野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

増田達至(西武)の成績は?結婚した嫁は?NTT西日本時代も調査

増田達至(西武)の成績は?結婚した嫁は?NTT西日本時代も調査

かつて常勝軍団と言われ一時代を築いてきた埼玉西武ライオンズはここのところBクラスが続きチームは低迷期を迎えています。

さらに昨年オフ、投手の柱だった岸孝之投手がFAで楽天ゴールデンイーグルスに移籍し西武の投手陣はかなり厳しいと言わざるを得ません。
しかしこのピンチの中でも左のエースで今季二桁勝利を果たした菊池雄星投手を中心にルーキーの多和田真三郎投手、セットアッパーの牧田和久投手等、昨季安定したピッチングを見せてくれた投手も多数いるのも事実です。

そして昨季はチームの守護神を担い、28セーブという好成績を残した増田達至(ますだたつし)投手は、3月に開催されるWBC(ワールドベースボールクラシック)の予備登録メンバーに選出される等、今や球界を代表するリリーフとなっています。

あくまでも侍ジャパンの予備メンバーなので出場する可能性は少ないとは思いますが、ここに名前が挙がるだけでも評価の高さが窺い知れますね。
そこで今回は西武ライオンズの増田達至投手にスポットを当てて紹介していきたいと思います。

社会人野球のNTT西日本からプロ入りした遅咲きの投手ですが、これまでどの球歴を辿ってきたのか紹介していきます。

スポンサーリンク

増田達至投手(西武)のプロフィール

生年月日:1988年4月23日(28歳)
出身地:兵庫県洲本市
身長:180センチ
体重:85キロ
右投右打
投手

増田達至投手のこれまでの成績は?

2012年社会人野球のNTT西日本からドラフト1位指名で埼玉西武ライオンズに入団すると、故障はあったものの2013年6月13日の中日ドラゴンズ戦でリリーフとして一軍公式戦初登板を果たします。
この試合では1イニングのみの登板でしたが打者6人に対して2安打1失点でプロ初登板は敗戦投手となりますが、その後は安定したピッチングを続け、主にリリーフとして登板すると、シーズンを通して42試合/5勝3敗5ホールド/防御率3.76とまずまずの成績を記録します。

続く2年目の2014年は開幕一軍は逃すものの5月15日の日本ハムファイターズ戦からマウンドに挙がり、1イニングを無安打で切り抜けます。
その後はチームのセットアッパーとして安定したピッチングを続けチーム一となる22ホールドを記録し防御率2.82という好成績を残します。

プロ入り2年目にしてチームの絶対的なセットアッパーとなった2015年は正にフル回転のシーズンとなり、リーグ最多の72試合に登板すると2勝4敗3セーブ40ホールドと最優秀中継ぎ賞を獲得すると、監督選抜で自身初となるオールスターゲームにも出場します。

飛躍の年となった2015年は年俸も3000万から7000万と倍以上の増額となり、最大限の評価を得ます。

そして昨シーズンはこれまでチームの守護神として登板していた高橋朋己投手の長期戦線離脱により、増田投手がクローザーを任され、試合の最後を決める場面でマウンドに上がることになります。

それでも前日のことをあまり引きずらないという性格からか、クローザーでもその能力を発揮し、53試合で3勝5敗5ホールド28セーブ/防御率1.66という好成績をマークし、抜群の安定感でチームの勝利に貢献していきます。

今季もクローザーとしての起用になると思いますが、昨シーズン同様活躍が期待されますね。

スポンサーリンク

増田達至投手のNTT西日本時代や大学時代は?

福井工業大学では1年からベンチ入りを果たすと、3年秋のリーグではチームの優勝に貢献し、4年春のリーグ戦では5勝2敗/防御率0.55という好成績でシーズンのベストナインにも選出されます。
大学時代からすでにプロからも注目を集める投手になっていたものの、社会人野球のNTT西日本に進み、ここで2年間過ごすことになります。

社会人1年目から公式戦に出場し、都市対抗戦予選では10.2イニングを無失点に抑える好投を見せると、2年目の都市対抗戦本大会でもリリーフとして無失点に抑える等、複数球団から即戦力投手として注目される投手となります。

正しく遅咲きの投手という印象の増田投手ですが、やはり中学時代、柳学園高校時代は甲子園出場経験もなくほとんど無名の投手だったようです。
野球を辞めるというのも一つの進路ですが、増田投手は諦めることなく大学、社会人と進み、今では球界を代表するリリーフとして活躍しているので、どこで才能が開花するのかは人それぞれですね。

増田達至投手の結婚した嫁・麻友さんはどんな人?

増田投手は入団会見の際、当時婚約者だった同い年の高木麻友さんも同席されています。

その後結婚されてお子さんもいるそうですが、嫁さんの麻友さんはしっかり者らしくプロ野球選手の嫁として日々増田投手を支えているようです。
これだけプロでも結果を残しているのは嫁さんのサポートによるものも大きいのかもしれないですね。

ちなみに入団時の画像は公開されているようなので麻友さんがどんな女性なのかすぐ出てきますよ。

増田達至投手に関する記事一覧

増田達至投手のまとめ

今回は埼玉西武ライオンズの増田達至投手を紹介してきました。
プロ入りから即戦力として結果を残していき、西武の守護神とまでなった増田投手は今季も楽しみですね。

チームが軌道に乗っていければ最多セーブ王も狙えると思うので、増田投手の活躍に注目です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。