野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

ジミー・パラデスがロッテへ!メジャーでの成績や評価は?年俸も

ジミー・パラデスがロッテへ!メジャーでの成績や評価は?年俸も

2016年シーズン、パリーグ3位という成績で終わった千葉ロッテマリーンズはチームの主砲であるデスパイネ選手との交渉が決裂し、変わりとなる選手補強が急務となっていました。

昨年末までは特に獲得の報道はなく、ファンも不安に思っていたところ年明けの本日1/5新外国人選手の獲得が発表されました。
今回千葉ロッテマリーンズに入団が決まった選手は、昨シーズンメジャー球団のフィリーズに所属したジミー・パラデス選手(ジミー・パレデス)という内野手だそうです。

以前はデスパイネ選手の変わりに前阪神タイガースのゴメス選手の獲得に動いているという報道が大半でしたが、今回のパラデス選手の獲得で手を引くのかもしれないですね。
ゴメス選手はどうなってしまうのでしょうか・・・

まあマット・ダフィー選手に次ぐ新しい外国人選手の獲得ということでファンにとっては非常の喜ばしいニュースですが、デスパイネ選手より良い成績を残してくれるのか気になるところですね。
そこで今回はジミー・パラデス選手のこれまでの成績を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ジミー・パラデス選手のプロフィール

年齢:28歳
出身地:ドミニカ共和国
身長:191センチ
体重:91キロ
右投両打
内野手

ジミー・パラデス選手のメジャーでの成績や評価は?

2006年にヤンキースと契約すると2011年アストロズでメジャーデビューを果たします。
やはりメジャーリーグは日本の野球より厳しく、デビューまでに5年掛かってるんですね~。

レベルは違えど日本でも一軍に上がるのに5年掛かる選手はざらにいるので特に遅いほうではないのかもしれないですね。
メジャーデビューしたこの年は46試合/打率286/本塁打2という成績を残します。

そして翌年からもコンスタントにメジャー出場を続けるとこれまで

2011年:46試合/打率286/本塁打2/打点18
2012年:24試合/打率189/本塁打0/打点3
2013年:48試合/打率192/本塁打1/打点10
2014年:27試合/打率286/本塁打2/打点8
2015年:104試合/打率275/本塁打10/打点42
2016年:83試合/打率222/本塁打5/打点19

という成績を残しています。

2014年までは出場機会も少ないのであまり参考にならないかもしれないですが、2015年からは出場数も多く打率も2割台後半と打撃に期待できそうですね。
動画等で確認するとパワー系のバッターというよりは広角にミートの上手いバッターという印象ですが、なんといってもスイッチヒッターというのは魅力的ですね。

メジャーではシーズン10本塁打が最高ですですが、この体格なら日本では倍の20本ぐらいは打ってくれそうですし、デスパイネ選手の2016年の24本塁打を越えてくれればもう大当たりの補強と言ってもいいでしょうね。

正直ゴメス選手も欲しいところですが、早く日本でのプレーを見てみたいです。

ではここで実際にバッティングしている動画を紹介します。

逆方向にも強い打球が打てるのは良いですね。
しかもこの体格で盗塁できる足もあるので相当期待が持てますよ。

ジミー・パラデス選手の年俸は?

パラデス選手の年俸は単年契約で、残留が決定したスタンリッジ投手を同じ1億4000万だそうです。
新外国人選手で1億を越える年俸は、若干高い気がしますが、パラデス選手は中日ドラゴンズも獲得に動いていたそうなので争奪戦があったのかもしれないですね。

ダメだったら1年で退団となるでしょうが、活躍して長く千葉ロッテでプレーしてほしいです。

スポンサーリンク

ジミー・パラデス選手のポジションは?

報道では内外野守れ、メインはサードやライトだそうですが、セカンドやレフトの経験もあるユーティリティープレイヤーだそうです。
ただセカンドとレフトはあくまでも経験があるということなのでサードかライトでの起用が濃厚ですね。

ジミー・パラデス選手は何番になる?

ではパラデス選手は今季千葉ロッテで何番でどのポジションを任されるのでしょうか。

先日獲得したマット・ダフィー選手サードで獲得したそうなのでライトかなと思いますが、ライトには清田選手、レフトには2016年の首位打者・角田選手がいるので外野というのは考えにくいですね。

じゃあセカンド?といったところですが、ここにも中村選手、大嶺選手がいるので激戦区ですよね。
そうなるとやはりサードでポジション争いをすることになりそうですが、マット・ダフィー選手の守備の評価が若干低いんですよね~。

なので可能性として高いのはサード・パラデス選手、DH・ダフィー選手になるかもしれないですね。
打順はパラデス選手が4番候補でしょうか。

ジミー・パラデス選手に関する記事一覧

ジミー・パラデス選手のまとめ

今回は2017年から千葉ロッテマリーンズでプレーする新外国人選手・ジミー・パラデス選手を紹介してきました。
メジャーでも実績があり、外国人選手では珍しいスイッチヒッターということで非常に器用なバッターのようですね。

2016年はドラフト1位で桜美林大学の佐々木千隼投手を獲得し、開幕一軍ローテに入れるか期待も高まりますが野手では平沢大河選手も順調に育ってきておりこれからが楽しみな選手が多いですね。

デスパイネ選手の退団はかなり痛手ですが、こうして新外国人選手が入団し変わりになるような活躍をしてくれれば2017年の優勝にもグッと近づきますね。
昨年の覇者・日本ハムファイターズや常勝軍団・ソフトバンクホークスがいる中、今季千葉ロッテがどこまで上位に食い込むか非常に楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク