野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

長野久義(巨人)の嫁や子供は?離婚って本当?成績や年俸も調査

長野久義(巨人)の嫁や子供は?離婚って本当?成績や年俸も調査

12球団でも一番伝統のある球団と言えば、まず巨人や阪神が思い浮かびますが、どうしても野球と言えば巨人というイメージが未だに根強いですよね。

そんな伝統のある球団では選手の一挙手一投足がマスコミや世間から常に注目され、毎日大小様々な報道がされています。
その中でもオフの選手の動向は注目度も高く、今季FA権を取得した巨人の長野久義選手の去就も注目されていました。

当初報道陣にも「宣言しますよ」と言って周囲はかなりざわついていましたが、結果的には宣言せず残留(まあリップサービスだと思いますが)となり、来季も巨人でプレーします。
元々巨人を熱望して入団した経緯があるのでFA権行使の可能性は低かったですが、長野選手の去就はけっこう話題になりました。

そこで今回は巨人の長野久義選手にスポットを当てて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

長野久義(巨人)のプロフィール

生年月日:1984年12月6日(31歳)
出身地:佐賀県三養基郡基山町
身長:180センチ
体重:85キロ
右投右打
外野手

出身中学や高校時代は?

小学校1年生の時に地元の少年軟式野球チーム「基山バッファローズ」に入団し、野球を始めます。
出身中学の基山町立基山中学校では学校の野球部ではなく硬式野球チームの「筑紫野ドリームズ」に入団します。

中学時代は背も高くなく体も小さかった長野選手は当時の監督にも「センスがない」と言われるほどだったそうです。
それでも長野選手は諦めることなく練習に励み、見事レギュラーを獲得します。

レギュラー抜擢には長野選手のキャラによるものが強かったらしく、目立ちたがり屋の性格は常にチーム内でも元気の源となりそのおかげで勝てる試合も少なくなかったそうです。
さらに練習に対する姿勢が真面目でチームのみんなが帰ったあとも一人残って練習し、練習が終わると掃除までして帰っていたそうです。

監督はそんな長野選手を見て「野球は下手だが何かを持っている選手」としてレギュラーに抜擢していたそうです。

高校は筑陽学園高校に進学し、2年の夏まではベンチ入り出来ずスタンドで応援する立場でした。
スタンドでも誰よりも声を出し、目立っていた長野選手は秋にはレギュラーを掴むとチームの主力に成長していきます。

甲子園出場は一度もありませんでしたが、九州大会ベスト4に輝き日本大学へと進学します。

社会人野球からドラフト1位で巨人に入団

日本大学ではプロの球団からも注目されるような選手となっており、ドラフトでも日本ハムから指名を受けますが、これを拒否し社会人野球のホンダへと進みます。
さらに社会人野球入団から2年後、再びドラフト会議で千葉ロッテから指名を受けますが、これも拒否し社会人に残ることとになります。

2度のドラフト指名からの入団拒否にはどうしても巨人に入りたいという強い思いがあり、巨人以外の球団からの誘いは頑なに断っていたそうです。

そこには大学時代からいち早くずっと見守ってくれていた巨人に恩返しがしたいという気持ちから批判は覚悟の上で巨人からのドラフトを指名を待ち続けていたそうです。
そして2009年のドラフト会議でジャイアンツから1位指名を受け念願の巨人に入団します。

スポンサーリンク

巨人での成績や年俸は?

即戦力として入団した長野選手は首脳陣の期待通り1年目から1軍で128試合に出場し、打率288/19本塁打の好成績を残しその年の新人王にも輝きます。
2年目はさらにバッティングに磨きが掛かり、打率316とリーグ首位打者となる活躍でベストナインとゴールデングラブ賞のW受賞を果たします。

その後もチームの主力として好成績を残していきますが、2015年には自己ワーストとなる打率251という結果に終わり思うような成績が残せないシーズンとなります。
2016年は打率283まで回復しましたが、本塁打と打点では前年度より下回る結果に終わり、来季からの巻き返しに期待が掛かります。

成績と年俸推移

2010年:128試合/打率288/本塁打19/打点52/年俸:1500万
2011年:140試合/打率316/本塁打17/打点69/年俸:3500万
2012年:144試合/打率301/本塁打14/打点60/年俸:9500万
2013年:144試合/打率281/本塁打19/打点65/年俸:1億6千万
2014年:130試合/打率297/本塁打13/打点62/年俸:1億8千万
2015年:130試合/打率251/本塁打15/打点52/年俸:2億
2016年:143試合/打率283/本塁打11/打点42/年俸:1億7500万

成績や年俸どちらをとっても巨人の一流選手の仲間入りですね。
1年目からのこの成績は、さすがに熱望して入ったジャイアンツなので気合も違ったのかもしれないですね。

2015年不振が続いたとは言え、本塁打は毎年二桁打ってるんですね~。
贅沢を言えば3割20本はいってほしいですが、求めすぎですかねw

長野久義選手の嫁や子供は?離婚の可能性は?

長野選手は2015年3月、かねてから交際報道が出ていたテレビ朝日のアナウンサー下平さやかさんと結婚されます。
5年の交際期間を経て一時は破局かと言われていた、この結婚に当時はかなり話題になりました。

子供がいるという情報はないのでまだみたいですが、結婚1年目なのでそろそろおめでたい話が聞けるかもしれないですね。

野球選手とアナウンサーとの結婚はある意味定番ではありますが、二人はどんな結婚生活を送ってるんでしょうね。
長野選手の年俸からすると相当なセレブ生活が想像できますがw

しかし長野選手の結婚を調べてみると至るところで離婚間近?という見出しを目にするんですよね~。
この理由には嫁の下平さやかさんの元彼たちにあるそうで、結婚するまで様々な有名人と噂されたことから「大丈夫?」ということで離婚という文字が先走ってるみたいですね。

実際そういった事実はなく普通に結婚生活を送ってそうですが、これだけ噂や憶測が飛び交うには本人達はいい迷惑だと思いますが、二人とも人気者である証なのかもしれないですね。

長野久義選手に関する記事一覧

長野久義選手のまとめ

今回は読売ジャイアンツ(巨人)の長野久義選手を紹介してきました。
巨人入団するまでには様々なことがありましたが、今では巨人になくてはならない主力の一人となりましたね。

以前はプロ野球選手なら一度は投手をしたことがあるという経験をしていないことを負い目に感じていたそうですが、そんなことも今は関係ないほど活躍していますね。

また来季から巨人のレギュラーとして躍動する長野選手が見れるでしょうね。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。