野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

田村龍弘の成績や年俸は?彼女は?中学時代や光星学院時代も調査

田村龍弘の成績や年俸は?彼女は?中学時代や光星学院時代も調査

今の野球界はどの球団も捕手が不足しているということをよく耳にします。

たしかに一昔前の元ヤクルトの古田敦也氏や元中日の谷繁元信氏、元阪神の城島健司氏のような捕手としても打者としても頼れるキャッチャーというのは確かに少なくなってきているかもしれません。
最近では巨人の阿部慎之助選手がそうでしたが、近年は一塁の守備につくことが多く最近ではマスクを被っている姿はほとんど見かけません。

今の野球界では打てるキャッチャーというのはあまり求められていないのかもしれませんが、やはりバッティングも良いキャッチャーの方がチームにとってはありがたいですね。
その中でも今回紹介する選手はチームの正捕手の座を獲得し、バッティングの方でも今シーズン月間MVPに輝いた千葉ロッテマリーンズの田村龍弘選手を紹介していきます。

中学時代は現・阪神の北條史也選手とバッテリーを組んでいたそうですが、その時のエピソード等を交え田村選手を紹介していきます。

スポンサーリンク

田村龍弘(ロッテ)選手のプロフィール

tamura-tatsuhiro_03

生年月日:1994年5月13日(22歳)
出身地:大阪府大阪狭山市
身長:174センチ
体重:80キロ
右投右打
捕手

田村龍弘選手の成績や年俸に注目!

高校3年生の時には春夏ともに甲子園準優勝をするとその年のドラフト3位で千葉ロッテマリーンズに入団します。
プロ1年目は高卒ルーキーで捕手というポジションにも関わらず、1軍の公式戦で7試合に出場するとその年のクライマックスシリーズでも試合途中からマスクを被ります。

またこの年の2軍戦でも53試合に出場し打率240という数字を記録します。

2年目から徐々に1軍での出場が増えていき50試合に出場する一方打率は156という成績に終わりました。
その後も順調に出場を続け3年目には117試合に出場するとロッテの正捕手を勝ち取り、盗塁阻止率は12球団トップとなる429を記録、しかし打撃のほうでは170と2年連続の1割台に沈み、バッティングの方では課題の残るシーズンとなりました。

確かに打率も上げていってほしいですが高卒2年目から捕手というチームの要となるポジションを守っていたので、投手のリードやキャッチングでバッティングどころではなかったんでしょうね。
その中でも盗塁阻止率トップという記録は素晴らしく、田村選手にとっても捕手としてプロでやっていける自信となったのではないでしょうか。

その証拠に今シーズンはバッティングでも6月に打率400という高いアベレージを残し月間MVPを獲得しています。
捕手としては城島健司氏が獲得して以来、12年ぶりの快挙だそうですよ。

バッティングでも徐々に頭角を現してきた田村選手は、今シーズン130試合に出場し打率256/本塁打2/打点38/盗塁6を記録しています。
その結果もあってか2017年の年俸は2240万アップの5000万で一発サインをしたそうです。

高卒4年目でこの年俸はかなり良いほうですが、正捕手となって早2年、捕手不足と言われるこの時代にこれだけの成績を残した田村選手なら当然のアップ提示ですよね。
やはり捕手出身の伊東監督の指導もあるのか、このまま順調に成長していって球界を代表する捕手になってほしいですね。

スポンサーリンク

田村選手の彼女の噂は?

tamura-tatsuhiro_02

田村選手の彼女について調べてみましたが、特に何も見あたらなかったです。
2015年のオフにはインタビューで「彼女募集中」と言っていたので今も募集中なのかもしれないですね。

それでも去年の活躍からかなり名前も知られる選手になってきたので近づいてくる女性も多くなってきているのではないでしょうか。
アスリートは比較的結婚も早いのでここ1、2年で入籍とかもあるかもしれませんね。

田村龍弘選手が元ヤンキー?

田村選手を検索していくとやたら「ヤンキー」というワードが目に付きます。
明るい性格でよく喋る人物だそうですが、ヤンキーというイメージはないので調べてみましたがまったくそんな事実はなかったです。

そういえば同級生の阪神、北條史也選手もヤンキーというワードが出てくるので一緒に検索されてこのワードが出てきてるんですかね。
もちろん北條選手も元ヤンキーということはなかったのでただ検索されてるだけのようですね。

ちなみに田村選手はチームではイジられキャラでムードメーカーだそうですよ。
そういえばヤンキーというワードが出てくる選手って関西出身の選手が多い気がするのですが、やはりイメージが強いんですかね~。

田村選手の出身中学や光星学院高校時代は?北條選手との関係は?

hojo-tamura

阪神の北條選手とは小中高と同じチームでプレーをし、中学時代は北條選手が投手でバッテリーを組んでいたそうです。
高校は大阪から遠く離れた光星学院高校にスカウトで進学しますが、最終的には北條選手から「行こう」という言葉で光星学院高校進学を決めたそうです。

高校時代は2年生の春から4期連続で甲子園に出場し3期連続で準優勝を果たすという快挙を達成します。
惜しくも全国制覇とはなりませんでしたが、北條選手とともに一躍プロ注目の全国区の選手となります。

この二人が小学時代から同級生というのも驚きですが、二人同時にプロ入りするというのもスゴイことですね。
高校までずっと一緒にやってきた仲間でしたが、違うチームでドラフト指名があった時は親に「北條選手と同じチームなら良かったのに」と言われた時には「もうええわ」と笑ったそうです。

これは照れ隠しなんですかねw
2016年は北條選手も阪神で頭角を現し、いよいよお互い1軍でレギュラーを勝ち取るまでになっています。

この二人がまた侍ジャパンで同じチームとかになれたらそれもまた面白ですね。

田村龍弘選手に関する記事一覧

田村龍弘選手のまとめ

今回は千葉ロッテマリーンズの正捕手・田村龍弘選手を紹介してきました。
プロ4年目ながらロッテの正捕手となり活躍を続ける田村選手には来シーズンからも期待が持てますね。

千葉ロッテには涌井秀章選手や石川歩選手等、良いピッチャーが多いので上手くリードして来季こそは優勝を狙ってほしいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。

オープン戦から公式戦まで観戦チケットをお得に手に入れるならコレ!!

チケット売買専門サイトで定価以下の観戦チケットも多数出品されています。
チケットを購入するならまずはここで検索してみよう!