野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

内川聖一の嫁・長野翼の画像は?年俸推移は?WBCの成績も調査!

内川聖一の嫁・長野翼の画像は?年俸推移は?WBCの成績も調査

2017年3月には第4回ワールドベースボールクラシック(WBC)が開催されますが、侍ジャパンの布陣はどういうメンバーで構成されるのでしょうか。

11月に実施された強化試合がWBC前哨戦ということもあり、そのメンバーのほとんどが本戦にも起用されるというのが大方の予想ですが、メジャー組の召集具合によっては外れるメンバーも出てくるでしょうね。

その中でも今回の強化試合も選出され、過去2度WBCに出場している福岡ソフトバンクホークスの内川聖一選手の選出はまず間違いないでしょうね。
もちろん攻撃陣の要としての召集という面もあるとは思いますが、世界大会という特別な雰囲気を知っている経験と知識は他の若い選手にとって見本となる部分も多いので内川選手のような選手は必要不可欠でしょうね。

そこで今回はソフトバンクホークスの内川聖一選手にスポットを当てて紹介していきたいと思います。
すでに右のヒットメーカーとして有名ですが、ここでは内川選手がどんな選手なのか、また嫁の長野翼さんのことも紹介していきます。

スポンサーリンク

内川聖一(ソフトバンク)選手のプロフィール

uchikawa-seichi_03

生年月日:1982年8月4日(34歳)
出身地:大分県大分市
身長:185センチ
体重:93キロ
右投右打
内野手・外野手

2000年横浜ベイスターズからドラフト1位指名を受け入団しますが、内川選手が入団した年と次の年は3位Aクラスになりますが、ここからチームは低迷期を迎えます。

内川選手がソフトバンクホークスに移籍するまでの10年間のうち最下位は実に7回に昇り、まさに横浜の低迷期を支えてきた選手でした。
しかし個人の成績ではヒットメーカーとして入団から徐々に頭角を現すと2007年には打率378の好成績で首位打者と最多安打賞を獲得します。

この2007年の首位打者から2014年の8シーズンに渡って3割を超える打率を記録し球界を代表するヒットメーカーとして今季も打率304/本塁打18/打点106を記録します。

移籍して環境が変わり調子を落とす選手もいますが内川選手はソフトバンクホークスに移籍した年に首位打者を獲得し、ここ数年は20本近い本塁打も放ってるんですね。
これだけ毎年のように3割を超える打率を記録できるのは右投手・左投手ともに強く、巧みなバットコントロールで広角に打ち分けれるバッティングあってのものなんでしょうね。

また2015年オフ「内川道場」と呼ばれる内川選手の自主トレに参加した「神ってる」こと広島カープの鈴木誠也選手も「天才」のバッティングに衝撃を受け、多くのことを学んだそうですよ。
内川選手自身も鈴木選手のことを「トリプルスリーを取れる選手」と言っていたとおり今季の鈴木選手の覚醒には内川選手の指導もあってこその活躍だったのかもしれないですね。

内川聖一選手の嫁は元アナの長野翼さん!馴れ初めは?

uchikawa-seichi-yome

内川選手は2010年オフ、元フジテレビにアナウンサー長野翼さんと結婚されます。
フジテレビのアナウンサーと言えばいわいる「女子アナ」の先駆けで人気アナウンサーを数多く輩出していますよね。

内川選手のインタビューで知り合った二人は知人を介して食事するようになりその後お付き合いへと発展していったそうです。

スポーツ選手とアナウンサーが付き合うキッカケはこのパターンが一番多いかもしれませんね。
そして1年間の交際を経て結婚し、嫁の長野翼さんはフジテレビを退社し専業主婦として夫の内川選手を支えていくことになります。

その2年後、第一子となる女の子が誕生しお子さんは現在一人のようですね。
一人娘ということもあり内川選手もデレデレになってるんですかね~。

男は特に娘に弱いので一度も怒鳴ったこともないとかなのかもしれませんねw

スポンサーリンク

内川選手の年俸推移と2017年の年俸は?

それでは横浜ベイスターズ時代からソフトバンク時代の年俸推移を紹介していきます。

2001年:840万
2002年:820万
2003年:1500万
2004年:1850万
2005年:2500万
2006年:2500万
2007年:3500万
2008年:3000万
2009年:8500万
2010~2013年:1億7000万
2014年:2億7000万
2015年:3億
2016年:3億3000万

やはり首位打者を獲得した2008年オフの8500万で一気に上がり、横浜最後の年とソフトバンクからは億に届いていますね。
まあこれだけコンスタントに成績を残しチームの優勝にも貢献している主力選手なのでお金を持っているソフトバンクでもこの金額は妥当なところですね。

そして先日2017年の契約更改が行われ、2000万アップの3億5000万でサインをしたそうです。
今季は打率、本塁打共に昨年の記録を超え、打点は100打点を越える成績を残したので2000万は若干少ないなという印象ですね~。

チームは逆転で優勝を逃しましたが、内川選手の貢献度なら5000万アップぐらいでも良かったかなと思いますが、どうなんでしょうね。
来季はプロ17年目となりベテランの域に達していますが、まだまだ衰え知らずの活躍を見せてくれそうですね。

内川選手の過去のWBCの成績は?

uchikawa-seichi_01

内川選手は2009年、2013年のワールドベースボールクラシック(WBC)に侍ジャパンとして出場しています。

2回目となる2009年WBCでは6番ファーストで出場する試合が多く

6試合/18打数6安打/打率400/本塁打1/打点4

という好成績で侍ジャパンの世界一に貢献します。
続く3回目となるWBCでは主に3番ライトで出場し

6試合/23打数8安打/打率400/本塁打1/打点4

という高いアベレージを残します。
こう見ると国際大会にめっぽう強く普段の力をそのまま出せるメンタルを持っているように見えますが、この大会の準決勝のダブルスチール失敗が当時物議を醸していたようですね。

この走塁には内川選手のミスという見方もあり、本人も試合が終わってから涙ながらに「申し訳ない」と言っていました。

普段は違うチームで戦っている選手が一同に集められ「絶対に負けられない」というプレッシャーの中で戦っていますし、何よりもサインも曖昧だったという話もあるそうなので一概に誰が悪かったというものでもなかったのかもしれないですね。

内川選手には今回もWBCで持ち前の勝負強さでチームを引っ張っていってほしいですね。

内川聖一選手に関する記事一覧

内川聖一選手のまとめ

今回は球界を代表する右のヒットメーカー、ソフトバンクホークスの内川聖一選手を紹介してきました。
左バッターでヒットを量産してきた選手はこれまで数多くいましたが、右では珍しいほうですね。

それほどバッティングセンスやバットコントロールが突出しているのだと思いますが、これかもまだまだ3割を超えるシーズンが続きそうですね。

2017年のWBCにも出場すると思うので侍ジャパンでの活躍にも期待です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。