野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

石川慎吾(巨人)の性格や彼女の噂は?日ハム時代の成績や年俸も

石川慎吾(巨人)の性格や彼女の噂は?日ハム時代の成績や年俸も

2017年シーズンが2ヶ月後に迫り、各球団そろそろ春季キャンプが開始する時期となってきましたが、今年最も注目される球団はオフの大型補強で話題となった巨人でしょうね。

FAで陽岱鋼選手、森福允彦投手、山口俊投手を獲得し、メジャーのカミネロ投手、マギー選手、さらにはトレードで日ハムから吉川光夫投手と石川慎吾選手を獲得しています。

昨年も2位Aクラスという結果だったにも関わらずここまで補強するには、高橋由伸監督にとって今季優勝は絶対条件になってくるかもしれませんね。
順当にいけば間違いなく優勝候補の筆頭に挙げられますが、昨年の優勝チームである広島カープ、近年力を付けてきた横浜DeNAベイスターズ等、今季も混戦になりそうな気がしますね。

まあ野球ファンにとってはもつれればもつれるほど見ていて面白く、予想通りにはいかないのが野球の醍醐味なので今季のセリーグは非常に楽しみです。

そこで今回は巨人の大型補強の一人、日本ハムからトレードで入団した石川慎吾選手に注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

石川慎吾(巨人)選手のプロフィール

生年月日:1993年4月27日(23歳)
出身地:大阪府堺市
身長:178センチ
体重:77キロ
右投右打
外野手

石川慎吾選手の日ハム時代の成績は?

東大阪大学柏原高校から2011年のドラフト3位指名で入団した石川選手はプロ一年目の2012年は一軍出場はなかったものの二軍公式戦で74試合に出場し213打数54安打/打率254/本塁打3/打点21というルーキーでは上々の成績で1年目のシーズンを終えます。

続く2013年も二軍で安定した成績を残すと、8月下旬にはケガで離脱した中田翔選手の変わりに一軍昇格を果たし、この日一軍公式戦初出場を果たします。
試合終盤代打で登場した石川選手の初打席は空振り三振となり、その後も4試合5打席に立つものの一軍プロ初安打を放つことはできずシーズンを終えますが、二軍公式戦では107試合/425打数127安打/打率299/本塁打14/打点58とリーグ2位となる本塁打を記録し、徐々に頭角を現していきます。

そして迎えた3年目の2014年は4月中旬と早い段階から一軍昇格を果たすと、シーズンのほとんどを一軍で過ごし主に対左ピッチャーのスタメンや代打として打席に立ちます。
プロ初安打は一軍昇格を果たした4月17日、オリックス・バファローズの井川慶投手からヒットを打つと5月20日の中日戦で一軍初本塁打となるツーランホームランを放ちます。

この年の成績は44試合/83打数19安打/打率229/本塁打1/打点11で代打では11打数2安打という結果に終わります。

プロ初安打を放ったのはオリックスの井川投手ですが、子供の頃の憧れの選手がこの井川投手だったそうです。
石川選手が子供の頃は井川投手は当時阪神タイガーズのエースだったはずなので、大阪出身の石川選手は阪神ファンだったのかもしれないですね。

プロ4年となる2015年も再び左ピッチャーに対しての出場が多く、この年も昨年とほとんど変わらない43試合に出場し87打数18安打/打率207/本塁打2/打点11という結果を残し、代打では8打数3安打を記録します。

前年度より打率は若干落としてしましますが、三振も昨年の25個から11個と大きく減少し、四球も5個から9個へと選球眼も良くなってきていますね。

そして昨シーズンは再び二軍で出場することが多くなり一軍公式戦は12試合のみの出場となり、二軍では87試合で打率265/本塁打6/打点34という結果に終わります。

石川慎吾選手の年俸は?

石川選手のこれまでの年俸推移です。

2012年:550万
2013年:550万
2014年:580万
2015年:730万
2016年:1000万
2017年:1000万

やはり一軍でも活躍しだした2014年ぐらいから徐々に上がってきていますね。
巨人でレギュラーを獲得すれば大幅アップもあると思うので、この数字が今後どのように変動していくのか楽しみです。

石川慎吾選手の2017年の成績と2018年の年俸は?

2017年成績:99試合/打率242/本塁打5/打点20/盗塁2
2018年推定年俸:2500万

北海道日本ハムファイターズから巨人へ移籍した1年目の今季は打率242ながら99試合の出場と存在感を見せ、年俸も1500万アップとなっています。

巨人に来てからのほうが出場機会も増えているので、チームにとっても石川選手にとっても良いトレード移籍でしたね。

スポンサーリンク

巨人にトレードでレギュラー獲得できる?

昨シーズンは外野手のレギュラー定着が期待されていましたが、一軍出場はほとんどなかったですね。

では巨人に行くと出場機会が増えるのかと言うと簡単にはいかないかもしれないですね。
巨人の外野陣は長野久義選手、同じ日本ハムから移籍した陽岱鋼選手、ギャレット選手がいます。

さらに控えには亀井善行選手や橋本到選手、重信慎之介、立岡宗一郎選手がいるのでこの中に割って入るにはかなり狭き門となるかもしれないですね。
開幕一軍スタートとなればいいですが、キャンプ、オープン戦としっかりアピールして何とか開幕一軍スタートを切ってほしいですね。

石川慎吾選手の性格もイケメン?彼女の噂は?

石川選手と言えばかなりのイケメンで日ハムでも人気が高く、球界を代表する巨人にいけばさらにイケメン野手としてブレイクしそうですが、見た目だけではなく性格もかなりのイケメンだそうです。

とても明るい性格の石川選手はチームのムードメーカーでもありツイッターやインスタでも変顔を載せている等、見るからに明るくて陽気な性格なんだということがわかります。
この辺は巨人に行ってもすんなり入れて、すぐメンバーと打ち解けそうな感じですよね。

そして彼女の噂ですが、現時点では有力な情報はないですね。
まあこれほどのイケメンなので日ハム時代にも女性関係は注目されていたとは思いますが、巨人の選手となると注目度も違うでしょうし何かあればすぐに週刊誌等ですっぱ抜かれるのでその辺は気をつけて行動してほしいですね。

ていうか見るからに真面目そうな感じなので、遊んでいるという印象もないですし、まずは一軍定着を目指して野球に集中している時期なのかもしれないですね。

石川慎吾選手の出身中学や高校時代は?

石川選手の出身中学は堺市立泉ヶ丘東中学校というところで、中学時代はジュニアホークスボーイズに所属していたそうです。
中学生の頃は強打者というわけではなかったそうですが、東大阪大学柏原高校に進学するとバッティングが覚醒し高校通算55本塁打という高校屈指のスラッガーへと成長します。

高校3年生の夏の大会では甲子園常連校の大阪桐蔭高校を決勝で敗り、甲子園初出場を果たすもチームは2回戦で敗退し、自身も7打数2安打という結果に終わりました。
まあ無名校であの大阪桐蔭に勝って甲子園に出場するだけでも快挙ですよね。

石川慎吾選手に関する記事一覧

石川慎吾選手のまとめ

今回は2016年オフ、日本ハムファイターズから巨人にトレードで移籍した石川慎吾選手を紹介してきました。

球界屈指の人気と伝統のある球団でプレッシャーも大きいかもしれませんが、23歳とまだまだ若いので思い切ったプレーで巨人でも一軍定着を目指して頑張ってほしいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。