野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

釜田佳直(楽天)に彼女はいる?成績や年俸は?出身中学や高校も

釜田佳直(楽天)に彼女はいる?成績や年俸は?出身中学や高校も

2016年楽天ゴールデンイーグルスはリーグ5位という結果に終わるもストーブリーグではFAで西武の岸孝之投手を獲得し、巨人からトレードで小山雄輝選手、ソフトバンクホークスから戦力外となった細川亨選手、新外国人のフランク・ハーマン投手の獲得に成功し今季の戦力補強を着々と進めています。

楽天の投手陣は絶対的なエースである則本昂大投手を筆頭に美馬学投手や塩見貴洋投手、さらに2016年ケガから復活した釜田佳直投手に加え、西武のエースだった岸孝之投手が加入することで磐石の投手陣が形成されそうです。

2017年の楽天がどこまで上位に食い込んでいくか楽しみですが、今回は投手陣の中から2016年ケガから見事復活を果たした釜田佳直投手を紹介していきます。

スポンサーリンク

釜田佳直(楽天)投手のプロフィール

kamata-yoshinao_03

生年月日:1993年10月26日(23歳)
出身地:石川県小松市
身長:177センチ
体重:77キロ
右投右打
投手

釜田佳直投手の成績は?

金沢高校から2011年のドラフト2位指名で楽天ゴールデンイーグルスに入団した釜田投手は1年目から才能の片鱗を見せます。
シーズン開幕から二軍の公式戦に登板すると7試合で防御率0.86という成績で5月20日の阪神戦で一軍公式戦初登板初先発を果たします。
この試合では3回3失点という内容でしたが、続く5月27日の2戦目で早くも勝利投手となりプロ初勝利を果たします。

その後も先発ローテの一角として20試合に登板し7勝4敗/防御率3.28という成績で同じ高卒ルーキーの田中将大投手を彷彿とさせる成績でプロ1年目のシーズンを終えます。

ところが2年目は開幕先発ローテ入りを果たすものの「2年目のジンクス」からか、試合を作れない登板が続き4月後半には二軍落ち、さらに5月後半には右ひじの疲労骨折に見舞われます。
その後復帰を果たすものの、この年は8試合のみの出場となり1勝2敗/防御率12.51という結果で、チームの日本一には貢献できないシーズンとなりました。

そしてこの年のオフ釜田投手はメジャーでは主流となった「トミー・ジョン手術」を受ける決断をします。
これまでソフトバンクホークスの和田毅投手やレンジャーズのダルビッシュ有投手もこの手術を受けて復活をしていますが、投手が肘にメスを入れるのは相当の覚悟が必要だったと思います。
さらにこの手術は術後のリハビリ期間が長いので釜田投手の気持ちを考えると相当不安や焦りもあったのかもしれないですね。

そして2014年3月の手術から1年以上の期間を経て2015年8月29日に実に685日ぶりに一軍のマウンドに立ち5回4失点の内容で715日ぶりとなる勝利投手になります。
長いリハビリ期間を経ての勝利には色々と思うところもあり喜びもひとしおだったでしょうね。

そんな復活を果たした釜田投手に先輩である田中将大投手からも遠くメジャーの地からツイッターでお祝いの言葉を送ったそうです。
同じ高卒ルーキーで1年目から活躍したかつてのチームメイトに何か通ずる者もあってか常に気にかけてたんでしょうね。
今では世界で活躍する大スターですが、優しい先輩ですね。

そして2016年見事復活を果たした釜田投手は20試合に登板し7勝5敗/防御率4.14という成績で完全復活を果たします。
今シーズンも先発ローテの一角として活躍してくれることを期待しています。

釜田佳直投手の年俸推移は?2017年の契約更改は?

それではここで釜田投手の年俸推移を見ていきたいと思います。

2012年:600万
2013年:2000万
2014年:1600万
2015年:1280万
2016年:1280万

やはり1年目の活躍には最大限の評価がされていますね。
しかし2013年をピークに徐々にダウンとなっていますが、ケガと手術の影響なので仕方ないですね。
プロは結果がすべての世界なのでダウンは仕方ないですが、それほど大幅というわけではないので球団も釜田投手の復活を待っててくれたんでしょうね。

そして2016年復活を果たした釜田投手は昨年末契約更改を行い2017年の年俸は大幅アップの2500万でサインしたそうです。
ケガから復帰しチームに貢献する活躍を見せてくれたので大幅アップは納得の数字ですね。

スポンサーリンク

釜田佳直投手に彼女はいる?

kamata-yoshinao_04

釜田投手はまだ独身だそうですが彼女はいるのでしょうか。
現在23歳なのでまだ先かなと思いますが野球選手は結婚も早いのでそろそろあるかもしれないですね~。

今のところ彼女の情報はありませんが、あるテレビ番組でタレントの小嶋瑠璃子(こじるり)さんがタイプだと本人の前で言ってました
こじるりもスポーツニュースの司会もやっているので取材にも来るでしょうし意外とチャンスはあるかもしれないですね。

ただこじるり本人は一度釜田投手を会ったことを覚えていなかったそうですがw

釜田佳直投手の出身中学や高校時代は?

釜田投手の出身中学は小松市立御幸中学校で最初は捕手だったそうですが、当時斎藤祐樹投手と田中将大投手が甲子園決勝再試合の投げ合いに触発されて投手転向を直訴したそうです。
たしかにあの投げ合いは社会現象になったほど伝説的な試合だったんで野球少年にとっては憧れの的だったでしょうね。

そして金沢高校に進学すると1年の秋からチームのエースの座を掴み、最速153キロの直球を武器に3年生の春夏甲子園出場を果たします。
春の選抜は1回戦負けとなりますが夏の甲子園では3回戦まで残り、その後のAAAアジア野球選手権大会の日本代表に選出されます。

中学から投手をやって高校1年でエースになるってよほど野球センスがあったんでしょうね。
今では普通になってきましたが、高校時代から150キロを越える直球を投げていたのでドラフト候補になるのは当然ですよね。

釜田佳直投手に関する記事一覧

釜田佳直投手のまとめ

今回は楽天ゴールデンイーグルの釜田佳直投手を紹介してきました。
釜田投手の球歴を振り返ってみると高卒ルーキー1年目から活躍しケガからの復活等、元チームメイトの田中将大投手と被る部分が多く見られますね。

オフは田中投手の自主トレにも参加するようなので投球術や精神面等、様々なことを吸収して今季のプレーに活かしてほしいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。

オープン戦から公式戦まで観戦チケットをお得に手に入れるならコレ!!

チケット売買専門サイトで定価以下の観戦チケットも多数出品されています。
チケットを購入するならまずはここで検索してみよう!