野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

阪神・植田海の彼女は?出身中学や近江高校時代にやんちゃの意味も

阪神・植田海の彼女は?出身中学や近江高校時代にやんちゃの意味も

2016年の阪神タイガースはドラフト1位で入団した高山俊選手を筆頭に原口文仁選手、北條史也選手、青柳晃洋投手、岩貞祐太投手等、若虎たちの活躍が目立ちチームはBクラスに終わったものの今季からの金本阪神の躍進は非常に楽しみですね。

今年は金本監督がどんな選手を起用しブレイクさせるのか楽しみですが2014年に入団した植田海選手もブレイク間近の選手ですね。
守備力は阪神の名手・鳥谷敬選手をも越える逸材でさらに俊足も持ち合わせているという選手ですが、これまで一軍の公式戦で1試合のみしか出場していません。

2月から始まるキャンプで結果を残せば一軍に上がれるチャンスは来ると思うのでレギュラー奪取を目指して躍動してほしいですね。

それでは今回は今季ブレイク候補の植田海選手を紹介していきます。

スポンサーリンク

植田海選手のプロフィール

生年月日:1996年4月19日(20歳)
出身地:滋賀県甲賀市
身長:175センチ
体重:72キロ
右投両打
内野手

2014年近江高校からドラフト5指名で阪神タイガースに入団した植田選手は春季キャンプから持ち前の俊足と守備力を発揮し、ルーキーながら一軍オープン戦でベンチ入りを果たします。
しかしこのゲームは降雨のためノーゲームとなり出場することなくその後も一軍公式戦に出場することはなく二軍で過ごすことになりました。

このオープン戦でもし結果を残していたら開幕スタメン出場もあったかもしれないですね~。
そしてこの年は二軍で51試合/125打数25安打/打率200/本塁打1という打撃面で課題を残したものの盗塁は6個と俊足をアピールしました。

プロ2年目となる昨シーズンは春季キャンプから左打ちを練習しスイッチヒッターとして登録すると、この年は二軍公式戦で76試合に出場すると打率168と前年度よりも下がったものの盗塁は12個まで伸ばし、この走力が評価され10月1日巨人戦の伝統の一戦で一軍デビューを果たします。

この試合で代走として出場すると、盗塁を企画するも盗塁死となり1軍ではこの場面のみの出場となります。
一軍初出場は守備にも打席にも立つことなく終わり、やはりバッティングが課題かなという印象ですが、オフのフェニックスリーグではその打撃面も可能性を感じれる活躍をしたようですね。

みやざきフェニックスリーグでは6試合に出場し、21打数10安打と5割近い打率を残すとU-23ワールドカップ日本代表にも選出されます。
ワールドカップでは9試合全試合に遊撃手として出場すると30打数9安打/盗塁6で盗塁王も獲得しています。

課題だった打撃面での改善も見られ今季は開幕一軍を目指して先のキャンプに参加すると思いますが、金本監督も植田選手の伸びしろに注目しているようですね。
昨季も若手を積極起用してきた金本監督なので植田選手にもチャンスは与えられると思います。
そこで確実に結果を残して今季はブレイクの年となってほしいです。

植田海選手の出身中学や近江高校時代は?

甲賀市立甲南中学校時代には湖南ビッグボーイズというリーグに所属しています。
野球を始めた当初はショート兼ピッチャーだったそうですが、中学からはショートに専念しているようです。

そして高校は山梨県の日本航空高校に一度は入学するものの2月には自主退学をし近江高校へ転入したそうです。
転校の理由はわかりませんが相当嫌なことか合わない理由があったんですかね。

近江高校進学後は規定により転校後1年間は公式戦に出場することができませんでしたが、3年生になるとショートでレギュラーの座を掴み夏の甲子園に出場します。
甲子園では3回戦で姿を消すことになりますが、2試合で7打数4安打3盗塁という活躍でプロのスカウトからも注目される選手になります。

スポンサーリンク

植田海選手の彼女の噂は?

阪神タイガースという人気球団に入ると野球以外のことも注目されますね。
特に彼女の存在や結婚についてはファンも気になるところですが、今のところ彼女の噂はまったくないですね。

高卒ルーキーなのでこれまでは出会いも限られているかもしれませんが、阪神の選手は合コンにもよく行くという話も聞きます。
まあ植田選手がそういった場に行っているとは思いませんが、今は一軍定着を目指す大事な時期なので野球に集中してほしいところですね。

植田海選手がやんちゃって?

植田海選手をネットで検索すると「やんちゃ」というワードが出てきます。
見た感じ好青年という印象ですがこの出処は金本監督が植田選手を「やんちゃ」と評したことがきっかけみたいですね。

このやんちゃという表現はヤンキーとかそういったことではなくまだまだ子供の部分もあり可愛げがあるという意味でしょうね。
まだまだ若い選手なのでやんちゃなぐらいのほうが思い切ったプレーもできそうなので益々期待できますね。

植田海選手に関する記事一覧

植田海選手のまとめ

今回は阪神タイガースの植田海選手を紹介してきました。
高校時代は転校により1年間公式戦に出場できませんでしたが、それを乗り越えて高卒ながらプロ入りを果たしましたね。

昨年までは一軍での出場はほとんどありませんでしたが、ワールドカップでも結果を残したことで今季からはチャンスも増えそうですね。
プロ3年目の今年は植田選手にとって飛躍の年となるのか春季キャンプから注目していきたいと思います。

スポンサーリンク