野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

エリックキャンベル(阪神)の成績や守備の評価は?年俸も気になる

エリックキャンベル(阪神)の成績や守備の評価は?年俸も気になる

2016年のシーズンもオフに入り各球団ストーブリーグが活発になってきている中、選手の契約更改や、FA移籍、新外国人獲得等シーズン同様、野球界のニュースが立て続けに報道されています。

先日も阪神タイガースでは新外国人選手の獲得が発表され、エリックキャンベル選手が来季から新たに阪神のメンバーに加わることになりました。
かねてからの課題だった内野手の補強ということもあり、阪神ファンも期待していると思います。

そこで今回は阪神が獲得したエリックキャンベル選手がどのような選手なのか紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

エリックキャンベル選手のプロフィール

campbell_01

生年月日:1987年4月9日(29歳)
出身地:アメリカ合衆国
身長:190センチ
体重:90キロ
右投右打
内野手

3Aマイナーでの成績は?

エリックキャンベル選手はニューヨーク・メッツにドラフトで入団すると5年目の2013年には3Aに昇格します。
この年は3Aで120試合出場すると打率314と8本塁打という高いアベレージを残しシーズンを終了します。

翌年メジャーに昇格することになりますが、3Aでの通算成績は

269試合/打率322/本塁打23/155打点

という成績を残しています。
この数字を見ると長距離砲というよりどちらかというと中距離バッターのようですね。
金本監督もかつて阪神で活躍したマートン選手のようになってほしいと言っているとおり、長打よりミート力を期待しているみたいですね。

エリックキャンベル選手のメジャーでの成績は?

2014年のシーズン途中からメジャーに昇格するとこの年は85試合に出場し打率263をマークします。
メジャーでは内外野も守れるユーティリティプレイヤーとして活躍し、失策も少なく守備力にも定評のある選手だそうです。

翌年もメジャーでプレーしますが、シーズン71試合の出場に止まり打率197とバッティングは振るわない結果となりました。

メジャーでの通算成績は

156試合/打率231/本塁打6/打点35

バリバリのメジャーリーガーというわけではないみたいですね。
メジャーでの成績は微妙ですが、3Aではここまで結果も残せているので日本でもある程度の活躍は期待できそうです。

守備の評価は?ポジションは?

oyama-yusuke_01

エリックキャンベル選手のポジションは阪神側は三塁手で考えているそうですが、鳥谷選手やドラフト1位の大山悠輔選手とポジション争いをさせるのでしょうか。
大山選手はこのポジション争いに「負けない」と決意を表していますが、鳥谷選手もポジション争いに加わるんですかね~。

ショートはもう北條選手で決まりでしょうし、鳥谷選手のポジションが難しいところですね。
まあ当たり外れの多い外国人選手なのでこればっかりはシーズンが始まってみないと何とも言えないですね。

ところで肝心のエリックキャンベル選手の守備力の評価ってどうなんでしょうか?

メジャーでもサードを守ることが多くメジャーデビューの年こそ1失策という成績を残すものの2年目には48試合で8失策という結果に終わります。
データだけで見ると不安面もありますが、プレーしてみないとわからないですね。

それより1塁も守っていたみたいなのでエリックキャンベル選手をファーストにしてサードを大山選手か鳥谷選手にしても面白いかなと思うんですけどね~。

スポンサーリンク

エリックキャンベル選手の打順は?

campbell_03

今のところポジションは三塁だそうですが、打順は4番候補で考えているそうです。
クリーンアップはわかりますが、中距離バッターの主砲はどうなんですかね~。

個人的には3番か5番かな~と思いますが、じゃあ4番は誰?ってなりますよねw

糸井嘉男選手が4番という感じでもないですし、正直4番候補という選手がいないのが現状ですがエリックキャンベル選手が日本の野球とアジャストしてホームランを量産することも考えられるのでどちらにせよプレーしてみないことには判断できないですね。

ファンとしてはスカウトの目を信じて来季の開幕を待つしかないですね。

阪神での年俸や背番号は?

エリックキャンベル選手の背番号は29番で、年俸は1年契約の7000万だそうです。
メッツでも29番を付けていたそうなので愛着のある番号で活躍してほしいですね。

見た感じはすごく穏やで、良い人オーラがすごく出ているのでチームにはすぐに馴染めそうですね。
あとは甲子園の野次に耐えれるかどうかが鍵になりそうです。

エリックキャンベル選手に関する記事一覧

エリックキャンベル選手のまとめ

今回は来季から阪神でプレーする元メッツのエリックキャンベルを紹介してきました。
メジャーでの成績はお世辞にも良くないですが、3Aでのアベレージはかなり高いのでそれこそマートン選手のようにヒットを量産してくれる選手になるかもしれないですね。

これで阪神の新外国人選手の補強はローマン・メンデス投手に続いて二人目となりますが、着々と来季に向けて戦力が揃ってきていますね。
FAでも糸井選手を獲得しましたし、あとは先発の補強ぐらいですかね。

今オフは巨人も大型補強をしているので、来季はかなり荒れるシーズンとなりそうですが阪神もAクラス入りを目指して奮起してもらいたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。