野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

中村悠平(ヤクルト)の嫁は?ローラって?成績や年俸も調査!

中村悠平(ヤクルト)の嫁は?ローラって?成績や年俸も調査!

いよいよ本戦間近となったWBC(ワールドベースボールクラシック)ですが、ここへきて侍ジャパンのメンバーである楽天ゴールデンイーグルスの嶋基宏選手がケガのため出場辞退となり、急遽西武ライオンズの炭谷銀仁朗選手の参加が決定しました。

経験豊富なベテランで侍ジャパンの精神的支柱となった島選手の辞退は残念ですが、炭谷選手も優秀なキャッチャーで国際大会の経験もあるので頑張ってほしいですね。

個人的には「打てる捕手」としてバッティングにも期待できる東京ヤクルトスワローズの中村悠平選手の参加も期待していましたが、炭谷選手にはもしもの時に前もって声が掛かっていたそうなので、今回は炭谷選手に決まったんでしょうね。

そこで今回は球界全体に不足している捕手で、しかも「打てる捕手」として活躍しているヤクルトスワローズの中村悠平選手を紹介していきます。

スポンサーリンク

中村悠平選手のプロフィール

生年月日:1990年6月17日(26歳)
出身地:福井県大野市
身長:176センチ
体重:83キロ
右投右打
捕手

中村悠平選手のこれまでの成績は?

福井県立福井商業高校時代、1年生の時からチームの正捕手を担い、2年生と3年生の夏の甲子園に出場します。
1度目の甲子園では初戦敗退となり自身も安打を放つことはできませんでしたが、2度目の夏は4番を務め、甲子園2試合で2安打の活躍を見せプロからも注目される選手となります。

そして2008年秋、ヤクルトスワローズから3位指名を受けプロ入りを果たすと、2009年から2011年は主に二軍公式戦が主戦場となります。
二軍では1年目の2009年に60試合で打率301、2011年には56試合で打率297とバッティングでも結果を残していきます。

また一軍初出場はルーキーイヤーの2009年10月2日の広島カープ戦で出場し安打はなかったものの、10月12日の巨人戦では昨年引退した、代走のスペシャリスト・鈴木尚広氏の二盗を阻止する等、年々出場機会を増やしていきます。

そして2012年からは、これまで正捕手だった相川亮二選手がケガで離脱することによって、大幅に出場回数を増やしていきます。

2012年:91試合/209打数53安打/打率254/本塁打1/打点15
2013年:84試合/239打数56安打/打率234/本塁打4/打点24
2014年:99試合/325打数97安打/打率298/本塁打5/打点41
2015年:136試合/442打数102安打/打率231/本塁打2/打点33
2016年:106試合/321打数60安打/打率187/本塁打3/打点37

2011年の出場試合が13試合だったので相川選手の離脱が大きな転機となり、一気にヤクルトの正捕手へと駆け上がっていってますね。
また守備面でも2012年の盗塁阻止率が.467、2015年も.315と高い数字を残しています。

昨シーズン、バッティングの方では打率1割台という数字でしたが、今季もヤクルトの正捕手は中村選手でしょうね。
今年はドラフト1位の寺島成輝投手やドラフト2位の星知弥投手等、将来楽しみなピッチャーが入団しているので、若い選手を引っ張っていってチームを立て直してほしいですね。

スポンサーリンク

中村悠平選手の嫁は?

中村選手は2014年1月、都内在住の一般女性のまなみさんという方と結婚されています。

嫁さんは1歳年上の女性で、およそ2年の交際で結婚に至ったようです。
中村選手曰く、嫁さんは女優の長澤まさみさん似の美人だそうで、ネットでも結婚式の画像が出ており、ほんとにキレイな方です。

さすが野球選手の嫁さんはキレイな人が多いですね。
そういえば結婚してから、ヤクルトの正捕手になり翌年にはリーグ優勝もしているので、嫁さんの力はやっぱり大きかったんでしょうね。

中村悠平選手とローラの関係は?

ネットで中村選手を検索すると、関連ワードに「ローラ」と出てきます。
ローラといえばモデルとタレントで活躍し、最近ではハリウッドでビューも果たしたあのローラですよね。

中村選手とローラにどんな関係があるのか調べてみましたが、出身地や生い立ちも違えば仕事上でも共演したとか、特に共通点は見当たりませんでした・・・。

なぜこのローラが出てくるのか謎ですが、唯一ローラと共通してるのは、学年は違えど同い年というところぐらいですね。
それだけで関連ワードに出てくるのは謎ですが、もしかするとタレントのローラではなく違う「ローラ」なのかもしれないですね。

中村悠平選手の年俸推移は?

中村選手の入団からこれまでの年俸推移です。

2009年:480万
2010年:530万
2011年:580万
2012年:650万
2013年:2400万
2014年:2600万
2015年:4000万
2016年:6700万
2017年:5100万

やはり出場回数が大幅に増えた2012年と優勝した2015年に大幅アップとなっていますね。
それにしても正捕手にしては若干少ないような気もしますが、これぐらいが妥当なんですかね。

チームの順位にも影響しているとは思いますが、今季はAクラス入り、フル出場を目指して頑張ってほしいです。

中村悠平選手に関する記事一覧

中村悠平選手のまとめ

今回は東京ヤクルトスワローズの正捕手、中村悠平選手を紹介してきました。
捕手不足と言われる球界で安定した成績を残している中村選手は、球界にとっても貴重な選手ですよね。

昨年は5位Bクラスという結果に終わりましたが、今季は山田哲人選手の3年連続トリプルスリー達成やバレンティン選手の残留、将来性溢れるルーキーの入団もあり巻き返しが期待されます。

中村選手には扇の要として、今季も1年間活躍していってほしいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。