野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

2017年の埼玉西武ライオンズの新外国人補強とスタメン予想!

2017年の埼玉西武ライオンズの新外国人補強とスタメン予想

各球団ストーブリーグが始まり、選手の契約更改や移籍等でシーズンが終わっても目が離せない野球界ですが、今オフのFA移籍の目玉として以前から注目されていた岸孝之選手が楽天ゴールデンイーグルスに移籍しましたね。

埼玉西武ライオンズとしては近年立て続けに主力選手の流出が目立ち、岸選手もまた引き留めには失敗という結果に終わりました。
今季はチームもBクラスに終わりかつての黄金時代が遠い昔のように感じますが、来季巻き返しのためにも選手の底上げと補強が必要不可欠となっています。

そこで今回は2017年の埼玉西武ライオンズの補強(新外国人)選手の紹介と来季のスタメン予想をしていきたいと思います。
個人的な予想なので軽い感じで見てください~。

スポンサーリンク

埼玉西武ライオンズの新外国人補強選手は?

ブライアン・シュリッター投手

schlitter_01

プロフィール
年齢:30歳
出身地:アメリカ合衆国
身長:195センチ
体重:106キロ
右投右打
投手

シカゴ・カブスやロッキーズの3Aでプレーしたブライアン・シュリッター投手を西武ライオンズが獲得しました。
やはり岸選手が抜けた穴を埋めるべく投手を優先的に獲得していますね。

ところがブライアン・シュリッター選手は主に中継ぎを担っていたそうで、西武でもまずリリーフでしょうね。

そこは先発じゃね?

と言いたいところですが、まだ補強期間はあるので先発はこれからですかね。
ではブライアン・シュリッター選手の成績を紹介します。

メジャー成績:78試合/3勝6敗/12ホールド/防御率5.40
マイナー成績:347試合/14勝29敗/23ホールド/112セーブ/防御率2.91

メジャーでの成績はイマイチですが、マイナーでは防御率はけっこういいですね~。
外国人選手は未知数なのでやってみないとわからないですが、日本の野球にアジャストできれば十分戦力になりそうな選手ですね。

2017年の埼玉西武ライオンズのスタメン予想

ここからは来季のスタメンを予想していきます。

  • 1.(遊)金子侑司
  • 2.(中)秋山翔吾
  • 3.(二)浅村栄斗
  • 4.(DH)メヒア
  • 5.(三)中村剛也
  • 6.(右)森友哉
  • 7.(左)栗山巧
  • 8.(補)炭谷銀仁朗
  • 9.(一)山川穂高

やはり西武ライオンズの打線は強力ですね。
クリーンアップとかリーグでも屈指の強打者揃いじゃないでしょうか。

これでBクラスというのが信じられないですね~。
さらに鬼崎選手、坂田選手もいるので不振や故障にも対応ができますね。
それでは一人一人紹介していきます。

1番・金子郁司選手

2016年成績:129試合/打率265/1本塁打/33打点/53盗塁

リーディングヒッターは秋山選手ではなくさらに俊足の金子選手を持ってきました。
やはり今季盗塁王の足は1番で使いたいところですね。

2番・秋山翔吾選手

2016年成績:143試合/打率296/11本塁打/62打点/18盗塁

今季は2年連続の3割には届かなかったものの十分トリプルスリーを狙える選手です。
3月のWBCにも侍ジャパンの主力としても参加するので開幕までの調整がどうなるか若干心配ですが、レギュラーは間違いないですね。

秋山選手は「秋山翔吾の出身中学や高校は?2017年の年俸は?結婚した嫁や妹も」でも紹介しています。

3番・浅村栄斗選手

2016年成績:143試合/打率309/24本塁打/82打点/8盗塁

今季は3割24本塁打と2013年のキャリアハイに迫る成績でシーズンを通して活躍しました。
浅村選手から始まるクリーンアップはかなり強力な打線となりそうです。

浅村選手は「浅村栄斗(西武)は元ヤンキー?彼女は?出身中学や桐蔭高校時代も」でも紹介しています。

4番・メヒア選手

2016年成績:137試合/打率252/35本塁打/103打点/1盗塁

今や西武の主砲であるメヒア選手は来季も4番になりそうです。
欲を言えばもう少し打率を上げてほしいですが、本塁打数が突出しているので仕方ないですかね。

5番・中村剛也選手

2016年成績:108試合/打率238/21本塁打/61打点/2盗塁

リーグを代表するスラッガーで33歳とベテランの域に達しているおかわり君も来季はクリーンアップの一角になるでしょうね。

6番・森友哉選手

2016年成績:107試合/打率292/10本塁打/46打点/1盗塁

捕手が炭谷選手のほうに分があるので来季もやはり野手での出場が濃厚ですね。
今季は昨季と比べてホームラン数は減ったもの打率や三振数は良くなっているので来季からも強打が期待できます。

森選手は「森友哉(西武)に彼女はいる?出身中学や高校は?成績や年俸の調査」でも紹介しています。

7番・栗山巧選手

2016年成績:135試合/打率279/3本塁打/41打点/0盗塁

やはりレフトは栗山選手ですかね~。
外野では坂田選手もいますがまだまだ栗山選手の出番のほうが多いでしょうね。

8番・炭谷銀仁朗選手

2016年成績:117試合/打率218/1本塁打/22打点/0盗塁

捕手不足の野球界において安定したリードを見せているのが炭谷選手です。
来季も西武の正捕手として活躍してくれそうです。

9番・山川穂高選手

2016年成績:49試合/打率259/14本塁打/32打点/0盗塁

山川選手は「山川穂高(西武)の出身中学や高校時代は?彼女は?成績や年俸も」でも紹介しています。

今季49試合の出場ながら14本塁打という活躍でメキメキと頭角を現しています。
来季はレギュラー獲りと20本塁打も期待できそうですね。

二軍ではすでに二度のホームラン王にも輝き今季のブレイクが期待される山川選手には注目です。

スポンサーリンク

2017年西武ライオンズの先発ローテは?

ここからは来季の先発ローテを予想していきます。
課題は岸選手の変わりになるような選手なのですが、正直野手と比べて投手状況はかなりキツいですね。

菊池雄星選手

2016年成績:22試合/12勝7敗/防御率2.58/127奪三振

今季自身初となる二桁勝利を挙げ、来季からはエースとして西武の投手陣を引っ張っていくことになります。
高校時代には怪物とまで言われた投手がついに覚醒したという感じですね。

菊池選手は「菊池雄星の2017年の年俸は?出身中学と花巻東高校時代を調査」でも紹介しています。

多和田真三郎選手

2016年成績:18試合/7勝5敗/防御率4.38/91奪三振

ルーキーながら7勝を上がる活躍で2年目からも先発ローテの一角として期待される選手です。

多和田投手は「多和田真三郎(西武)の成績は?出身中学や富士大時代に彼女の噂も」でも紹介しています。

ブライアン・ウルフ選手

2016年成績:4試合/4勝0敗/防御率3.04/8奪三振

シーズン途中から西武ライオンズに加入すると負け無しで立て続けに4勝を挙げました。
元ソフトバンクホークスとうこともあり、即対応できたところは来季も期待できますね。

十亀剣選手

2016年成績:21試合/4勝6敗/防御率6.31/41奪三振

今季は4勝6敗と不本意な成績に終わりました。
投手事情が厳しい西武では先発ローテに入ってくると思いますが、来季はさらなる成績を残してほしいですね。

高橋光成選手

2016年成績:22試合/4勝11敗/防御率4.42/89奪三振

プロ2年目の今季は大きく負け越し悔しいシーズンとなりましたが、2年目のジンクスということで来季頑張ってほしいです。

高橋投手は「西武・高橋光成の彼女や性格は?出身中学や前橋育英高校時代も」でも紹介しています。

今井達也選手

甲子園優勝投手の作新学院の今井選手です。
プロでの経験はありませんが、即戦力投手として可能性のある大型ルーキーです。
期待も込めて先発ローテに入れました。

今井選手は

西武・今井達也の背番号は?高校時代の成績に家族や兄弟も調査!

作新・今井のフォームが大谷翔平似?ドラフト注目の出身中学や彼女は?

でも紹介しています。

楽天ゴールデンイーグルスのプロテクトはどうなる?

岸選手が楽天に移籍することでAランクと思われる岸選手の変わりに1名の人的保証が発生します。
獲得できる楽天の選手はプロテクトの28名から外れた選手ですが、どの選手を獲得するのでしょうか。

西武が欲しいのはおそらく投手になると思いますが、プロテクトを外れそうな楽天の選手ってどんな投手がいるんですかね~。
もちろん則本選手や美馬選手はプロテクトされると思うので辛島選手や戸村選手のような若い選手が外れてくれればいいんですけどね。

2017年西武の新外国人補強とスタメン予想に関する記事一覧

2017年埼玉西武ライオンズの新外国人補強とスタメン予想のまとめ

他球団の2017年スタメン予想はコチラから一覧表示できます。

今回は埼玉西武ライオンズの今オフの新外国人選手の補強や来季のスタメン予想をしてきました。

やはりポイントは投手の獲得ですね。それも先発が不足している印象です。
岸選手の抜けた穴は大きいですが、今いる選手と補強でなんとか埋めることができないと来年もBクラスになってしまうかもしれないですね。

来季からの西武ライオンズの監督は辻発彦監督に変わり新生・西武がどこまで上位に食い込んでいけるのか楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。