野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

上本博紀(阪神)の嫁の画像は?成績や年俸は?出身中学高校も

上本博紀(阪神)の嫁の画像は?成績や年俸は?出身中学高校も

現在オープン戦が開催され、3月末からセパ両リーグいよいよシーズンが開幕されます。

このオープン戦で結果を残した選手が開幕一軍スタートへ大きく前進することになりますが、どのチームもポジション争いは激しいものになっていますね。

中でも注目しているのは就任2年目の金本監督率いる阪神タイガースの内野手争いで、三塁手は昨秋のドラフト1位・大山悠輔選手、新外国人のキャンベル選手、ベテランの鳥谷敬選手で争い、二塁手では大山選手と同じくドラフト5位の糸原健斗選手、昨年のケガからの復活が期待される西岡剛選手、守備のスペシャリスト・大和選手、そして打撃の天才・上本博紀選手がいます。

若手からベテランまで、この選手層の厚さにファンにとっては頼もしい限りですが、指揮官にとっては悩ましいところでしょうね。

そこで今回は今季セカンドの守備争いを繰り広げ、オープン戦で当たりまくっている上本博紀選手にスポットを当てて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

上本博紀(阪神)選手のプロフィール

生年月日:1986年7月4日(30歳)
出身地:広島県福山市
身長:173センチ
体重:65キロ
右投右打
内野手

上本博紀(阪神)選手のこれまでの成績は?

早稲田大学時代、1年生の頃からレギュラーに抜擢され5度のベストナインと3度の国際大会に参加すると、2008年ドラフト3位指名で阪神タイガースに入団します。

1年目の2009年は二軍公式戦に終始するものの、チーム最多の88試合に出場し、241打数58安打/打率241/打点25/盗塁16という好成績を残します。

続く2010年も二軍で50試合/打率301/本塁打2/盗塁10と結果を残し、7月8日ヤクルトスワローズ戦で一軍初出場を果たします。
その後スタメン出場する等、この年は一軍公式戦へ28試合に出場し15打数5安打/打率333という結果を残し、来シーズンに挑みます。

2011年からはさらに一軍での出場機会を増やし、2011年は67試合、2012年は62試合に出場し、打率も.250台をキープします。
学生時代から打撃に関しては「天才」と評されるほどバッティングセンスは折り紙つきだったものの、守備に関しては課題が多く、2011年の二塁での守備率は失策4の.957、2012年は失策5の.982と若干守備に不安を残す結果となります。

徐々に出場機会を増やし開幕スタメンが期待される2013年でしたが、開幕前のケガの影響で一軍公式戦に出場したのはシーズン後半の8月29日の巨人戦となります。
この試合で三塁手としてスタメン出場を果たすと、3打数1安打を記録し、9月1日にはスリーランホームランを放つ等勝負強いバッティングを見せます。

そして2014年は上本選手にとって飛躍の年となり、プロ入り初となる開幕一軍スタートを掴むと、途中ケガで一時離脱するものの、自身最高となる131試合に出場し、打率276/本塁打7/打点38/盗塁20という好成績を残し、阪神の正二塁手としてシーズンを終えます。

続く2015年もケガで離脱はあったものの、108試合に出場し、打率253/本塁打4/打点31/盗塁19という成績を残します。
しかし2016年は打撃不振から一時二軍降格を経験する等、一軍公式戦へは45試合
に止まり今季を迎えています。

そしてチーム現在オープン戦に挑んでおり、上本選手は8打席連続安打を放つ等、その好調ぶりをアピールしています。
やはり打撃に関しては抜群のセンスを持っており安心できますが、課題はセカンドでの守備力ですよね。

2014、15年共に二桁の失策を記録しており、守備力においては大和選手のほうが安定感はあります。
しかし打撃においては上本選手のほうに分があるので、チームとして守備力を取るのか打撃力を取るのか判断が難しいところですね。

この守備力を上げれば、間違いなく阪神の正二塁手は上本選手なので、今シーズンは何とかレギュラーで出場し続けてほしいですね。

スポンサーリンク

上本博紀選手の年俸推移は?

では上本選手のプロ入りからこれまでの年俸推移を紹介していきます。

2009年:1000万
2010年:1000万
2011年:1300万
2012年:1800万
2013年:2100万
2014年:1850万
2015年:4000万
2016年:3600万
2017年:3300万

一軍公式戦での出場回数と共に順調にアップしていますが、ここ2年は連続で下がっていますね。
まだ30歳なのでここからキャリアハイを目指して頑張ってほしいですね。

上本博紀選手の嫁は?画像は?

上本選手は2014年1月、一般女性と結婚されています。

嫁さんは一般の方ということで報道では似顔絵のみの公開でしたが、ネットで検索するとある女性が出てきます、
しかしこの方は上本選手とはまったく関係のない女性で、本当の嫁さんの画像はやはり公表されていないようですね。

2014年に結婚ということはこの年から上本選手は一気にブレイクしましたよね。
やはり守るべきものができたことが、野球にも良い影響が出たようですね。

上本博紀選手の出身中学や高校時代は?

上本選手の出身中学は福山市立松永中学校というところで中学時代は「松永ヤンキース」というクラブチームに所属しています。
クラブチーム時代は県大会優勝等を経験し、その後広島の名門校・広陵高校へ進学しますが、高校時代も輝かしい成績を収めます。

1年夏から3年春の選抜まで4季連続で甲子園出場を果たし、2年春にはリーディングヒッターとして全国制覇に貢献すると、甲子園通算11試合で打率500という高いアベレージを記録します。
そしてその後は早稲田大学へ進学し、ここでも大学屈指の好打者として注目を集めていきます。

やはり打撃においては抜群のセンスを持っているようですね。
今季2014年のキャリアハイを越せるのか注目です。

上本博紀選手に関する記事一覧

上本博紀選手のまとめ

今回は阪神タイガースの上本博紀選手を紹介してきました。
現在オープン戦から打撃好調で開幕一軍も近づいてきているので今季は楽しみですね。

若手や中堅、そしてベテランが一丸となって、今季こそは久々の優勝が見てみたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。