野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

西浦直亨(ヤクルト)の結婚した嫁は?出身中学や天理高校時代は?

西浦直亨(ヤクルト)の結婚した嫁は?出身中学や天理高校時代は?

昨シーズンリーグ5位という成績で今季の巻き返しが期待される東京ヤクルトスワローズですが、現在の春季キャンプで主力の故障が相次いでいるようでとても心配ですね。

投手陣では成瀬善久投手の開幕が絶望と言われ、ドラフト1位で入団した寺島成輝投手も二軍で調整中ですし、野手陣では川端慎吾選手も開幕が微妙という状況です。
さらに今年はWBCが控えており、山田哲人選手や秋吉亮投手も万全な状態で開幕を迎えれるのかわからない状況です。

今季巻き返しのためにも主力が抜けるのは非常に痛手ですが、その穴を埋めるべくレギュラー獲得を目指して、若手選手が日々アピールを繰り広げているようです。

特に今季楽しみなのが、「山田2世」とも言われる廣岡大志選手と、昨シーズンから頭角を現してきた西浦直亨選手で、中でも西浦選手は川端選手の変わりに開幕は三塁の守備に付くかもしれないでね。

そこで今回は今年プロ4年目のシーズンを迎える西浦直亨選手にスポットを当てて紹介していきます。

スポンサーリンク

西浦直亨(ヤクルト)選手のプロフィール

生年月日:1991年4月11日(25歳)
出身地:奈良県吉野郡
身長:178センチ
体重:75キロ
右投右打
内野手

西浦直亨選手のこれまでの成績は?

2013年法政大学からドラフト2位で東京ヤクルトスワローズに入団すると、2014年3月28日の開幕戦でプロ初出場を果たし、横浜DeNAベイスターズの三嶋一輝投手からプロ初打席初球ホームランという衝撃的なデビューを果たします。

その後も4月末まで何度かスタメンで起用される機会はあったものの、32打数5安打/打率156と結果を残すことができず、以降この年は二軍生活となります。
二軍では70試合に出場し、打率217/本塁打1/打点27とここでも結果を残すまでには至らず1年目のシーズンを終了します。

続く2年目の2015年は、5月5日の横浜DeNAベイスターズ戦からこのシーズン初出場を果たすと、コンスタントに安打を重ね平均して3割前後の打率を記録するものの、後半戦では腰痛で離脱し、この年は26試合/打率295/本塁打1という成績に終わります。

そして3年目の昨シーズン、これまでショートのレギュラーだった大引啓次選手に代わる形で後半からレギュラーの座を掴むと、自己最高となる72試合に出場し、打率255/本塁打7/打点28という結果を残します。

昨シーズンは打撃も安定しだし、いよいよ今季はショートのレギュラー獲りが期待されるところですが、現時点ではやはり大引選手の方が有力のようですね。
それでも西浦選手にもチャンスは回ってくると思うので、そこでしっかり結果を残せばシーズン途中からレギュラーになれる可能性は十分にあると思います。

さらに川端選手の開幕出場が微妙な状況なので、サードの経験もある西浦選手が開幕三塁手というのもあるので、今季はさらに飛躍の年となるかもしれないですね。

スポンサーリンク

西浦直亨選手の結婚した嫁はどんな人?

まだ25歳と若手の西浦選手ですが、昨年2016年7月に結婚されたそうです。
気になるお相手は、なんと元CAさんでお名前は理沙さんという西浦選手より1歳年上の女性だそうです。

お付き合いが始まったのは2015年の12月からだそうで、交際期間約7ヶ月というスピード婚ですが、それ程までに気があったんでしょうね。

また嫁さんは西浦選手のために、スポーツフードアドバイザーの資格も取得しており、健康面でもサポートしていくそうです。
今季西浦選手がブレイクを果たすようなことがあれば、嫁さんの「内助の功」の力が大きいのかもしれないですね。

ちなみに嫁さんは一般の方ということで、画像は公開されていませんが、似顔絵は公開されているのでネット上ですぐ出てきますよ。
まあ元CAさんということでキレイな女性なんでしょうね。

西浦直亨選手の出身中学や天理高校時代は?

小学3年の時から野球を始め、当初は投手をしていたそうですが、大淀町立大淀中学校時代に所属した「橿原コンドル」で捕手に転向したそうです。
そして中学2年のときに全国大会のジャイアンツカップに出場し、奈良の名門校・天理高校へ進学します。

天理高校では2年にショートのレギュラーを獲得し、神宮大会準優勝、近畿大会優勝に大きく貢献していきます。
そして3年春・夏の2季連続で甲子園出場を果たすと、甲子園3試合で通算打率333という成績を残します。

また夏の県予選では打率8割を越える成績も記録し、プロのスカウト陣から注目を集めるもののプロ志望届は提出せず法政大学へ進学します。

西浦直亨選手に関する記事一覧

西浦直亨選手のまとめ

今回は東京ヤクルトスワローズの西浦直亨選手を紹介してきました。
昨年は結婚もし野球でも徐々に開花し始め、公私ともに順調な西浦選手には今シーズンかなり期待ができますね。

まずはこれから始まるオープン戦で結果を残し、開幕スタメンを掴むことが重要ですが、打撃も好調なようなので楽しみですね。

今季ヤクルトが浮上するためには、西浦選手や廣岡選手のような若手選手の活躍も重要になってくるので、ぜひブレイクを果たしてほしいですね。
今年のヤクルトの若手選手には注目です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。