野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

2017年千葉ロッテマリーンズの新外国人補強とスタメン予想!

2017年千葉ロッテマリーンズの新外国人補強とスタメン予想

これまで各球団の2017年の補強やスタメン予想をしてきましたが、今回紹介する球団は千葉ロッテマリーンズの新外国人補強とスタメン予想や先発ローテを予想していきます。

一番の注目はデスパイネ選手の去就ですが、12/2現在球団は残留を希望していますが契約には至っていません。
今季Aクラス入りを果たした千葉ロッテにはデスパイネ選手がいるかどうかでかなり変わりそうです。

デスパイネ選手の情報はまたわかり次第追記していくとして2017年の補強やスタメンを予想していきます。

※追記:デスパイネ選手はロッテを退団することが決定しました。

ここでは新外国人・ジミー・パラデス選手を含めたスタメンも予想しています。

スポンサーリンク

2016-2017年の千葉ロッテマリーンズの新外国人選手の補強は?

マット・ダフィー選手

duffy_01

プロフィール
年齢:27歳
出身地:アメリカ合衆国
身長:190センチ
体重:97キロ
右投右打
内野手

千葉ロッテマリーンズはアストロズでプレーしたマット・ダフィー選手を獲得しました。
長打力の打撃が期待されており、千葉ロッテでは三塁手として獲得したようです。

マイナー3A成績:打率269/46本塁打/205打点
メジャー成績:11試合/打率273

メジャーには11試合のみの出場ですが、3Aではかなり結果を残していますね。
3Aを含めたマイナー時代の本塁打も94本と期待の持てる数字ですね。

ただ守備の評価は低く、失策数も多く守備範囲や捕球に課題があるそうです。
内野で守備力が低いのは少々気になりますが、そこはバッティングでカバーしてくれるのでしょうか。

一部ではレイズのマット・ダフィーと間違えて獲得したのでは?という噂もあるとかないとか・・・。

ジミー・パラデス選手

paredes_03

2017年の第一弾補強としてメジャーで通算20本塁打を放ったジミー・パラデス選手を獲得しました。

デスパイネ選手に変わる強打者の獲得ですが、どこまで活躍出来るのか非常に楽しみですね。

ジミー・パラデス選手は「ジミー・パラデスがロッテへ!メジャーでの成績や評価は?年俸も」でも紹介しています。

2017年の千葉ロッテマリーンズのスタメン予想

ここからは来季のスタメンオーダーを予想していきます。

  • 1番.(中)岡田幸文
  • 2番.(右)荻野貴司
  • 3番.(左)角中勝也
  • 4番.(DH)デスパイネ(ジミー・パラデス)
  • 5番.(三)マット・ダフィー
  • 6番.(遊)鈴木大地
  • 7番.(一)細谷圭
  • 8番.(補)田村龍弘
  • 9番.(二)髙濱卓也

※追記:デスパイネ選手が退団したことにより、新加入したジミー・パラデス選手がサードで4番、マット・ダフィー選手がDHで5番ではないかと予想します。

2017年スタメン予想解説

1番・岡田幸文選手

2016年成績:121試合/打率275/0本塁打/18打点/14盗塁

やはり1、2番は足のある選手に任せたいですね。
出塁率も高い岡田選手は来季も1番を担ってほしいです。

2番・荻野貴司選手

2016年成績:71試合/打率250/3本塁打/21打点/16盗塁

今季72試合の出場で16盗塁は魅力ですね。
バッティングがもう少し上がってくればかなり強力な1、2番となりそうです。

3番・角中勝也選手

2016年成績:143試合/打率339/8本塁打/69打点/12盗塁

今季首位打者を獲得し、絶好調だった角中選手はやはりクリーンアップですね。
独立リーグから這い上がってきた角中選手には来季からも期待が持てます。

角谷選手は「角中勝也(ロッテ)の嫁や子供は?守備の評価は?父親や出身中学も」でも紹介しています。

4番・デスパイネ選手

2016年成績:134試合/打率280/24本塁打/92打点/0盗塁

来季のロッテの命運を分けるのはデスパイネ選手の去就ですね。
デスパイネ選手がロッテに残るのなら4番は不動となりそうです。

デスパイネ選手は「デスパイネがソフトバンクに移籍?2017年の新外国人補強は?」でも紹介しています。

5番・マット・ダフィー選手

未知数なところが多い新外国人選手のマット・ダフィー選手もクリーンアップ候補です。
守備力は不安面がありますが、バッティングでは持ち前のパワーを活かしたバッティングに期待したいです。

6番・鈴木大地選手

2016年成績:143試合/打率285/6本塁打/61打点/3盗塁

今季ベストナインに選出される活躍で打撃のほうも安定した成績を残しました。
球界を代表するショートとしてさらなる活躍を期待しています。

7番・細谷圭選手

2016年成績:116試合/打率275/3本塁打/40打点/9盗塁

今季はレギュラーとして出場し打率275と結果も残しました
来季にも期待のかかる選手として7番スタメンで予想しています。

8番・田村龍弘選手

2016年成績:130試合/打率256/2本塁打/38打点/6盗塁

今季ベストナインに選出された田村選手も来季に期待が持てます。
捕手不足の野球界で将来リーグを代表する捕手となりそうで楽しみな選手ですね。

田村選手は「田村龍弘の成績や年俸は?彼女は?中学時代や光星学院時代も調査」でも紹介しています。

9番・高濱卓也選手

2016年成績:53試合/打率215/3本塁打/13打点/0盗塁

三塁手の補強は新外国人選手を補強しましたが、二塁も千葉ロッテの課題ではありますね。
二塁には大嶺選手もいますが、どちらかシーズンを通して活躍してほしいところですね。

スポンサーリンク

2017年の千葉ロッテマリーンズの先発ローテを予想

涌井秀章選手

2016年成績:26試合/10勝7敗/防御率3.01/118奪三振

今季二桁勝利を挙げ、チームのエースとして活躍した、涌井選手には来季も先発の柱として活躍してほしいですね。
来季も石川選手がWBCに召集されるため開幕投手に選ばれそうです。

涌井選手は「涌井秀章(ロッテ)の愛車や性格は?球種や成績に出身中学も調査」でも紹介しています。

石川歩選手

2016年成績:2試合/14勝5敗/防御率2.16/104奪三振

入団から3年連続の二桁勝利を果たし、今季はチーム一の14勝と最多防御率も獲得する活躍でチームを引っ張ってきました。
侍ジャパンにも選手されており、日本の代表としても注目されている選手です。

石川選手は「石川歩(ロッテ)の結婚した嫁は?年俸は?球種のシンカーがヤバい」でも紹介しています。

スタンリッジ選手

2016年成績:27試合/8勝8敗/防御率3.56/99奪三振

今季8勝とう内容でしたが、去就は現時点では決まっていません。
38歳という年齢もありますが、まだ現役で出来ると思うのでロッテに残留して来季も活躍してほしいですね。

二木康太選手

2016年成績:22試合/7勝9敗/防御率5.34/81奪三振

今季から先発ローテに入り7勝を挙げるも5.34という防御率は厳しいところですね。
まだまだこれからなので来季に期待したいところです。

唐川侑己選手

2016年成績:15試合/6勝6敗/防御率2.84/64奪三振

15試合と登板数は少ないものの防御率は悪くないので来季の活躍も期待できます。

佐々木千隼選手

2016年のドラフト1位で獲得した桜美林大学の佐々木選手は即戦力として1年目から先発ローテ入りを期待されている選手です。
今年のドラフトではかなりの当たり選手なので1年目からどこまでやれるのか楽しみです。

佐々木選手は

佐々木千隼(ロッテ)がイケメン過ぎる!評価は?出身中学や高校も

佐々木千隼(桜美林大)のドラフト進路は阪神か巨人?兄弟や彼女はいる?

でも紹介しています。

2017年千葉ロッテの補強とスタメン予想に関する記事一覧

2017年千葉ロッテマリーンズの補強とスタメンのまとめ

他球団の2017年スタメン予想はコチラから一覧表示できます。

今回スタメン予想をしたのは千葉ロッテマリーンズですが、投手陣はかなり良い選手が揃ってる印象ですね。
さらにドラフトで佐々木選手を獲得できたのも大きいと思います。

補強で獲得したマット・ダフィー選手が日本の野球に馴染んでくれると結果も出てくると思いますが、実際にプレーしてみないとわからないですよね。
今季はAクラス入りした千葉ロッテマリーンズが2017年はどこまで上位に食い込めるか楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。