野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

白崎浩之(DeNA)の彼女は?成績や覚醒はいつ?出身中学高校も

白崎浩之(DeNA)の彼女は?成績や覚醒はいつ?出身中学高校も

2月に入り各球団とも春季キャンプに入り、日々キャンプでの選手の様子が報じられています。
中でも昨年初のクライマックスシリーズに進出した横浜DeNAベイスターズには、今季優勝という大きな期待も掛かりファンや報道陣の注目度も例年にないほど高くなっていますね。

特に3月のWBCに出場する、昨シーズン本塁打と打点王の筒香嘉智選手を始め、2016年のドラフト1位・濱口遥大投手、新外国人選手のスペンサーパットン投手やアウディ・シリアコ選手等、今季からチームに新加入した選手や主力選手に注目が集まる中、今季ブレイクが期待される選手にも注目が集まっています。

そこで今回は長く覚醒が期待されながらなかなかブレイクとまではいかない、2012年のドラフト1位で入団した白崎浩之(しらさきひろゆき)選手にスポットを当てて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

白崎浩之(DeNA)選手のプロフィール

生年月日:1990年8月20日(26歳)
出身地:北海道岩見沢市
身長:184センチ
体重:89キロ
右投右打
遊撃手・三塁手

白崎浩之(DeNA)選手のこれまでの成績は?

2012年駒沢大学からドラフト1位指名で横浜DeNAベイスターズに入団すると、1年目の2013年5月から一軍で起用され初出場を果たすものの二軍と行ったり来たりの生活となります。
この年は一軍で47試合に出場し打率212/打点1と結果を残せず、二軍では61試合で打率268/本塁打1/打点22という成績に終わります。

続く2年目は開幕一軍スタートを切ると遊撃手でスタメンに起用される機会が増え、この年は自己最高の101試合に出場し打率234/本塁打1/打点11という結果を残します。

そしてその後の2015・16年はそれぞれ自己最多となる6本塁打を放つものの、打率は2割台となかなか結果を残すことはできていませんが出場回数は安定しており、DeNAベイスターズの課題である三塁手のレギュラー獲りを目指して今季に臨みます。

2017年の白崎浩之選手は覚醒する?ポジションは?

長く覚醒を待たれている白崎選手は今季飛躍の年となるのでしょうか?

ポジションは定位置であるサードになってくるとは思いますが、今季は新加入したアウディ・シリアコ選手や近年頭角を表してきた宮崎敏郎選手とのポジション争いになってくるでしょうね。

宮崎選手はセカンドという可能性もありますが、シリアコ選手とはガッツリポジション争いをすることになりそうなので課題の打撃を何とかしないと残るのは難しいでしょうね。

バッティング練習での飛距離は十分で長距離砲としての可能性も感じますが、これまでのプロ通算13本塁打は全てソロホームランと得点圏の場面に弱いという印象が拭いきれないですね。
これまでの得点圏打率ですが、

2016年:48打数7安打/打率146
2015年:34打数3安打/打率088
2014年:44打数12/打率273
2013年:8打数2安打/打率250

となっておりここ2年はやはりチャンスに打てないというのが数字にも出ていますね。
とは言うものの今シーズンのセリーグ得点圏打率のランキング20位でも「.255」という数字なので、2014年の打率まで上げればチャンスに強いというイメージができそうです。

やはり課題は確実性のあるバッティングになってくるので、今季はチャンスに強いバッティングを期待しながら覚醒してくれるのを待っています。

スポンサーリンク

白崎浩之選手の彼女の噂は?

学生時代からイケメンと呼び声の高く女性ファンも多い白崎選手ですが彼女の噂とかあるのでしょうか。

現在26歳でそろそろ中堅選手になってきたので結婚もあるのではないかと思いますが、結婚はおろか彼女の噂一つないですね。
イケメンで人気もある選手なので噂ぐらいはありそうでしたが単純に今はいないと思ってもいいんですかね。

それか学生時代から支えてくれている彼女がいて、今オフ辺りに学生時代からの彼女と結婚なんて発表があるかもしれません。
また彼女の情報があれば追記していきます。

白崎浩之選手の出身中学や高校時代は?

駒沢大学時代は首位打者やベストナインに選出され大学4年のリーグ戦では3割を越えるアベレージを記録した実績がありますが、中学高校時代はどうだったのでしょうか。

白崎選手の出身中学は岩見沢市立緑中学校という所で、岩見沢シニアに所属していたそうです。
シニア時代には全国大会ベスト16に輝く等、投手兼遊撃手として活躍し高校は埼玉栄高校に進学します。

当初からプロを目標にしていたためスカウトの目が届きにくい北海道ではなく埼玉の高校に進学し、1年からレギュラーとなり2年生の頃にはチームの主力として県ベスト8まで残る等プロからも注目される選手となります。

しかしプロ志望届は提出せず大学進学の道を選ぶことになりますが、この段階ではプロでやるにはまだ足りないという気持ちだったんですかね。
結果的には大学進学を選んだことでドラフト1位という最高評価を得て入団しているので、この選択は間違いではなかったと言えますね。

白崎浩之選手に関する記事一覧

白崎浩之選手のまとめ

今回は今季ブレイクを予感させてくれる横浜DeNAベイスターズの白崎浩之選手にスポットを当てて紹介してきました。
ドラフト1位ながらなかなか覚醒とまではいきませんが、今年こそはその長打力のある打撃を開花させてレギュラー定着を果たしてほしいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。