野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

安楽智大(楽天)の彼女や性格は?現在の球速は?出身中学高校も

安楽智大(楽天)の彼女や性格は?現在の球速は?出身中学高校も

2016年リーグ5位Bクラスに終わった楽天ゴールデンイーグルスでは、昨秋西武ライオンズのエースだった岸孝之投手をFAで、助っ人外国人ではフランク・ハーマン投手を、さらにドラフト会議では高校BIG4の藤平尚真投手を獲得する等、投手中心の補強に大きな注目が集まりました。

そうなると気になるのは2017年の先発ローテのメンバーで、さすがに高卒ルーキーの藤平投手がいきなり入るとは思えませんが、岸投手と3月のWBCに参加する則本昂大投手はほぼ確定、美馬学投手、塩見貴洋投手、釜田佳直投手も昨年の成績からすれば余程の調整遅れやアクシデントがない限り有力で、残り1枠をキャンプやオープン戦での結果次第で決まっていくことになりそうですね。

そんな中、現在行われている春季キャンプで、最もアピールしているのが3年目の安楽智大(あんらくともひろ)投手で、開幕先発ローテ入りに向けて順調に調整を続けているようです。

そこで今回は今季の覚醒が待たれる、2014年のドラ1投手・安楽智大投手を紹介していきます。

スポンサーリンク

安楽智大(あんらくともひろ)投手のプロフィール

生年月日:1996年11月4日(20歳)
出身地:愛媛県松山市
身長:186センチ
体重:87キロ
右投左打
投手

安楽智大(楽天)投手のこれまでの成績は?

2014年済美高校時代から最速157キロを記録する等、速球派投手として注目を集め、この年のドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスとヤクルトスワローズから1位指名を受け、楽天ゴールデンイーグルスに入団します。

プロ1年目の2015年はチームの中長期での育成という方針から二軍で開幕を向かえ、リリーフとしてワンポイントでの登板を続けた後、5月14日の日本ハム戦では公式戦初先発を果たし、続く6月18日のヤクルト戦では5回無失点という内容でプロ初勝利を手にします。

そしてシーズン終盤の10月5日ソフトバンク戦で一軍公式戦初登板初先発を果たし、6回打者24人に対して2安打無失点という好投で初勝利を挙げます。
一軍公式戦登板はこの1試合に終わりましたが、二軍でも19試合4勝1敗/防御率2.57という結果を残し、来季へ繋げます。

続く2016年は4月23日の埼玉西武ライオンズ戦で一軍公式戦の先発に上がり、5.2イニングで5失点という内容ながらも味方の援護で勝敗は付かなかったものの、以降2試合は連敗し、しばらくは中継ぎとして登板します。

そして8月から再度先発に戻ると、8月19日のオリックス戦で7回無失点という好投でこのシーズン初勝利を果たし、この年は15試合に登板し3勝5敗3.42という成績に終わります。

当初は2、3年は育成期間と考えていたようですが、2年目から一軍登板もすこしずつ増えていき、結果を残し始めていますね。
昨年の二軍でも3勝1敗/防御率2.96と好成績を挙げているので、今季からも非常に楽しみです。

スポンサーリンク

済美高校時代は最速157キロ!現在の球速は?

安楽投手といえば高校2年生の時のセンバツが最も印象的で、一躍全国区の投手となりました。
この大会で決勝まで全5試合で先発し、投球した球数は722球にも昇ります。

当時は酷使しすぎという声もありましたが、続く夏の甲子園にも出場し、2試合に登板すると大会後の世界選手権でも日本代表に選ばれています。

2年生ながら春夏甲子園のマウンドに立ち、春のセンバツでは準優勝にも導いた安楽投手ですが、なんといっても注目はその剛腕ぶりで春のセンバツでは甲子園記録となる152キロを記録し、夏の県予選では157キロをマーク、そして夏の甲子園でも自身の甲子園記録を更新する155キロという球速でまさに剛腕投手としてプロ最注目の投手となりました。

しかし2年生の秋に右肘を故障すると、その後は150キロを越えることが出来ず、3年の最後の夏は予選敗退となります。

そして楽天ゴールデンイーグルスに入団すると、プロ1年目の序盤は最速143キロと高校時代からかなり球速は落としたものの、シーズン中盤から球速もアップし、この年は最速149キロまで上げていきます。

そして昨シーズンは序盤の4月23日から150キロを記録し、この年は最速151キロまで球速を伸ばしています。
今季さらに球速を伸ばし、自己最速の157キロも期待される中、現在はキャンプ中にも関わらず147キロまで球速を上げていっているようです。

この時期で140キロ台後半は、かなり仕上がってきていると思うので今季は自己最速の更新、開幕一軍も期待できるのではないでしょうか。

安楽智大投手の彼女の噂や性格は?

高校時代からスターで常に注目を集めていた安楽投手に彼女の噂はあるのでしょうか?
今回ネットやSNSで安楽投手に関することを調べてみましたが、特に目立った情報はありませんでした。

性格もかなり真面目なようで、野球一筋という感じなので今はまだ彼女どうこうではなく、一軍定着を目指して頑張っているのかもしれないですね。
また情報があれば追記していきます。

安楽智大投手の出身中学は?

高校時代、1年の秋からエースを担いチームを引っ張ってきた安楽投手ですが、中学時代ですでに135キロ出ていたそうです。
安楽投手の出身中学は松山市立道後中学校ですが、松山クラブボーイズというチームに所属しており、2年生の時に県大会準優勝という成績を残しています。

もう中学時代から地元でも有名な選手だったんでしょうね。

安楽智大投手に関する記事一覧

安楽智大投手のまとめ

今回は東北楽天ゴールデンイーグルスの安楽智大投手を紹介してきました。
高校時代から注目されプロ入りを果たしましたが、2年目から徐々に頭角を現してきましたね。

今季いよいよ飛躍の予感もしており、次に行われるオープン戦、そして開幕が楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。