野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

ラミロペーニャ(広島)のメジャーでの成績や守備の評価は?年俸も

ラミロペーニャ(広島)のメジャーでの成績や守備の評価は?年俸も

2月1日より各球団一斉に春季キャンプがスタートし、いよいよ野球のシーズンがスタートしました。
毎日報道等では各選手の動向が報じられていますが、やはりどの球団もドラフトや補強で新加入した選手には注目が集まっていますね。

特に大学BIG3と言われたソフトバンクホークスの田中正義投手、千葉ロッテマリーンズの佐々木千隼投手、中日ドラゴンズの柳裕也投手は連日プルペンの様子が報じられています。

この3選手には開幕先発ローテ入りが期待されるので注目が集まるのは当然ですが、補強で新加入した助っ人外国人選手も注目を集めています。
今季はどの外国人選手が活躍してくれるのか非常に楽しみですが、昨季リーグ優勝を果たした広島カープがキャンプ直後の2月2日に新たに新外国人選手の獲得を発表したようです。

これまで広島カープが獲得した新外国人選手はライアン・ブレイシア投手のみでしたが、二人目の新外国人は野手で昨年11月に開催されたWBC強化試合のメキシコ代表で出場していたラミロ・ペーニャ選手だそうです。

ペーニャ選手は7年間メジャーリーグでプレーした実績もある選手で、昨年退団したルナ選手に代わる助っ人外国人だそうです。
補強にはあまり積極的ではない広島カープが獲得した外国人選手なので期待せずにはいられませんが、今回はこのラミロ・ペーニャ選手を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ラミロ・ペーニャ(広島カープ)選手のプロフィール

年齢:31歳
出身地:メキシコ
身長:180センチ
体重:91キロ
右投両打
内野手

ラミロ・ペーニャ選手のメジャーでの成績は?

ペーニャ選手がメジャーでプレーしたのは2009年から昨年の2016年までで、これまで「ニューヨーク・ヤンキース」「アトランタ・ブレーブス」「サンフランシスコ・ジャイアンツ」の3チームでプレーしていたそうです。

それではこれまでのメジャーでの成績をザッと紹介してきます。

■2009年・ヤンキース
69試合/115打数33安打/打率287/本塁打1/打点10/盗塁4/四球5/三振20/OPS699
■2010年・ヤンキース
85試合/154打数35安打/打率227/本塁打0/打点18/盗塁7/四球6/三振27/OPS504
■2011年・ヤンキース
23試合/40打数4安打/打率100/本塁打1/打点4/盗塁0/四球2/三振11/OPS334
■2012年・ヤンキース
3試合/4打数1安打/打率250/本塁打0/打点0/盗塁0/四球0/三振0/OPS500
■2013年・ブレーブス
50試合/97打数27安打/打率278/本塁打3/打点12/盗塁0/四球8/三振18/OPS773
■2014年・ブレーブス
81試合/147打数36安打/打率245/本塁打3/打点9/盗塁1/四球13/三振16/OPS651
■2016年・ジャイアンツ
30試合/87打数26安打/打率299/本塁打1/打点10/盗塁0/四球2/三振16/OPS755

◆通算成績
341試合/644打数162安打/打率252/本塁打9/打点63/盗塁12/四球36/三振130/OPS636

全体的に試合数自体はそこまで多くないものの昨シーズンはキャリア外の打率299という好成績をマークしていますね。
本塁打は少ないですが、昨年の強化試合ではチームメイトの野村祐輔投手からホームランを放っているので日本では長打も期待できますね。

あとスイッチヒッターというのも楽しみの一つなので、今季3割15本ぐらい打ってくれれば補強も大成功ですね。
今季ペーニャ選手がどんなプレーをしてくれるのか楽しみです。

スポンサーリンク

ラミロ・ペーニャ選手の守備の評価は?ポジションは?

ペーニャ選手の本職のポジションは三塁手だそうですが、守備の評価も高くメジャーでの三塁手としての守備成績は通算149試合で守備機会217に対して10失策、守備率954という成績を残しています。
さらにショートとセカンドでもそれぞれ88試合に出場しショートで守備率952、セカンドで守備率974と高い数字を残しています。

この数字を見ると内野のポジションはほとんど守れるみたいですが、広島のショートとセカンドには田中広輔選手と菊池涼介選手がいるのでやはりサードが定位置になりそうです。

広島のサードは安部友裕選手と西川龍馬選手、堂林翔太選手がいるので今季のポジション争いはかなり激しくなりそうですが、シーズン開幕時どの選手が出てくるのか今から楽しみですね。

個人的には西川選手にサードのレギュラーを獲ってもらいたいところですがまだ2年目ですし、こうやって競争が激しくなるのは選手の成長にも繋がるので良いのかもしれないですね。
ちなみに堂林選手はファーストという話も聞くので、将来的には新井貴浩選手やエルドレッド選手の後を受け継ぐのかもしれないです。

ラミロ・ペーニャ選手の年俸は?

今回ペーニャ選手の獲得に広島は契約金約1130万と年俸約7340万プラス出来高という契約を結んだようです。
もちろん1年の単年契約ですが、今季の活躍次第では来季は億に届くでしょうね。

早くペーニャ選手がプレーしているところを見てみたいです。

ラミロ・ペーニャ選手に関する記事一覧

ラミロ・ペーニャ選手のまとめ

今回は広島カープの新外国人ラミロ・ペーニャ選手を紹介してきました。
このタイミングでの獲得なので開幕に調整が間に合うのか心配ですが、日本の野球に早く馴染んでシーズンを迎えてほしいですね。

広島の外国人選手はジョンソン選手やエルドレッド選手等、当たりが多い印象なのでペーニャ選手にも活躍してもらって広島の連覇、さらには日本一の原動力となって出来るだけ長く日本でプレーしてほしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。