野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

和田恋(巨人)の出身中学や高校時代は?彼女は?二軍の成績も調査

和田恋(巨人)の出身中学や高校時代は?彼女は?二軍の成績も調査

2016年オフ近年例を見ないほどの大型補強に取り組んだ巨人は今季最も注目度の高い球団と言えます。

FAではソフトバンクホークスの森福允彦投手、横浜DeNAベイスターズの山口俊選手、日本ハムファイターズの陽岱鋼選手に始まり、新外国人ではメジャーのカミネロ投手に元楽天のマギー選手、トレードでは日本ハムファイターズの吉川光夫投手、石川慎吾選手、楽天の柿沢貴裕選手等、投手野手共に若手からベテランまで多くの選手を獲得しています。

巨人が優勝するためにこれだけの補強が必要なのかは今シーズンの結果を見てみないことにはわかりませんが、前チームでもレギュラーとして活躍していた選手も多いので、これまで出場機会の少なかった若手選手のチャンスが減るのも事実かもしれませんね。

プロという厳しい世界の中で生きているので選手は常に競争心を持って取り組んでいるとは思いますが、巨人のレギュラーを獲得するにはますますハードルが高くなっているようです。
この高い壁の中、レギュラーを獲得するような若手選手が出てくるのか今年の巨人の布陣には目が離せませんが、今回はこの壁をかいくぐってくれそうな若手有望株の和田恋(レン)選手を紹介していきたいと思います。

和田選手は高卒で巨人に入団し今季プロ4年目を迎える野手です。
まだ一軍公式戦に出場したことはありませんが、着々と実力を付け今季は外野手転向を視野にいれ一軍初出場を目指しています。

それでは和田恋選手がどんな選手か紹介していきます。

スポンサーリンク

和田恋(巨人)選手のプロフィール

生年月日:1995年9月26日(21歳)
出身地:高知県土佐郡土佐町
身長:180センチ
体重:84センチ
右投右打
内野手・外野手

和田恋(巨人)選手が外野手へ転向?これまでの二軍での成績は?

2013年高知高校からドラフト2位指名で入団すると1年目の2014年は二軍で78試合に出場し打率200/本塁打1/盗塁1という結果に終わり持ち前の打力をアピールすることはできませんでした。

そしてこの年のオフ、元々肩は強いものの三塁手としては守備面での不安があり、秋季練習では捕手への配置転換を見据えたトレーニングを積んでいきます。
この年は正捕手だった阿部慎之助選手がファーストへコンバートされた年でもあり、そういったチーム事情から和田選手の捕手転向が持ち上がったそうです。

しかし本人は「三塁で勝負したい」と球団側に伝えるとその後捕手へのコンバートの話はなくなり再び三塁手で勝負することになりますが、二塁への送球はあの小林誠司選手より早かったそうです。

もしこのままキャッチャーを続けていたら今頃どうなってたかはわかりませんがプロに入ってからリードや配球等キャッチャーの全てを覚えるのは相当大変なことなのでコンバートの話がなくなって良かったですね。

そして2015年、2016年共一軍での出場機会はなく二軍や三軍の試合に出場することになります。
これまでの成績は

2015年二軍成績:113試合/378打数81安打/打率214/本塁打8/打点45/盗塁1
2016年二軍成績:81試合/264打数63安打/打率239/本塁打2/打点24/盗塁1

という結果になっています。
2015年はチームの4番を任されると8本塁打を記録し持ち前の長打力をアピールします。
徐々に頭角を現してきている中、昨シーズンは長打を封印してミートに拘って打率向上に重きを置いたそうです。

そのかいあってか打率は前年度より上がってきてはいますが、まだまだ課題は多いと言えますね。

とくに守備力においては2016年の一塁手の守備率が988、二塁手では909となっており、本職の三塁手においては2014年の843と2015年909といずれも低い数字となっています。

そして今オフは出場機会を求めて外野手の守備にも挑戦しているそうですが、陽岱鋼選手の加入により外野手のポジションも競争が激しくなりますね。
オフの補強から見ても、巨人はどのポジションも競争率が激しいので肩の強い和田選手にとってはいいかもしれないですね。

今季こそは一軍初昇格を果たし、一軍定着を目指して頑張ってほしいです。

スポンサーリンク

和田恋選手の出身中学や高知高校時代は?

和田選手の出身中学は高知県の高知中学で軟式野球部に入団しています。
当時は控え投手としてプレーしており、3年生のときには全国大会ベスト8まで進出しています。

そして高知高校に進学すると1年の春からレギュラーの座を獲得し、秋には長打力も増し徐々に頭角を現してくると2年と3年の春の選抜では甲子園出場を果たします。
3年時の春の選抜では4試合で4安打1本塁打を放つと、通算55本塁打と高校屈指のスラッガーとして注目されます。

高校卒業後は大学進学を考えていたそうですが、プロ志望届を提出しドラフト2位指名で巨人に入団します。

和田恋選手の彼女の噂は?

チームメイトで同級生の田口麗斗投手や一つ年下の岡本和真選手も今年に入って結婚を発表されましたが、和田選手は彼女がいるんですかね。
和田選手の彼女を調べてみるとネット上には画像も出ており、この女性が本当に彼女なら2015年時点はいたようですね。

この画像が彼女で現在も続いているのなら一軍に定着すれば結婚とかもあるかもしれないですね。
そういう意味でも今季は何とか一軍昇格を果たしてほしいです。

和田恋選手に関する記事一覧

和田恋選手のまとめ

今回は巨人の和田恋選手を紹介してきました。
高校時代は長距離スラッガーとして注目されましたが、プロ3年間は苦しいシーズンが続いていますね。

ドラフト上位指名の選手がかならずしもプロで活躍するわけではありませんが、潜在能力は高いと思うのでなんとか一軍でも活躍してほしいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。