野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

2017開幕直前!プロ野球セリーグ順位予想!注目選手も一挙紹介

2017開幕直前!プロ野球セリーグ順位予想!注目選手も一挙紹介

いよいよ2月から各球団春季キャンプが始まり、3月末にはプロ野球2017年シーズンが始まろうとしています。
今シーズンはどのチームが優勝するのか各球団のファンはもちろんのこと野球ファンもその順位がどうなるか気になるところだと思います。

例年通り野球解説者の方々や各報道では早くも今季の順位予想をされていますが的中するのは極々一部であり、予想通りにいかないのが野球の醍醐味であり難しいところだと思います。
そこで今回はこの順位予想に参加し勝手に2017年シーズンの順位予想をしていきたいと思います。

まずは昨年圧倒的な大差で広島カープが優勝したセリーグから予想していきます。

オフは巨人の大型補強も話題になり今季激戦が予想されるセリーグはどのように変動するのでしょうか?
それでは昨年の順位を紹介しつつ今季の順位予想、各球団の注目選手をしていきます。

あくまでも一個人の予想なので軽い気持ちで見ていただければ幸いです。

スポンサーリンク

2016年セリーグ順位

まずは昨年のセリーグ順位から見ていきたいと思います。

1位:広島カープ(89勝52敗2分)
2位:巨人/読売ジャイアンツ(71勝69敗3分)ゲーム差17.5
3位:横浜DeNAベイスターズ(69勝71敗3分)ゲーム差2.0
4位:阪神タイガース(64勝76敗3分)ゲーム差5.0
5位:東京ヤクルトスワローズ(64勝78敗1分)ゲーム差1.0
6位:中日ドラゴンズ(58勝82敗3分)ゲーム差5.0

昨年は広島カープのダントツ優勝となりましたが、巨人は高橋由伸監督の就任1年目ながら2位になるのはさすが巨人という印象でしたね。

そして初のクライマックスシリーズに進出したDeNAベイスターズも就任1年目ながらラミレス監督の元大躍進のシーズンとなり、さらにこれまた就任1年目となった阪神の金本知憲監督の阪神タイガースは積極的な若手起用により今季に可能性を残すシーズンとなりました。

一方ヤクルトは2015年の優勝から一転、5位転落となり中日においては広島カープと対照的に大差で最下位となっています。

では今季この順位がどう変わるのか予想していきたいと思います。

2017年セリーグ順位予想!

1位:巨人/読売ジャイアンツ
2位:横浜DeNAベイスターズ
3位:阪神タイガース
4位:広島カープ
5位:中日ドラゴンズ
6位:東京ヤクルトスワローズ

こんな感じの予想となりました。
やはり大型補強をした巨人の戦力は脅威だと思うので、広島カープ連覇というわけにはいかないと思います。

ではここから各球団の戦力分析や注目選手を紹介していきます。

巨人/読売ジャイアンツ

FAでソフトバンクホークスの森福允彦投手、DeNAベイスターズの山口俊投手、日本ハムの陽岱鋼選手を獲得し、メジャーの元楽天・マギー選手、カミネロ投手等即戦力となる選手を次々と獲得した巨人です。

選手層の厚さは12球団で1、2を争うほどの戦力でここまで揃えて優勝を逃すとなると高橋監督がどうなるのか心配になるほどの補強です。
間違いなく今季優勝候補の一角になると思います。

2017年巨人の注目選手を紹介

坂本勇人選手

2016年首位打者を獲得した坂本選手はすでに巨人の顔とも言える選手に成長しています。
今季ももちろん期待が持てますが、3月のWBCがどこまで影響するのか気になるところです。

しかし坂本選手が仮に不振に陥っても2016年のドラ1・吉川尚輝選手やクルーズ選手がカバーできるのでやはり選手層が厚いチームは有利です。

坂本選手は「坂本勇人の出身中学や高校は?守備の評価や2017年の年俸は?」でも紹介しています。

岡本和真選手

2016年二軍公式戦で18本塁打を放った、将来の巨人の大砲です。
サードには村田修一選手、新加入のマギー選手がいますが、ここに割って入れるほどの能力は秘めていると思います。

岡本選手は「岡本和真(巨人)の二軍成績や年俸は?彼女は?高校時代も調査!」でも紹介しています。

横浜DeNAベイスターズ

2位に予想したのは、2016年シーズンラミレス新監督の元、初のクライマックスシリーズ進出を果たしたDeNAベイスターズです。
いまや日本の主砲となった筒香智嘉選手を中心に梶谷隆幸選手やロペス選手等打線も強力ですが、昨年捕手の戸柱選手を固定できたのも大きな要因でした。

エースだった山口俊投手が抜けたのは大きいですが、新外国人投手3人を獲得し石田健大投手、井納翔一投手、今永翔太選手等安定した先発陣に加え、熊原健人投手や砂田毅樹投手が成長してきたこともあり投打の揃ったDeNAベイスターズには大いに期待できます。

2017年DeNAベイスターズの注目選手を紹介

筒香嘉智選手

やはり日本の主砲である筒香選手は外せないですよね。
昨年は本塁打と打点の二冠を獲得し、今季は三冠王も期待できる選手です。

昨年は逆方向にも強い打球を打てるようになってきたので今季もホームランを量産しそうです。

筒香選手は「筒香嘉智(DeNA)はメジャーいく?双子の姉や高校は?彼女も調査」でも紹介しています。

熊原健人投手

今季大ブレイクを予感させるような選手の一人です。
昨年は一軍公式戦で1勝1敗という成績でしたが、経験も積み今季はさらなる飛躍が期待できます。

熊原投手は「熊原健人(DeNA)の彼女は?天然で宇宙人と話題!成績や年俸も」でも紹介しています。

阪神タイガース

3位は広島カープとかなり迷いましたが、オリックスの糸井嘉男選手を獲得した阪神タイガースにしました。

就任1年目の金本監督の采配には賛否両論、様々な意見が飛び交いましたが積極的に若手を起用し、岩貞祐太投手、原口文仁選手、北条文也選手のような若虎が出てきたのは事実です。

さらにブレイシア投手ただ一人の補強となった広島カープとは対象的に糸井嘉男選手、メンデス投手、キャンベル選手を獲得した阪神の補強が上手くいけばAクラス入りとなる可能性は大いにあります。

2017年阪神タイガースの注目選手を紹介!

糸井嘉男選手

オリックス・バファローズからFAで阪神へ移籍した糸井選手の活躍で順位は大きく変わると思います。
昨年のような3割、二桁本塁打、二桁盗塁ができれば大きな戦力補強になると思います。

糸井選手は「糸井嘉男の結婚した嫁や家族は?FAは阪神?天然伝説や筋肉のことも」でも紹介しています。

北条文也選手

昨年ブレイクを果たした北条選手ですが、今季は「2年目のジンクス」に囚われるのか、はたまたそんなジンクスも関係ない活躍を見せるのか注目です。

北条選手は「北條史也(阪神)がイケメンで彼女は?出身中学や光星学院高校時代も」でも紹介しています。

鳥谷敬選手

長きに渡り阪神を支えてきた鳥谷選手が復活できるかに阪神の順位は大きく変動すると思います。
ショートは北条選手とのポジション争いになると思いますが、高いレベルで競争できれば北条選手の成長にも繋がるので今季の鳥谷選手には注目です。

スポンサーリンク

広島カープ

昨年のセリーグ覇者・広島カープは4位Bクラスと予想しました。
昨年は黒田博樹投手や新井貴浩選手のようなベテランがチームの中心となり、タナキクマルの活躍や鈴木誠也選手の覚醒で見事優勝を果たしましたが、やはり黒田投手の引退と補強をほとんどしていないというのが気になります。

さらに新井選手も40歳を迎え、昨年同様の成績を残せるのか、またタナキクマルも昨年同様あそこまで機能するのか若干気になるところです。

もちろん連覇の期待は掛かりますが、昨年同様とはいかないのではないかと予想します。

2017年広島カープの注目選手を紹介!

西川龍馬選手

鈴木誠也選手から「天才」と評されるほどのバッティングセンスの持ち主です。
昨年も一軍で62試合に出場し打率294の成績を残す活躍で今季覚醒の予感を感じさせる選手です。

西川選手は「西川龍馬(広島カープ)は天才肌?彼女や弟は?中学高校時代がすげぇ」でも紹介しています。

大瀬良大地投手

ルーキーイヤーは新人王を獲得する等、順調なプロ人生をスタートしましたが、2年目からは思うような成績を残せていません。
昨年も17試合で3勝1敗に終わり、広島連覇のためには今季大瀬良投手が先発として1年間ローテを守れるかも大きな要因となりそうです。

大瀬良投手は「大瀬良大地(広島カープ)の彼女や結婚の噂は?年俸推移や成績は?」でも紹介しています。

中日ドラゴンズ

昨年最下位と低迷の続く中日ドラゴンズは来季もBクラスと予想しました。
監督が森繁和監督に変わり、オフにはアラウホ投手、ロンドン投手、ゲレーロ選手を獲得してきました。

さらにはドラフト1位で明治大学の柳裕也投手も獲得し、中日の投手王国復活の期待も高まりますが打撃陣においてはやはり弱いという印象があります。
今季もビシエド選手がチームの主砲になると思いますが、昨年の後半戦を見てると昨年の22本塁打を越えれるのか微妙なところです。

森新監督の元、中日が生まれ変われるのか注目です。

2017年中日ドラゴンズの注目選手を紹介!

小笠原慎之介投手

2年目となる小笠原投手も昨年は打撃の援護に恵まれない日も多く、2勝のみに終わりました。
今季どこまで成績を伸ばしていけるのか注目が集まります。

小笠原投手は「中日・小笠原慎之介の妹が可愛い!彼女はいる?成績や年俸も調査」でも紹介しています。

高橋周平選手

今季プロ6年目となる高橋選手も徐々に出場回数を増やしていき結果を残しています。
長く覚醒が待たれる高橋選手には、今季こそブレイクを果たしてほしいです。

高橋選手は「高橋周平(中日)がイケメンで彼女は?出身中学や高校時代も調査」でも紹介しています。

東京ヤクルトスワローズ

昨年5位と低迷したヤクルトスワローズが最下位と予想しました。
2年連続のトリプルスリーを達成した山田哲人選手を中心にバレンティン選手の残留も決定し、ドラフトでは履正社高校の寺島成輝投手を獲得する等、今季巻き返しを狙っているヤクルトスワローズですが、やはり投手陣が安定しないというのが大きな理由です。

昨年もチーム防御率は4.73と12球団ワーストとなっており、投手陣の立て直しは急務となっています。
そのため新外国人選手を3人獲得し、投手陣の補強を図りましたが当たり外れの大きい外国人選手は未知数なので今のところ最下位と予想しています。

補強が当たれば上位にも食い込みそうなので新外国人選手には注目していきたいと思います。

2017年のヤクルトスワローズの注目選手を紹介!

山田哲人選手

ヤクルトの顔と言えば、やはり山田選手ですね。
3年連続のトリプルスリーにも注目が集まります。

山田選手は「山田哲人の出身中学や高校時代は?メジャーいく?髪型や愛車も調査」でも紹介しています。

寺島成輝投手

高校No1ピッチャーとの呼び声も高い寺島投手を獲得できたのは大きいと思います。
1年目からどこまで活躍できるかはわかりませんが先発ローテの一角となれるのか期待が高まります。

寺島投手は「寺島成輝(ヤクルト)の変化球はどう?評価は?履正社時代や父母も」でも紹介しています。

2017年セリーグ順位予想に関する記事一覧

2017年セリーグ順位予想のまとめ

今回は2017年のセリーグ順位予想をしてきましたが、やはり注目なのは大型補強をした巨人と連覇の掛かる広島ですね。

野球ファンとしては予想をしているだけでも楽しいですが、やってる選手はプロ野球人生が掛かっているので大変でしょうね・・・。

今季どのチームが優勝するのか今からシーズン開幕が楽しみですが、各球団良いシーズンにしてほしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。