとっても初のリーグ優勝、日本一という特別な年となります。

1年目から1軍のキャンプに参加し、オープン戦で結果を残すと新人ながら異例の開幕投手に抜擢されます。
この辺の事情は則本選手の能力によるものもありますが、楽天の投手不足や当時の絶対的エースだった田中将大選手がWBCに参加したことも影響しての開幕先発だったようです。

プロ初登板となった開幕戦では惜しくも敗戦投手となりますが、2戦目ではプロ初勝利を挙げ、メキメキと頭角を現していきます。
この年エースの田中選手は負け無しの24勝を果たしルーキーの則本選手は15勝と、実に二人で39もの勝利をチームにもたらしました。

球団史上初となるリーグ優勝と日本一に輝き田中選手はメジャーのヤンキースに渡り、エース不在となった2014年は次のエース候補としてますます則本選手に期待と注目が集まります。

この年の楽天は本当に神がっかてましたね。
田中将大選手がまさに無双状態でシーズン通して負け無しというありえない記録やルーキーの則本選手の活躍、銀次選手やマギー選手等、投打が噛み合い優勝が決まる試合に田中選手をリリーフ登板させる星野前監督のサプライズにもしびれました。

2016年の広島カープをのような快進撃で東北全体が盛り上がっているのがテレビやニュースからも伝わってきました。
弱かったチームが強いチームを倒すというのがプロ野球に限らずスポーツの醍醐味ですよね。

2年目の2014年は楽天のエースとして開幕投手を任され、プロ初完投勝利で昨年の雪辱を果たしました。
その後も勝ちを重ねて不動のエースとして活躍していきます。

2016年もエースとして4年連続の二桁勝利を果たしましたが、チームは5位という結果に終わりました。
楽天の投手陣はどうしても則本選手一人が引っ張っていってる印象も強く、エースとしてのプレッシャーを一身に背負いマウンドに立っているように見えるので、今回FAでエース級の岸孝之選手が加入したことは則本選手の精神的負担もかなり軽くなるのではないでしょうか。

同じようなエースがもう一人いることで思い切ったピッチングもできそうでしね。
また則本選手も「ずっと待ってた」と岸選手と固い握手を交わし、プライベートでも親交があるそうなので来季の二人のエースの活躍が楽しみですね。

この二人に刺激を受けて美馬選手や塩見選手も先発の柱として頑張ってほしいです。

スポンサーリンク

則本昂大選手はメジャー志望?行く可能性は?

昨年の2015年オフ、広島カープの前田健太投手が海を渡りメジャーリーグに挑戦し、ドジャースで16勝11敗という好成績を残しました。
そして来オフには日本ハムファイターズの大谷翔平選手もメジャーに行くのではないかと噂されていますが、則本選手もメジャーの可能性はあるんですかね~。

本人の気持ちはというと、チーム内では則本選手のメジャー思考は周知のことだそうです。
しかも則本選手がリスペクトしてやまない田中将大選手とは毎年のように自主トレを一緒にされているそうです。

尊敬する田中選手がメジャーの第一線で活躍している姿は則本選手にとっても非常に刺激になっているのではないかと思います。

そうなると数年後メジャー挑戦ということもあるかもしれませんが、肝心のメジャーの評価はどうなのでしょうか。

2015年に開催されたプレミア12ではメジャー各球団のスカウト陣が来ており、そこで高い評価を得た前田選手は実際にメジャーに移籍しています。
さらにリリーフで出場した則本選手も高い評価を受けており、

「彼はメジャーでは先発より、リリーフのほうが成功するかもしれない」

と言われており、メジャーの球団も則本選手に興味を持っているのは確かのようです。

もし則本選手が今後もメジャーに行きたいという気持ちを持ち続けるなら、まだまだ若いですしメジャー移籍もあるかもしれないですね。
とりあえず2017年は楽天でプレーするので優勝を目指して岸選手と共に頑張ってもらいたいです。

則本選手の出身中学や高校時代は?

小学1年の頃から野球を始め、「多賀少年野球クラブ」では5年生でエースとなります。
小学生から全国大会を経験しており、また水泳も習っていたため柔軟性を身につけケガのしにくい体作りができていったそうです。

則本選手の出身中学は地元滋賀県の多賀町立多賀中学校に進み、学校の軟式野球部に所属します。
2年のときには県大会ベスト4まで進み、滋賀県立八幡商業高学に進学します。

1年生のときに甲子園まで進みますが、則本選手はベンチ入りできず2年生からチームの主力として出場していきますが、甲子園に出場することはなかったそうです。

高校時代から140キロのストレートを投げ注目されていたものの大学に進学し、大学1年の時からリーグ戦に出場し、リーグMVPや2度のベストナイン獲得などの活躍で楽天ゴールデンイーグルスに入団します。

則本昂大選手の嫁はどんな人?

則本選手は2013年一般女性とイブ婚をされています。
お相手は則本選手の1歳年下で藤本紋華さんという方だそうです。

一般女性なので画像等の公開はされていませんが、高校時代のマネージャーだったそうですよ。
当時はまだ選手とマネージャーという関係だったそうですが、お付き合いが始まったのは大学時代に再会したときだそうです。

高校の部活のマネージャーとか男の憧れですが、高校時代に付き合われると周りは気を使いますよねw

大学時代からプロでの1年間、ずっとソバで支えてきてもらったんでしょうね。
うらやましい限りです。

則本昂大選手に関する記事一覧

則本昂大選手のまとめ

プロ1年目から球団史上初のリーグ優勝と日本一に貢献し、そこからエースとしてずっと投手陣を引っ張ってきた則本選手も目まぐるしいプロ野球人生ですね。

西武からFAで移籍する年齢も経験も上の岸選手が来ると則本選手もノビノビとプレーできるかもしれません。
楽天ゴールデンイーグルスは2016年オフ、戦力の補強を積極的に行っていますが来季この二人が順当に勝ち星を重ねていけばAクラス、もしくは優勝も狙える位置にくるのではないでしょうか。

来季の則本選手の活躍が楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。