野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

2017年の楽天ゴールデンイーグルスの補強は?スタメンも予想

2017年の楽天ゴールデンイーグルスの補強は?スタメンも予想

2017年のシーズンに向けて各球団着々と選手の補強を進めています。
現在いる戦力の底上げも必須事項ですが、他球団からの補強も同様に非常に重要な要素となります。

そんな中、先日楽天ゴールデンイーグルスはFA権そ行使した西武ライオンズの岸孝之選手を獲得し、順調に補強が進んでいます。
そこで今回は楽天ゴールデンイーグルスの2016-2017年の補強選手と2017年のスタメンを予想していきたいと思います。

スポンサーリンク

2017年の楽天ゴールデンイーグルスの補強は?(新外国人も)

岸孝之選手(投手)

西武ライオンズの岸孝之選手をFAで獲得しました。
地元・宮城県出身の岸選手はかねてから地元に恩返しをしたいという想いからお互いの意見が合致したようです。

西武のエースだった岸選手が楽天にきてくれれば間違いなく戦力アップになるので非常に楽しみですね。
来季からは則本選手との両エースの活躍が期待できます。

岸選手は「西武・岸孝之はFAで楽天か巨人?残留?嫁や子供に年俸も調査!」でも紹介しています。

細川亨選手(捕手)

今オフ、ソフトバンクホークスを戦力外された細川選手を獲得しました。
経験豊富なベテランが入ることで戦力に厚みは出てきますが、楽天には嶋選手がいるので出場機会はどうなるんでしょうね~。

若手の手本という意味では良い補強かもしれませんね。

細川選手は「細川亨が戦力外で楽天かロッテ?年俸は?マギーとの関係や嫁も調査」でも紹介しています。

フランク・ハーマン投手

新外国人選手のフランクハーマン投手を獲得しました。
ハーマン投手のメジャーでの成績や評価は「新外国人フランクハーマン(楽天)投手のMLBの成績や評価は?」でも紹介しています。

イ・デホ(李大浩)選手(内野手)

元ソフトバンクホークスで今季はマリナーズでプレーしています。
自身も出場機会を求めてのマリナーズ退団だそうですが、古巣のソフトバンク、ロッテも興味を示しているようです。

ロッテ時代の本塁打王やソフトバンクでも主砲としてチームの優勝に貢献し、マリナーズでも14本塁打を記録しています。
去就はまだ決まっていませんが獲得できると打線に厚みができるので魅力的ですね。

陽岱鋼選手(外野手)

※追記:陽岱鋼選手は巨人入団が決定しました。

2016年オフ日本ハムファイターズを退団し、来季の去就が注目されています。
オリックスバファローズも獲得に動いているので現状難しいかなという印象です。

陽選手も魅力的ですが、バッティングのほうでは少し不安がありますね。

スポンサーリンク

2017年の楽天ゴールデンイーグルスのスタメン予想

ここからは来季の楽天のスタメンを予想していきます。

  • 1番.(左)島内宏明
  • 2番.(遊)茂木栄五郎
  • 3番.(一)銀次
  • 4番.(三)ウィーラー
  • 5番.(DH)イ・デホor陽岱鋼
  • 6番.(右)岡島豪郎
  • 7番.(中)聖澤諒
  • 8番.(二)藤田一也
  • 9番.(補)嶋基宏

2017年スタメン予想の解説

1番・島内宏明選手

2016年成績:114試合/打率287/9本塁打/41打点/10盗塁

トップバッターはやはり足のある島内選手がいいと思います。
来季は1番に固定して走りまくってほしいです。

2番・茂木栄五郎選手

2016年成績:117試合/打率278/7本塁打/40打点/11盗塁

今季ルーキーながら2度のランニングホームランで1年目とは思えないほどの活躍でした。
新人王獲得とはなりませんでしたが、来季からも期待できますね。

茂木選手は「茂木栄五郎(楽天)の出身中学や大学は?彼女いる?年俸や成績も」でも紹介しています。

3番・銀次選手

2016年成績:125試合/打率274/2本塁打/43打点/1盗塁

今シーズン打撃は不振に終わりましたが、本来はバッティングの良い選手なので来季は3割を超えてほしいですね。

4番・ウィーラー選手

2016年成績:140試合/打率265/27本塁打/88打点/2盗塁

今季27本塁打を放ち、楽天の主砲として活躍しました。
イ・デホ選手の加入にもよりますが、やはり4番はウィーラー固定になりそうです。

5番・イ・デホor陽岱鋼選手

どちらかが加入するか、それもとどちらとも獲得できないのかわかりませんが強打者として期待できるイデホ選手はやはりクリーンナップですね。
陽選手だとどの打順にするのか迷いますね。

6番・岡島豪郎選手

2016年成績:127試合/打率252/6本塁打/35打点/7盗塁

今シーズンは1番で起用されることが多かったですが、打率252はトップバッターとしてはすこし物足りないですね。
打率・出塁率ともに高かった島内選手を1番にし、岡島選手を6番に持ってきました。

7番・聖澤諒選手

2016年成績:94試合/打率294/3本塁打/19打点/3盗塁

今季出場機会に恵まれず、FA権の行使もあるかと思いましたが残留ということになりました。
出場さえあればかなり期待もできるので来季はシーズン通して出場してほしいです。

聖澤選手は「聖澤諒(楽天)がFAで巨人か阪神?嫁や子供!安田美沙子との関係も」でも紹介しています。

8番・藤田一也選手

2016年成績:120試合/打率265/0本塁打/46打点/1盗塁

やはり藤田選手は守備力という点ではスタメンで置いておきたいですね。
来季はバッティングでも期待したいです。

9番・嶋基宏選手

2016年成績:80試合/打率271/2本塁打/17打点/4盗塁

細川選手が加入しましたが、やはり楽天のキャッチャーは嶋選手ですよね。
嶋選手もベテランに差し掛かっているので細川選手との併用起用も考えられますが、やはり中心は嶋選手になりそうです。

嶋選手は「嶋基宏(楽天)がFA行使で阪神?嫁や子供を調査!自宅は仙台?」でも紹介しています。

2017年楽天ゴールデンイーグルスの先発ローテも予想

ここからは来季の先発ローテを予想していきます。
岸選手の加入で大きく変わりそうですね。

則本昂大選手

2016年成績:28試合/防御率2.91/11勝11敗/216奪三振

来季の楽天は則本選手と岸選手の2本柱で決まりでしょうね。則本選手もメジャー挑戦を意識してるようですが、3年契約を結びまだまだ楽天でプレーする姿を見れますね。

則本選手は「則本昂大(楽天)はメジャー行く?出身中学や高校は?嫁も気になる」でも紹介しています。

岸孝之選手

2016年成績:19試合/防御率2.49/9勝7敗/104奪三振

大きな期待を背に楽天に加入した岸選手は先発ローテの一角でしょうね。
若干ケガが多いのが不安ですが、二桁勝利は見込めると思います。

美馬学選手

2016年成績:26試合/防御率4.30/9勝9敗/116奪三振

今季9勝を挙げ、来季は二桁勝利も射程圏内にある美馬選手も間違いなく先発ローテに入ってくると思います。

美馬投手は「美馬学(楽天)の嫁や子供は?年俸や成績は?出身中学高校も調査」でも紹介しています。

塩見貴洋選手

2016年成績:24試合/防御率3.89/8勝10敗/111奪三振

今季先発ローテの一角を担い、負け越しながらも8勝を上がる活躍でチームに貢献しました。
来季からも期待ができますね。

釜田佳直選手

2016年成績:20試合/防御率4.14/7勝5敗/77奪三振

まだ23歳と若い釜田選手ですが、これからの楽天を引っ張っていく選手として来季からも活躍してほしいです。

釜田投手は「釜田佳直(楽天)に彼女はいる?成績や年俸は?出身中学や高校も」でも紹介しています。

安樂智大選手

2016年成績:15試合/防御率3.42/3勝5敗/64奪三振

プロ2年目は登板数も増えましたが、3勝のみに止まり悔しいシーズンとなりました。
まだまだ若い選手なのでこれからのことも考え先発ローテで頑張ってほしいですね。

経験から見ると辛島選手になるかもしれませんね。

安楽投手は「安楽智大(楽天)の彼女や性格は?現在の球速は?出身中学高校も」でも紹介しています。

2017年の楽天ゴールデンイーグルスの補強とスタメン予想に関する記事一覧

2017年の楽天ゴールデンイーグルスの補強とスタメン予想のまとめ

他球団の2017年スタメン予想はコチラから一覧表示できます。

今回は楽天ゴールデンイーグルスの2016-2017年の新外国人選手を含む補強状況から来季のスタメンと先発ローテを予想してきました。

やはり岸選手獲得というのが一番大きいですが、優勝するためにはまだまだ補強が必要だと思います。
投手はだいぶ選手層が厚くなってきたのでやはり野手が欲しいところですね。

助っ人外国人にも期待したいところですが、とりあえずはイデホ選手と陽岱鋼選手の去就には注目ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。