野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

野間峻祥(広島)の彼女や母は?出身中学高校や中部学院大学時代も

野間峻祥(広島)の彼女や母は?出身中学高校や中部学院大学時代も

2016年シーズン圧倒的な強さでセリーグを制覇した広島カープには昨年大ブレイクした鈴木誠也選手を筆頭に侍ジャパンにも選出された田中広輔選手や岡田明丈投手等の若手選手たちの活躍も見所の一つでしたね。

さらには先日「2017年ブレイク候補」でも紹介した西川龍馬選手や野間峻祥(のまたかよし)選手のような若手も徐々に頭角を現し、広島カープでは若手の競争がより一層激しくなっています。
今季も鈴木誠也選手のような「神ってる」活躍を見せてくれる選手が登場するのか注目ですね。

そこで今回は第二の鈴木誠也選手を予感させる、今季ブレイク候補の野間峻祥選手にスポットを当てて紹介していきたと思います。

スポンサーリンク

野間峻祥(広島カープ)選手のプロフィール

生年月日:1993年1月28日(24歳)
出身地:兵庫県三木市
身長:180センチ
体重:80キロ
右投左打
外野手

野間峻祥選手のこれまでの成績は?

2014年中部学院大学からドラフト1位指名で広島カープに入団すると、以前から定評のあった守備、走塁面で高い評価を受け、課題だった打撃面でもオープン戦でホームランを放つ等24打数4安打と一定の成績を残し開幕一軍入りを果たし、右翼手として鈴木誠也選手とポジション争いをしていくことになります。

すると開幕して間もない2015年3月29日のヤクルトスワローズ戦ではプロ初安打を放ち、4月初旬には初猛打賞を記録する等バッティングでも存在感をアピールするとこの年はシーズンを通して一軍でプレーし127試合/170打数41安打/本塁打1/打点10/盗塁8とルーキーではまずまずの結果を残します。

一方ポジション争いをしていた鈴木誠也選手は、試合数こそ97試合と野間選手より少ないものの211打数58安打/打率275/本塁打5/打点25/盗塁6を記録し、打撃面に関しては鈴木選手に軍配が上がっています。
特にシーズン終盤には打撃面で勝る鈴木選手の起用が多くなり、野間選手は代走や守備要員での出場が中心となっていきます。

それでも緒方監督から大きな期待を受け、数多くチャンスを与えられた野間選手は外野手でリーグ4位となる6補殺を記録する等、守備力の高さを見せます。

そして昨シーズンの2016年は開幕一軍スタートにはなるものの打撃不振が続き、二軍降格を経験します。
以降シーズンのほとんどを二軍で過ごすとウエスタンリーグではソフトバンクホークスの松坂大輔投手からホームランを放つ等、86試合/打率299/本塁打7/盗塁20という好成績を収めると、シーズン後半に一軍復帰を果たしシーズン21試合/24打数7安打/打率292と確かな手応えを残します。

野間峻祥(広島カープ)選手の2017年の成績と2018年の年俸は?

2017年成績:98試合/打率189/打点2/盗塁10
2018年推定年俸:1600万

今季は代走や守備固めでの出場機会が多く、98試合に出場ながらも74打数14安打という結果に終わりました。
年俸は200万アップの評価ですが、やはり課題はバッティングといったところだと思うので来季からの飛躍に期待したいですね。

2017年の野間峻祥選手はレギュラーになれる?

昨年不振により、一度は二軍落ちを経験しますがシーズン後半で一軍復帰を果たし今季に繋がるような活躍を見せてくれました。
野間選手には今季のレギュラー獲りが期待されますが、昨年覚醒した鈴木誠也選手が右翼手、丸佳浩選手が中堅手はほぼほぼ確定だと思います。

そうなると左翼手で松山竜平選手、下水流昂選手、エルドレッド選手とのポジション争いになると思いますが、エルドレッド選手は一塁手で新井貴浩選手との併用起用になると思うので実質、松山選手と下水流選手とのポジション争いになると思います。

2月からスタートするキャンプとその後のオープン戦がカギになってくるとは思いますが、何とか一軍に定着しレギュラー獲りしてほしいですね。

スポンサーリンク

野間峻祥選手の彼女の噂は?

テレビ取材で得意のカラオケを披露する等、明るい性格の野間選手ですが彼女の噂はあるのでしょうか?

調べてみると先日テレビに出演した際には「彼女はいない」と言っており、好きな女性のタイプは「大人な女性」で年上が好みだそうですよ。
野球選手は姉さん女房が多いので年上のほうが良いかもしれないですね。

ちなみに元AKB48で女優の大島優子さんの大ファンだそうで大学時代の寮には大島さんのポスターを2枚も貼っていたそうです。
今季ブレイクすれば対談も不可能ではないかもしれないですねw

野間峻祥選手の父や母は?

野間選手が小学生のときに両親が離婚し、お母さんが女手一つで育ててくれたそうです。
広島に入団する際の契約金1億円は全部お母さんに渡すとも言っており、昨シーズンのオフにはお母さんのために車も購入したそうです。

高年俸のプロ野球選手とはいえ若干23歳でここまでの親孝行はなかなかできないですよね。
こういったエピソードにも野間選手の人柄の良さが出ています。

野間峻祥選手の中部学院大学時代は?

岐阜県の中部学院大学に進学すると1年からレギュラーとして出場し、3番センターとチームのクリーンアップを任されます。
大学4年間で主なタイトルは外野手でベストナイン7度、MVP4度、首位打者1回、盗塁王2回獲得し、走攻守揃ったプレイヤーとしてだけではなくチームのキャプテンを務めるなど主力として活躍します。

また全国大会でも打率4割を越える活躍で、試合には敗れたものの現・阪神タイガースの江越大賀選手とDeNAベイスターズの今永昇太投手がいた駒沢大学とも対戦しています。

野間峻祥選手の出身中学や高校時代は?

野間選手の出身中学は兵庫県の三木市立自由が丘中学校で中学時代は神戸須磨クラブというチームに所属していたそうです。

その後神戸村野工業高校に進学すると1年生のときから公式戦に出場する等、レギュラーとして活躍していましたが、甲子園出場経験はなく高校時代はまだ無名の選手だったようですね。

野間峻祥に関する記事一覧

野間峻祥のまとめ

今季は広島カープの2017年ブレイクを予感させる野間峻祥選手を紹介してきました。
昨シーズンは一軍の公式戦にはほとんど出場することはなかったですが、二軍では確かな結果を残しているので今季はチャンスが増えそうですね。

これからキャンプ、オープン戦と続きますが、そこでしっかり結果を残して今季の「神ってる」は野間選手になってほしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。