野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

阪神プロテクト予想!鳥谷と西岡は?発表日や期限はいつまで?

阪神プロテクト予想!鳥谷と西岡は?発表日や期限はいつまで?

先日FA権を行使したオリックスバファローズの糸井嘉男選手が阪神タイガースへの移籍を正式に発表されました。

阪神にとっては糸井選手のような走攻守優れた外野手の獲得は、来季巻き返しのための戦力として最重要事項っとなっていたため今回の移籍は球界にとっても大きなニュースとして話題になりました。

糸井選手獲得に沸く阪神ファンですが、糸井選手のFAランクがBランクらしく阪神サイドはオリックスに対して、金銭補償もしくは金銭補償プラス人的補償をしなくてはなりません。
具体的には糸井選手を獲得するには、オリックスに年俸の数%のお金を払うか、一部のお金とプロテクトを外れた選手を一人オリックスに差し出さなくてはなりません。

そこで今最も注目されているのが

オリックスは人的補償を優先するのでは?

阪神は誰がオリックスに行くの?

という話題で持ちきりです。

中でもネット上では鳥谷敬選手と西岡剛選手はプロテクトを外れるのでは?と噂が立っており阪神ファンのみならず野球ファンも注目する事態となっています。
プロテクトされた選手が公に発表されることはないですが、今回は阪神のプロテクト予想や鳥谷選手や西岡選手はプロテクトを外れるのかどうか、その辺をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

阪神プロテクト予想!28名は誰になる?

ここでプロテクトという制度を簡単に説明していきます。
FA移籍の補償には金銭補償か金銭補償プラス人的補償というのは先ほどご紹介しましたが、人的補償1名については阪神のどの選手でも指名できるのではなく、阪神サイドがこの選手だけは取らないでほしいという28名を選ぶことができます。

プロテクトが掛かった選手はもちろんオリックスも指名することができず、それ以外の選手を選ぶことになりますがこのプロテクトで守られる28名というのが一体どの選手になるのか気になるところですね~。

それではその28名を勝手に予想していきます~。

投手:藤浪晋太郎・岩貞祐太・能見篤史・岩崎優・青柳晃洋・望月惇・藤川球児・安藤優也・髙橋聡文・松田遼馬・島本浩也・横山雄哉

投手は12名を予想しました。

藤浪選手、岩貞選手、青柳選手はこの中でも特に結果を残しており、ほぼ確実にプロテクトに掛かると思います。
岩崎選手も来季から中継ぎ転向という話も出てきていますし、望月選手も先発としてこれからの阪神の主力なれるような選手です。

この12名はほぼ安定の結果になると思いますが、意外なところでは岩田選手をプロテクトから外しました。
先発ローテの一角として期待されましたが、今シーズンはなかなか調子が上がってこず自身も不本意な結果となりました。

これまでの阪神を支えてきた功労者ではありますが、年齢的なことも考えると外れる可能性も高そうです。

捕手:原口文仁・梅野隆太郎・坂本誠志郎

どの球団も捕手は人材不足となっています。
今シーズンは原口選手の覚醒で将来の正捕手として期待が高まりますが、やはり控えとしても捕手は貴重なのでこの3人はプロテクトに掛けてくると思われます。

鳥谷と西岡はプロテクトから外れる?

内野手:鳥谷敬・北條史也・西岡剛・陽川尚将・植田海

以上の5名で予想しました。
注目の鳥谷選手と西岡選手ですが、まず鳥谷選手はプロテクト内だと思っています。

今季はシーズンを通して元気がなく、極度の打撃不振と守備でも不安面を見せるなど年齢的な衰えを感じずにはいられませんでした。
年俸も4億円というチーム一の高年俸ということもありプロテクト外では?と噂されますが、それでも高い出塁率やチーム一の盗塁数を誇る鳥谷選手は阪神に欠かせない選手だと思います。

全盛期とまではいかなくてもまだまだ最前線でできる能力のある選手なのでプロテクトから外れる可能性は少ないのではないでしょうか。

そしてもう一人注目が集まるのが西岡剛選手です。
今シーズンは序盤からケガのため長期離脱を余儀なくされ、来季の復帰も危ぶまれています。

仮に来シーズン序盤から復帰したとしても、元々ケガの多い選手なのでシーズンをフルで出場することが難しい選手をあえて高年俸で取るというのは考えにくいです。
それでもチームを引っ張るリーダーシップは若手が多くなってきた阪神には必要不可欠の存在ではないでしょうか。
出場すれば何かやってくれる雰囲気を出している西岡選手が万が一取られるようなことを避けるためにもプロテクトにするのではないかと思います。

内野陣では新井良太選手は外しています。
代打の切り札として出場するもなかなか結果を残すことができず、苦しいシーズンが続いています。
年齢的にもプロテクトからは外れるのではないでしょうか。

外野手:福留孝介・高山俊・大和・伊藤隼太・江越大賀・板山祐太郎・横田慎太郎・中谷将大

以上の8名です。
外野手は糸井選手が加入することにより、高山選手、糸井選手、福留選手でほぼ固定ができそうですが、福留選手はあと何年現役でプレーできるかわかりません。
さらに超人といえど糸井選手が3年後もこれまでのようなパフォーマンスができるか難しいところです。

そこで中谷選手や江越選手、板山選手、横田選手のような有望な若手はプロテクト内になると思います。
大和選手はユーティリティプレイヤーなのでもちろんプロテクト内でしょうね。

スポンサーリンク

プロテクト選手の発表日や期限はいつまで?

ではプロテクトの提出期限や発表日についてまとめていきます。

まずFAで獲得した選手と契約締結を公示した日から、2週間以内にプロテクト選手以外の選手名簿提出しなくてはなりません。
そして提出された日から40日以内に獲得する選手を決めなくてはなりません。

簡単にまとめると

  • ・糸井選手が阪神の支配下登録になる
  • ・2週間以内にプロテクト28名を除いた選手名簿をオリックスバファローズに提出
  • ・オリックスバファローズは選手名簿を受け取った日から40日以内に獲得する選手を決定する

という順番になっていきます。
遅くとも12月下旬までにはどの選手が阪神からオリックスに移籍するか発表されそうですね。

オリックスはどの選手を選ぶ?

ではプロテクトから外れたどの選手をオリックスは獲得するのでしょうか。

投手陣からは歳内選手や榎田選手、岩田選手辺りが危ないのではないでしょうか。

歳内選手はまだまだ若手でこれからの選手ですし、榎田選手や岩田選手もまだまだ現役でやれると思います。

野手では上本選手がプロテクトを外れると危ないですね~。
あとは外野で俊介選手や狩野選手も魅力的かもしれないですね。

オリックスが即戦力なのか将来有望の若手を育てていくのかわかりませんが、どちらにせよ阪神には魅力的な選手が多いですね。
もしかすると選手にとっては出場機会を求めるならオリックス移籍もアリなのかもしれないですね。

阪神プロテクト予想に関する記事一覧

阪神プロテクト予想のまとめ

今回は糸井嘉男選手が阪神にFA移籍をするということで阪神のプロテクト予想をしてきました。
あくまでも個人的な予想なので、あっと驚くような選手がオリックスに移籍するかもしれませんね。

年内には発表があると思いますが、またプロテクト情報があれば随時追記していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。