野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

2017年オリックス・バファローズのスタメンと先発ローテを予想

2017年オリックス・バファローズのスタメンと先発ローテを予想

これまで各球団の2017年スタメンと先発ローテを紹介してきましたが、今回はいよいよ最後の球団オリックス・バファローズを予想していきたいと思います。

2016年シーズンは最下位という結果に終わり、FAで糸井嘉男選手も抜けた来季、オリックスは大型補強を行っています。
来季巻き返しには補強の成功と現戦力の底上げが必要不可欠ですが、どのような布陣で開幕を迎えるのでしょうか。

ここでは現段階で補強した選手を含めてスタメン予想と開幕ローテの予想をしていきます。

関連記事のほうで、前回オリックスバファローズの新外国人の補強選手も紹介していますので合わせて読んでいただければと思います。

スポンサーリンク

2017年オリックス・バファローズのスタメン予想

  • 1番.(二)西野真弘
  • 2番.(遊)安達了一
  • 3番.(左)吉田尚一
  • 4番.(一)T-岡田
  • 5番.(右)ステフェン・ロメロ
  • 6番.(DH)中島宏之
  • 7番.(三)モレル
  • 8番.(補)伊藤光
  • 9番.(中)小島脩平or陽岱鋼

センターに関しては陽岱鋼選手がもしオリックスに入団すればかなり変わってきそうですね。
あとはステファン・ロメロ選手が糸井選手の抜けた穴をどこまで埋めてくれるのかで変わってきそうです。

2017年オリックス・バファローズのスタメン解説

1番・西野真弘選手

2016年成績:143試合/打率264/本塁打2/打点33/盗塁16

1番はやはり足の早い選手が安定ですね。
今季西野選手は糸井選手に次ぐチーム2位の盗塁数だったのでリーディングヒッターとして活躍してほしいです。

西野選手は「西野真弘(オリックス)がイケメンで彼女は?出身中学や高校時代も」でも紹介しています。

2番・安達了一選手

2016年成績:118試合/打率273/本塁打1/打点34/盗塁6

犠打数、打率等を見ても安達選手が2番がいいと思います。
西野選手が盗塁できなくてもバントで得点圏までランナーを進め、次のバッターに繋げることができるので2番バッターの役割りは十分に果たせそうです。

3番・吉田正尚選手

2016年成績:63試合/打率290/本塁打10/打点34/盗塁0

プロ1年目から打率290・10本塁打とルーキーイヤーとしては十分な成績を残しました。
2年目のジンクスという言葉も気になるところですが、そんな言葉もはねのけて躍動してほしいです。

吉田選手は「吉田正尚(オリックス)の出身中学や高校は?彼女は?年俸や成績も」でも紹介しています。

4番・T-岡田選手

2016年成績:123試合/打率284/本塁打20/打点76/盗塁5

三振は105個と多いですが、T-岡田選手の一発は魅力ですよね。
チーム一の長打力のある選手なのでやはり主砲を任せたいです。

T-岡田選手は「T-岡田(オリックス)の嫁は?成績は?由来や本名も気になる」でも紹介しています。

5番・ステファン・ロメロ選手

2016年オフオリックス・バファローズに入団したステファン・ロメロ選手です。
特にオリックスの新外国人選手は活躍できないイメージが強いですが、マイナー通算100本塁打という強打は魅力的です。
日本にアジャストすれば十分活躍できる逸材なので期待値は大きいです。

ロメロ選手は「ロメロ(オリックス)のメジャーと3Aの成績は?守備の評価も」でも紹介しています。

6番・中島宏之選手

2016年成績:96試合/打率290/本塁打8/打点47/盗塁1

オリックスでは西武時代から考えると成績面では落ちていますが、それでも広角に打てるバッティングは魅力です。
近年は故障も多くなってきておりベテランに差し掛かっていますが、力強いバッティングを期待しています。

7番・モレル選手

2016年成績:94試合/打率244/本塁打8/打点38/盗塁2

今季は助っ人外国人としては満足できる結果ではありませんでしたが、2年目ということもありそろそろ日本の野球に慣れてきて結果も出るかなということでスタメンに置きました。

8番・伊藤光選手

2016年成績:80試合/打率241/本塁打3/打点15/盗塁1

今季は若月選手がスタメンでマスクを被ることも多かったですが、やはりオリックスの捕手は伊藤選手でいいのではないでしょうか。
若手の育成というのもありますが、まだまだ伊藤選手も若手ですしバッティングも期待ができるので正捕手は伊藤選手いいと思います。

9番・小島脩平or陽岱鋼選手

小嶋脩平選手:79試合/打率246/本塁打0/打点9/盗塁6
陽岱鋼選手:130試合/打率293/本塁打14/打点61/盗塁5

※追記:陽岱鋼選手は巨人に移籍することが決定しました。

陽選手がオリックスに入団すればレギュラーでしょうね。
やはり陽選手の守備力と打撃は魅力があり、外野陣もカチッっと固定できそうなのでオリックスとしてはどうしても欲しい選手ですね。

スポンサーリンク

2017年のオリックス・バファローズの先発ローテ予想

ここからは来季の先発ローテを予想していきます。

西勇輝選手

2016年成績:26試合/10勝12敗/防御率4.14/奪三振108

今季は先発としてチーム唯一の二桁勝利を挙げています。
防御率がもう少し下がってくれば負け数も少なくなってきそうなので来季は12~15勝ぐらいしてほしいところですね。

西投手は「西勇輝(オリックス)の結婚した嫁は?年俸は?中学高校時代も!」でも紹介しています。

ディクソン選手

2016年成績:27試合/9勝11敗/防御率4.36/奪三振139

今季外国人選手の中では最も成績を残したディクソン選手は来季からも期待できますね。
投球も安定しており、入団から4年二桁勝利はないもののある程度の数字は残しているので計算できる投手になっています。

金子千尋選手

2016年成績:24試合/7勝9敗/防御率3.83/奪三振125

ここ数年ピリッしない内容が多く、やはり2014年オフに受けた手術の影響なのか年々下降ぎみですね。
4年20億という大型契約を結んでいるので来季も年俸5億となりますが、この成績では少し高いかなという印象です。

まだまだやれる選手なので復活を期待しています。

金子投手は「金子千尋(オリックス)の嫁の画像は?年俸は?27球アウトが話題」でも紹介しています。

松葉貴大選手

2016年成績:28試合/7勝9敗/防御率3.26/奪三振82

今季の先発の中では防御率も良くこれからが着たいできる投手です。
来季は自身初の二桁勝利を狙って頑張ってほしいです。

松葉投手は「松葉貴大(オリックス)の嫁は?年俸や成績は?父親や出身高校も」でも紹介しています。

フィル・コーク投手

2016年オフに新外国人投手として獲得する可能性の高いフィル・コーク選手です。
補強の記事でも紹介しましたが、メジャーでの経験も多く先発もできそうなのでローテの一角として活躍してほしいです。

山岡泰輔選手

2016年のドラフト1位で入団した社会人野球の東京ガスに所属していた山岡投手です。
今年のドラフトは大学BIG3と高校BIG4が注目されていましたが、山岡選手もかなり良い投手なので即戦力として先発ローテの一角を担ってほしいですね。

山岡選手は「山岡泰輔がカープにドラフト1位?出身高校に弟や彼女のことも調査!」でも紹介しています。

2017年オリックス・バファローズのスタメン・先発ローテ予想に関する記事一覧

2017年オリックス・バファローズのスタメン・先発ローテ予想のまとめ

他球団の2017年スタメン予想はコチラから一覧表示できます。

今回はオリックスバファローズの2017年のスタメンと先発ローテを予想してきましたが、やはり選手層が薄いというのが正直な印象です。
オフの補強で獲得した新外国人選手がある程度活躍して、陽岱鋼選手が獲得できれば優勝争いにも加われそうですがこの辺は未知数なので実際にプレーしてみないとわからないですね。

やはり今いる選手が今季以上に活躍してチームを底上げすることが来季の課題となりそうです。
来季はもう上がることしかないので台風の目となれるように思い切ってやってほしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。