野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

坂本誠志郎(阪神)の成績や年俸は?彼女は?高校や明治大学時代も

坂本誠志郎(阪神)の成績や年俸は?彼女は?高校や明治大学時代も

昨シーズン阪神タイガースは4位Bクラスという結果でシーズンを終え、春から始まるシーズンに向け補強を進めています。

FAで獲得した糸井嘉男選手を筆頭にこれまで阪神は、元ソフトバンクホークスの柳瀬明宏投手を獲得し、海外からローマン・メンデス投手、エリック・キャンベル選手を獲得してきました。

この四選手を金本監督がどのように起用していくのか注目が集まりますが、昨季1年目の金本監督の起用法については賛否があったのも事実ですね。

選手としては申し分のない実績や功績がありレジェンド級の選手でしたが、監督としてはまだ1年目なのでこれから名将になるべく経験を積んでいくのかもしれないですね。

しかし積極的な若手の起用については高評価で、これまでほとんど一軍で出場のなかった選手を使うことで、投手では岩貞祐太投手、青柳晃洋投手、野手では北條史也選手、原口文仁選手がブレイクし、これからの阪神を担っていくような選手が出てきたのは良いニュースですね。

しかもこれだけではなく、岩崎優投手や望月淳志投手、江越大賀選手、坂本誠志郎選手も今季ブレイクを予感させるような活躍を見せてくれたので阪神の世代交代は急速に進んでいるようですね。

そこで今回は期待の若手として捕手の坂本誠志郎選手にスポットを当てて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

坂本誠志郎(阪神)選手のプロフィール

sakamoto-seishiro_01

生年月日:1993年11月10日(23歳)
出身地:兵庫県養父市
身長:176センチ
体重:78キロ
右投右打
捕手

坂本誠志郎選手の成績は?

明治大学より2015年ドラフト2位で阪神タイガースに入団し、ルーキーでは唯一となる一軍春季キャンプに帯同します。

シーズン開幕後すぐに一軍登録されるもしばらくは出番がなく二軍を経験しますが、すぐまた一軍に呼ばれると7月19日の伝統の一戦である巨人戦に「8番捕手」としてプロ初出場初スタメン入りを果たします。
この試合では3回までマスクを被り打席にも1度だけ立ちますが、結果は惜しくも三振となりデビュー戦で初安打とはいきませんでした。

続く23日の広島戦ではこの日、日米通算200勝を果たした黒田博樹投手からプロ初安打を放ち坂本選手にとっても記念すべき日となりました。
プロ初安打が球界を代表する黒田投手って・・・一生忘れられない一打になりましたね。

プロ1年目は一軍公式戦に28試合出場すると45打数9安打/打率200/本塁打1/打点2という結果で、盗塁阻止率は16回の盗塁数に1回の盗塁刺で063という結果に終わりました。
一方二軍では20試合に出場し45打数10安打/打率289という成績を残し、バッティングにも期待できる内容でシーズンを終えています。

今季正捕手の座を狙うには原口選手と梅野選手とポジション争いをしなければなりません。
原口選手は3人の中でもバッティングは突出しており「打てる捕手」として期待が高まりますが、肩の故障歴があり一塁手へのコンバートの話も出ていたので今季はバッティングに集中させるのかもしれません。

そうなると梅野選手とのポジション争いになってきますが、矢野コーチは肩も強い坂本選手を推しているようですね。
坂本選手は一軍でやるにはまだまだリード面で不安もあり勝率も高くなく、課題は多いですが潜在能力は高いと思います。

打てる捕手というのも確かに魅力ですが、肩の強さというのは捕手にとって必要不可欠なものであり、リード面は経験や勉強で向上していくと思うので勝率も次第に上がってくると思います。

今季は将来を見据えて実戦で坂本選手を起用していくのはアリなのではないでしょうか。
昨今の野球界はどのチームも捕手が不足しているので絶対的な捕手が出てくれば優勝にグッと近づいてくると思います。

金本監督がどのように捕手を起用していくのか、今季は注目ですね。

坂本誠志郎選手の年俸は?

sakamoto-seishiro_06

坂本選手は2015年のドラフトで契約金7000万、年俸1200万で入団します。
同じ明治大学のドラ1・高山俊選手が契約金1億の年俸1500万なので2位指名だとこの辺が妥当なところですね。

ドラフト1位2位が同じ明治大学というのもスゴイ偶然ですがw

そして2017年の年俸は先日の契約更改で発表され100万アップの1300万でサインしたそうです。
まあ試合数は少ないとはいえ、1年目から一軍で出場しているのでアップ提示は妥当だと思いますが比較的少ないという印象ですね。

早く捕手として一人前になって大幅アップしてもらいたいですね。

スポンサーリンク

坂本誠志郎選手の養父中学時代や履正社高校時代は?

坂本選手の出身中学は養父市立養父中学校というところで軟式野球部に所属しています。
中学時代は主だった成績は見つからなかったので普通の野球部員という感じだったのかもしれないですね。

高校は大阪の強豪校で、2016年のヤクルトのドラフト1位・寺島成輝投手の出身校である履正社高校に進学します。

高校では1年の秋からチームの正捕手に抜擢されると2年の夏と3年の春の大会で甲子園出場を果たします。
甲子園では通算4割という打率でチームの勝利に貢献すると3年の春にはベスト8まで進出しています。

坂本選手の年代の大阪はスター選手揃いで、一学年上の履正社にはヤクルトの山田哲人選手、一学年下の大阪桐蔭には阪神の藤浪晋太郎投手と球界を代表する選手を次々と排出していますね。
さすが大阪の高校はレベルが高いですねw

坂本誠志郎選手の明治大学時代は?

sakamoto-seishiro_03

高校卒業後、明治大学に進学した坂本選手は1年から正捕手となりチームの主力として活躍します。
東京六大学リーグでは2013年の春夏でベストナインに選出されると大学選手権ではベスト4に入る等、大学通算96試合で打率231/本塁打3と攻守においてチームを牽引していきます。

チームや日本代表でも主将を務める等、リーダーシップに優れ国際経験も豊富で大学を代表する捕手として注目を集めました。

坂本誠志郎選手の彼女の噂は?

明治大学という名門校で主将まで務めた坂本選手なので学生時代ははかなりモテたでしょうね。
今のところ彼女の噂は出ていないのでいるかどうかもわかりませんが、大学出身の選手は意外と学生時代からの彼女と結婚する例が多いので彼女ぐらいはいるかもしれないですね。

そうなると一軍に定着したら結婚という話もあるかもしれません。
また坂本選手の彼女の情報があれば追記していきます。

坂本誠志郎選手に関する記事一覧

坂本誠志郎選手のまとめ

今回は阪神タイガースの注目選手として坂本誠志郎選手を紹介してきました。
球界全体が捕手不足となっているので坂本選手には球界を代表するような捕手になってほしいですね。

今季も金本監督ならチャンスは貰えると思うので、しっかり結果を残して一軍に定着してほしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。

オープン戦から公式戦まで観戦チケットをお得に手に入れるならコレ!!

チケット売買専門サイトで定価以下の観戦チケットも多数出品されています。
チケットを購入するならまずはここで検索してみよう!