野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

細川成也(DeNA)の筋肉がすごい!彼女は?出身中学高校時代も

細川成也(DeNA)の筋肉がすごい!彼女は?出身中学高校時代も

昨年チーム初となるクライマックスシリーズ(CS)に出場し、今季2年連続のAクラス入り、さらには優勝と期待の掛かる横浜DeNAベイスターズは2月からスタートした春季キャンプが注目を集めているようです。

チームの主力である昨年の本塁打・打点王の筒香嘉智選手はもちろんのこと、開幕投手の可能性も高い石田健大投手、さらには若手の今永昇太投手、砂田毅樹投手、熊原健人投手等、将来有望の選手達にファンの期待も大きなものとなっています。

そんな中、これまであまり一軍で出番のなかった選手や今季入団したルーキー達にも注目が集まり、特に育成選手の網谷圭将選手とドラフト5位入団の細川成也選手は連日報道されるという注目ぶりとなっています。

そこで今回は昨年のドラフト5位で入団した、高卒ルーキーの細川成也(ほそかわせいや)選手を紹介していきす。

同じ「セイヤ」という名前から、今季大ブレイクを果たした広島カープの鈴木誠也選手にあやかり「ハマの成也」として早くも1年目からのブレイクが期待されていますが、細川選手がどのような選手なのか出来るだけ詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

細川成也選手のプロフィール

生年月日:1998年8月4日(18歳)
出身地:茨城県茨城市
身長:181センチ
体重:85キロ
右投右打
外野手

ドラフト5位でDeNAベイスターズに入団!細川成也選手はどんな選手?

茨城県の名秀学園日立高校からドラフト5位指名で横浜DeNAベイスターズに入団すると、春季キャンプは二軍でのスタートとなります。

そしてキャンプが始まると一軍キャンプ休養日に二軍キャンプへ視察に来ていたラミレス監督が、18歳とは思えないパワーと打撃センスで柵越えを連発させる細川選手を見て、急遽一軍キャンプに参加することとなりました。

その後一軍に合流した細川選手はフリーバッティングでも54スイングで15本の柵越えを記録し、その大器の片鱗を見せつけます。

さらに紅白戦では「5番・ライト」で先発出場するという高卒ルーキーでは異例の抜擢に、首脳陣のみならずファンも非常に楽しみな選手となっています。

二軍スタートから突然の一軍キャンプ参加に紅白戦先発出場と、評価も注目度もうなぎ登りの細川選手ですが、目まぐるしく変わる状況に本人も対応できてるんですかねw
相当緊張しているようですが、高卒ルーキーなので今結果を出さなくてもこれからいくらでもチャンスはやってくるので若さ溢れるプレーで思いっきりやってほしいですね。

それにしても現役時代数々の実績を残してきたラミレス監督がここまで惚れ込むのは、やはり細川選手の高卒ルーキーとは思えないパワーと体格だそうで、パワーは高校通算63本塁打という文句なしの実績に加え、体格もこの若さで筋肉隆々の上半身とドッシリとした下半身ですでに出来上がっているかのような体の大きさで風格すら感じますね。

バッティングを見ていても気持ち良いぐらいのフルスイングで、引っ張り方向だけでなく逆方向にも大きな当たりを飛ばせる器用さも兼ね備えているのでファンとしては楽しみしかないですよね。

細川成也選手の筋肉がスゴイ!

高卒ルーキーの18歳とは思えない体格でスイングスピードも速く、将来の大砲候補として期待が掛かりますが何といってもはち切れんばかりの筋肉がスゴイですよ。
この筋肉は数字にも表れており

胸囲を計測すると、102センチ。ベンチプレスは最高130キロ、スクワットは230キロ

となっており、中学時代はヤリ投げで全国2位の実績を持っているそうです。
パワーはすでにプロレベルですねw

スポンサーリンク

細川成也選手の彼女の噂は?

ルーキーイヤーからここまで注目されると気になるのは当然彼女の存在ですよね。
今のところツイッターやネット上では噂すらありませんが、これから注目されればされるほど彼女の情報もでてくると思うので今後に注目していきたいと思います。

実は高校時代から付き合っている彼女がいるとかだったら驚きですが、今は野球に専念してプロでも通用するような選手になることが優先ですかね。

細川成也選手の出身中学や高校時代は?

細川選手の出身中学は北茨城市立磯原中学校という所で中学時代は福島のいわきシニアというクラブチームに所属しています。
中学時代はまだまだ無名の選手だったようで、注目され始めたのは名秀学園日立高校に進学してからだそうです。

2年の春からベンチ入りを果たすと、そこからホームランを量産していきます。
さらに3年からは投手に転向し、最速146キロの直球で3番・エースとして夏の県大会では7試合で2失点という好投で準優勝を果たします。

甲子園出場はならなかったものの、高校通算63本塁打の記録を持ち、打球を遠くに飛ばせるバッティングは150メートル級の飛距離を叩き出せるほどのパワーでプロからも注目される選手になっていきます。

当初阪神タイガースからの指名も濃厚とされていましたが、本番では見送るという結果となり横浜DeNAベイスターズが5位指名で獲得します。
なぜ阪神が指名を見送ったのかは謎ですが、将来性溢れる選手の登場に今後の成長が楽しみですね。

細川成也選手に関する記事一覧

細川成也選手のまとめ

今回は高卒ルーキーの細川成也選手を紹介してきました。
今季一軍の試合で見たいところですが、さすがに開幕一軍スタートというのはハードルが高すぎるかもしれませんね。
それでもこれからの練習試合、オープン戦の結果次第では大抜擢という可能性もあるので注目して見ていきたいと思います。

ただ球団も2年後、3年後の開花を期待しての獲得だと思うので、細川選手には焦らずじっくりとプロの世界に慣れていってほしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。