野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

セリーグMVP2016予想!注目の候補選手の画像まとめ一覧!

2016年間MVP選手予想

もうすぐ9月、いよいよプロ野球のシーズンも終わりに近づいてきました。

今年のセリーグは広島カープがマジックを点灯させ、パリーグは福岡ソフトバンクホークスと北海道日本ハムファイターズが0.5ゲーム差の中で熾烈な首位争いを繰り広げています。

セリーグはこのままいくと広島のリーグ優勝の可能性が高いです。
シーズンが終了すると各部門のタイトルが決まりますね。
野球ファンにとっては選手の個人タイトルも気になるところです。

そこで今回はセリーグの年間MVP選手が誰になるのか予想していきます。
パリーグはまた後日記事にしていきます。

スポンサーリンク

セリーグ2016MVP最有力候補は?

投手なら最優秀防御率、最多勝利数、野手なら打率、ホームラン数、打点とこの中のいずれかのタイトルを取った選手になると思います。
またチームの状況にも左右されると思います。
昨年でしたら、ヤクルトスワローズの山田選手がMVPを獲得しました。
チームの優勝とさらにトリプルスリーの達成で文句なしの受賞ではないかと思います。

では今年はというと・・・
8/29現在の個人タイトル一覧のです。

投手部門

勝利数トップ3

1位:12勝
ジョンソン(広島カープ)
野村祐輔/のむらゆうすけ(広島カープ)
3位:11勝
メッセンジャー(阪神タイガース)

防御率トップ3

1位:1.86
菅野智之/すがのともゆき(読売ジャイアンツ)
2位:2.23
ジョンソン(広島)
3位:2.49
田口麗斗/たぐちかずと(読売ジャイアンツ)

セーブ数トップ3

1位:33セーブ
澤村拓一/さわむらかずひろ(読売ジャイアンツ)
2位:27セーブ
中崎翔太(広島カープ)
3位:27セーブ
山崎康晃/やまざきやすあき(横浜DeNAベイスターズ)

スポンサーリンク

打者部門

打率トップ3

1位:343
坂本勇人/さかもとはやと(読売ジャイアンツ)
2位:329
山田哲人/やまだてつと(ヤクルトスワローズ)
3位:3264
鈴木誠也/すずきせいや(広島カープ)

本塁打トップ3

1位:36本
筒香嘉智/つつごうよしとも(横浜DeNAベイスターズ)
2位:33本
山田哲人/やまだてつと(ヤクルトスワローズ)
3位:25本
バレンティン(ヤクルトスワローズ)

打点トップ3

1位:91打点
新井貴浩/あらいたかひろ(広島カープ)
2位:87打点
筒香嘉智/つつごうよしとも(横浜DeNAベイスターズ)
3位:87
バレンティン/ヤクルトスワローズ

以上が8/29現在のセリーグ各部門上位個人成績です。
まだ上位の変動があるにせよ打者の山田選手と筒香選手の登場回数が目立ちますね。
それでは過去のMVP選手を見てみます。

歴代MVP選手

2015年:山田 哲人(ヤクルト)/打率.329/38本塁打(リーグ優勝・本塁打1位)
2014年:菅野 智之(読売ジャイアンツ)/防御率2.33/12勝5敗(リーグ優勝・最優秀防御率)
2013年:バレンティン(ヤクルト)/外野手/打率.330/60本塁打(本塁打1位)
2012年:阿部慎之助(巨人)/打率.340/27本塁打(リーグ優勝・打率/打点1位)
2011年:浅尾 拓也(中日)/防御率0.41/7勝2敗10S(リーグ優勝・ホールド数1位)
2010年:和田 一浩(中日)/打率.339/37本塁打(リーグ優勝)
2009年:ラミレス(巨人)打率.322/31本塁打(リーグ優勝・打率1位)
2008年:ラミレス(巨人)打率.319/45本塁打(リーグ優勝・打点1位)
2007年:小笠原道大(巨人)/打率.313/31本塁打(リーグ優勝)
2006年:福留 孝介(中日)打率.351/31本塁打(リーグ優勝・打率1位)
2005年:金本 知憲(阪神)打率.327/40本塁打(リーグ優勝)

過去の傾向を見るとリーグ優勝したチームか何かのタイトルを取った選手が多いですね。

それでは今年はどの選手が獲得するのでしょうか。
現在の成績とチーム状態から2016MVP最有力候補をピックアップして紹介していきます。

山田哲人選手

山田哲人

先日怪我から復帰し、あと盗塁一つで30となり、残り試合も21あるので、大スランプにならない限り2年連続トリプルスリーは達成できそうです。

筒香嘉智選手

筒香嘉智

本塁打と打点の2冠が狙える位置にいます。今もホームランを量産し、好調をキープしているので山田選手と新井選手の結果次第で2冠を獲得できそうです。

新井貴浩選手

新井貴浩

今年の広島大躍進にはこの人の力が大きいです。特に今年はチャンスに強く、39歳という年齢から休養しながらの出場ではありますが、打点王を狙える位置にいます。
ちなみに今年打点王を獲得すれば歴代最年長打点王だそうです。

菅野智之選手

菅野智之

前半戦は負けなしで防御率も群を抜いていましたが後半打たれるところも目立ちますが、最優秀防御率候補の選手です。

2016MVPは誰の手に?

2016MVPはこの4人の誰かになると思います。
中でも最有力候補は筒香選手と新井選手だと思います。
MVPを獲得するには筒香選手は2冠王、新井選手はリーグ優勝と打点王が条件となりそうです。
打点王はこのままいくと筒香選手か新井選手になりそうなので打点王を取った選手がそのままMVPとなる可能性が高いと思います。

2016年MVPは広島カープの新井貴浩が受賞!(11/28追記)

11/28NPB AWARDS2016が実施され、セリーグMVPは広島カープの新井貴浩選手が初受賞しました。

今シーズンはチームの中心となり選手を引っ張ってきたことや、39歳という年齢で101打点という好成績を残し、25年ぶりのリーグ優勝への貢献度と成績で文句なしの受賞ですね。
受賞後のインタビューでも「まさかまさか」と言っていたほど信じられなかったようで、かなり緊張していた様子でした。

まだまだこれかも活躍してほしいですね。

2016MVPの関連記事一覧

今回紹介した選手はこちらの記事でも紹介しています。

まとめ

ここでの最有力候補は成績や過去の受賞歴から見た個人的な予想となっています。
もしかしたら全然違う選手がとるかもしれませんw

年間MVPは1年を通しての受賞なので誰が取るかほんとに楽しみですね。
ペナントも残すところあと20数試合となりました。
広島のマジックが点灯し、優勝目前というところまで来ています。

個人的には25年ぶりの優勝と最年長打点王を新井さんがとって広島を盛り上げてほしいです。

今回はセリーグのMVP候補なのでまたパリーグのMVP候補も予想してみます。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。