野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

立岡宗一郎(巨人)の現在は?彼女は?成績や年俸もチェック!

立岡宗一郎(巨人)の現在は?彼女は?成績や年俸もチェック!

プロ野球界では2月末からオープン戦がスタートし、開幕では各球団どのようなスタメンオーダーを組んでくるのかファンにとっては非常に楽しみですが、選手達は開幕一軍を掴むために必死なアピールを続けていますね。

中でも昨オフ、25億円とも言われた大幅な戦力補強をした巨人のレギュラー争いは12球団一となっており、特に外野3枠の争いは熾烈を極めています。

この外野3枠で争うのは、FAで日本ハムファイターズから移籍した陽岱鋼選手、長野久義選手、ギャレット選手、亀井善行選手、重信慎之介選手、松本哲也選手、橋本至選手を始め、今季から外野に挑戦する岡本和真選手、そして現在セカンドに挑戦していますが立岡宗一郎選手もその一人といえます。

ファンにとってはこの選手層の厚さは頼もしい限りですが、首脳陣にとっては悩み所ですし、何よりも選手達にとっては乗り越えるハードルが多すぎますよね。

開幕スタメンを誰が勝ち取るのか、今季の巨人には注目ですが、この中から今回は立岡宗一郎選手にスポットを当てて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

立岡宗一郎(巨人)選手のプロフィール

生年月日:1990年5月18日(26歳)
出身地:熊本県葦北郡芦北町
身長:182センチ
体重:81キロ
右投左打
外野手・二塁手・三塁手

立岡宗一郎選手のこれまでの成績は?

2008年熊本県の鎮西高校からドラフト2位で福岡ソフトバンクホークスから指名され、プロ入りを果たします。
ルーキーイヤーの2009年は二軍公式戦を主戦場とし、61試合に出場し、打率222/本塁打2/打点15/盗塁2という成績を残します。

続くプロ2年目の2010年は8月15日、日本ハムファイターズ戦に代走として一軍初出場を果たすと、この年はこの1試合のみの出場となるものの二軍で45試合/打率179という成績を残します。

そして2011年は二軍公式戦に終始し、出場機会もわずか14試合の出場に止まり、翌年の2012年シーズン中となる6月に交換トレードで巨人に入団します。

巨人入団後の翌月、7月の二軍公式戦で左肘のじん帯を断裂するという大ケガを負い右打席ではバットも振れない状態となり、その後左打者へとスイッチすることになります。

しかしこの左打者転向が転機となり、2013年は二軍公式戦の46試合で打率293という記録を残すと、一軍公式戦へも自身最多となる46試合に出場し、5月15日の千葉ロッテ戦ではプロ初安打を放つ等、74打数15安打/打率203という成績を残します。

そして2015年、5月後半から一軍公式戦に出場すると6月には打率273、7月にはセンターでレギュラーを獲得し、8月には打率400を記録する等好調を続けます。
この年は91試合に出場し、打率304/盗塁16という成績を残します。

続く2016年、開幕一軍登録を掴むとセンターでスタメン定着を果たし、3月は2試合連続ホームランを放つ等、打撃好調が続くものの5月後半にケガのため戦線を離脱し、一軍復帰はシーズン後半の9月となります。

結局この年は51試合/打率229/本塁打2/打点9/盗塁9と前年度より大きく成績を落とすことになります。

こうして立岡選手のプロ野球生活を見てると、苦労の連続ですよね。
3年でトレードで巨人に移籍し、心機一転という所にケガで右バッターから左バッターへの転向、そして2015年の活躍から2016年にはレギュラー定着も期待されながらのケガで離脱と、節目節目でケガに苦しんでいますね。

足もありますし、ケガさえなければレギュラー獲得もできる選手だと思うので、これまでの苦労が報わるためにも立岡選手には何とかレギュラーを掴んでほしいですね。

スポンサーリンク

立岡宗一郎選手の現在は?2017年はセカンドでスタメン?

現在オープン戦が開催され、巨人は3月13日時点で2勝7敗と大きく負け越しています。
まああくまでもオープン戦なので今は結果より選手の状態を見る期間でもありますが、打線もかなり下降気味なのは気になりますね。

しかし立岡選手は8日の中日戦で3打数3安打、10日のオリックス戦では2安打を放っており、今季は一番・セカンドで出場しています。
巨人のセカンドと言えば昨年はクルーズ選手が中心でしたが、今季はマギー選手の加入により外国人枠の関係上クルーズ選手が出続けるのは難しいと思います。

しかもクルーズ選手は現在WBCに参加中してあり開幕は難しいと思うので、現時点では好調を続ける立岡選手が一番手になりそうですね。

今季の立岡選手には注目です。

立岡宗一郎選手の年俸推移は?

ではこれまでの立岡選手の年俸推移を見ていきます。

2009年:700万
2010年:700万
2011年:710万
2012年:600万
2013年:600万
2014年:1000万
2015年:900万
2016年:3600万
2017年:2900万

二軍生活も長かったので最初の数年はほとんど変動がないですね。
しかし一軍に出場する機会も増えいき、2015年の自己最高成績で4倍ほどの年俸アップになっていますね。

この辺はさすが巨人というべきでしょうか?
そして今季は若干ダウンしていますが、今シーズンレギュラーを獲得し、初の規定打席到達となればさらに大幅アップも期待できそうですね。

立岡宗一郎選手の彼女の噂は?

球界屈指の人気球団である巨人の選手はプレーだけではなく、プライベートなことも注目されます。
そこで立岡選手の彼女についても調べてみましたが、今のところ彼女に関しての報道どころか噂一つないですね。

まあまだ大ブレイクとまではいっていないですし、これからレギュラーに定着すれば知名度も上がっていくので今後に注目していきたいと思います。

立岡宗一郎選手に関する記事一覧

立岡宗一郎選手のまとめ

今回は巨人の立岡宗一郎選手を紹介してきました。

今季はセカンドに挑戦し、現在オープン戦では好調なバッティングが続いているようですね。
選手層の厚い巨人では、出場機会を求めて様々なポジションにチャレンジせざるおえないチーム状況ではありますが、このセカンド挑戦が立岡選手にとって良い方向に向けばいいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。