野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

田中広輔(広島)の出身中学や高校は?成績や年俸に嫁や弟も調査!

田中広輔(広島)の出身中学や高校は?成績や年俸に嫁や弟も調査!

2016年のプロ野球界の主役と言っても過言ではない広島カープの躍進にはファンのみならず社会現象ともなるような盛り上がりを見せました。

今季ぶっちぎりの強さでリーグ優勝を果たした大きな要因としては、ベテランの黒田博樹選手や新井貴浩選手の活躍、安定感のある投手陣、若手の台頭等様々な理由が上手く重なり合ったことで25年ぶりとなる優勝を果たしたんだと思います。

中でも今季の広島躍進の象徴となったタナキクマルコンビの存在はとても大きなもので、これまでも菊池涼介選手(キク)、丸佳浩選手(マル)のことは当ブログでも紹介してきました。

そこで今回はタナキクマルの最後の一人田中広輔選手(タナ)に注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

田中広輔(広島カープ)選手のプロフィール

生年月日:1989年7月3日(27歳)
出身地:神奈川県厚木市
身長:171センチ
体重:81キロ
右投左打
内野手

田中広輔(広島カープ)選手の成績と年俸推移は?

2013年社会人野球のJR東日本からドラフト3位指名で広島カープに入団すると、1年目から開幕1軍入りを果たします。
シーズン序盤からそれまでのサードのレギュラーだった堂林翔太選手に変わってサードのレギュラーを獲得すると、シーズン中盤からはショートだった梵英心選手に変わりショートを守るようになります。

1年目から110試合に出場し打率292/本塁打9/打点34/盗塁10という成績でルーキー1年目から高い数字を残しました。
ドラフト3位指名にも関わらずプロ1年目でここまで活躍できるのもスゴイことですが、社会人時代から社会人ベストナイン、大会優秀選手に選ばれるような選手で走塁、守備力に関してはすでにプロ1軍レベルだったそうです。

そんな選手がドラフト3位まで残っていたのいうのも意外ですが、この年のドラフトは現・千葉ロッテの石川歩選手、現・楽天の松井裕樹選手、現・西武の森友哉選手等がいたみたいですね。
ちなみにこの年の広島ドラフト1位は大瀬良大地投手でした。

プロ2年目となる2015年も順調に1軍出場を続け初の規定打席到達を果たします。
シーズンの成績は打率274/本塁打8/打点45/盗塁6という成績を残し、広島不動の遊撃手としてさらなる飛躍が期待されていきます。

そしてリーグ優勝を果たした今季は1番・遊撃手として143試合のフルイニング出場を果たし、打率は265と前年度を下回ったものの本塁打13本、盗塁28と広島のリードオフマンとして活躍しタナキクマルコンビの一角としてチームの優勝に貢献しました。

この成績だけ見ると1年目から1軍でレギュラーとなり大きなスランプやケガもないので順風満帆のプロ生活ですね。

それでは年俸はどのように変動していっているのか田中選手のこれまでの年俸推移(推定)を紹介していきたいと思います。

2014年:1100万
2015年:2200万
2016年:4100万
2017年:7800万

今季の契約更改はまだみたいなのでわかりませんが倍増となるのは確実でしょうね。
ギリギリ1億に届かないといったところでしょうか。

とりあえず大幅アップは確実のようなので、また来季も今シーズン以上の成績でチームを引っ張っていってほしいですね。

スポンサーリンク

田中広輔選手の2017年の年俸は!※追記

先日契約更改が行われ、田中選手の年俸は7800万となりました。
ほぼ4000万アップの査定ですね。

今季はリーディングヒッターとして安定して結果も残しこの大幅アップは納得の数字ですね。
来季さらに活躍すれば億も見えてきましたね。

田中広輔(広島)選手の2017年の成績と2018年の年俸

2017年成績:143試合/打率290/本塁打8/打点60/盗塁35
2018年推定年俸:契約更改前

今季もリーディングヒッターとして広島リーグ連覇の立役者の一人となり、盗塁王のタイトルも獲得しました。
これだけの成績なら来季は1億突破になりそうですね。

また契約更改が終了次第追記していきます。

田中広輔選手の出身中学や高校時代は?

小学1年生の時にソフトボールを始めると、出身中学の厚木市立依知中学校では学校の部活ではなく地元の硬式クラブチームに所属していたそうです。
高校は父親と同じ東海大相模高校へと進学すると、同級生に現・巨人の菅野智之選手がいました。

その後菅野選手と共に投打の中心を担うと2年春には甲子園出場を果たし、3年生の時には1学年下のスラッガー現・日本ハムファイターズの大田泰示選手とともに県大会準優勝を果たします。

この3人が高校時代同じチームになるのはさすが名門校と言ったところですね。

さらに高校卒業後も菅野選手と共に東海大学に進学し、菅野選手は巨人へ田中選手は社会人野球を経て広島へとチームは違えど同じセリーグで今度は敵チームとして対戦することになるんですね。
こういったバックボーンを知ることで二人の対決をまた違った角度で見れるので、来季も楽しみですね。

田中広輔選手の嫁はどんな人?弟もすごかった!

今回広島カープの田中広輔選手を調べてきましたが、すでに結婚してるんですね。

嫁さんは高校時代からお付き合いしていた一般女性の亜子さんという方で、結婚されたのは2013年のドラフト指名を受けた年だそうです。
プロ入りも決まったことで結婚を決断したんですかね~。

画像を見たところ見た目もすごく優しそうな人で、夫のチームの優勝に喜んでいそうですね。

さらに田中選手の弟の俊太さんも野球をしているそうで、現在は社会人野球チームの日立製作所に所属しているそうです。
ポジションは二塁手だそうでもしプロ入りするようなことがあれば面白ことになりそうですね。

田中広輔選手に関する記事一覧

田中広輔選手のまとめ

今回紹介してきたのは広島カープ優勝の立役者・タナキクマルの一人田中広輔選手を紹介してきました。
1年目からレギュラーとして活躍し続ける田中選手には来季からも期待ができますね。

黒田選手が引退したカープの連覇にはタナキクマルの更なる活躍が必要不可欠になりそうです。
オフはしっかり休んでまた来季から頑張ってほしいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。