野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

浅尾拓也(中日)がイケメンで嫁は?現在の成績は?年俸も調査

浅尾拓也(中日)がイケメンで嫁は?現在の成績は?年俸も調査

いよいよ2017年シーズンが開幕し、昨オフ大型補強をした巨人が前評判通りの強さで開幕3連勝を飾り、今季奪還を狙う福岡ソフトバンクホークス、打線が火を吹いた東北楽天ゴールデンイーグルスがそれぞれ開幕3連勝を果たしています。

3連勝と最高のスタートダッシュを切った3チームですが、一方で3連敗を喫した中日ドラゴンズ、千葉ロッテマリーンズ、オリックスバファローズにとってはつまずく形となり、特に昨シーズン最下位の中日とオリックスにおいては非常に不安なスタートとなっています。

しかしどのチームもシーズンが始まったばかりで、まだまだ手探りの状態なのでこれからどうなるかはまったくわかりませんね。

また中日ドラゴンズでは昨年一軍登板のなかった浅尾拓也投手が554日ぶりに一軍のマウンドに上がり、歴代最多セーブ記録保持者の岩瀬仁紀投手も復活を掛けて登板しました。
両投手とも無安打に抑える内容で、かつての投手王国・中日を築いた二人の復活に期待が掛かります。

そこで今回はシーズン最多ホールド記録保持者の浅尾拓也投手にスポットを当てて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

浅尾拓也(中日)投手のプロフィール

生年月日:1984年10月22日(32歳)
出身地:愛知県知多市
身長:182センチ
体重:75キロ
右投右打
投手

浅尾拓也(中日)投手のこれまでの成績は?現在は?

2006年、日本福祉大学からドラフト3位指名で中日ドラゴンズに入団すると2007年4月10日の阪神戦で救援投手としてプロ初登板を果たします。
プロ初登板は1イニングを投げ打者4人に対して、無安打1四球1三振と好投すると4月24日の広島戦で1イニングを3者連続三振に取るとプロ初勝利を果たします。

そして5月9日の広島戦ではプロ初先発を果たし6イニングを打者24に対し3安打/2四球/2被本塁打/2失点という好投で初先発を勝利で飾ります。
プロ1年目の成績は19試合に登板し、4勝1敗1ホールド/防御率3.53という記録でシーズンを終えます。

続く2年目の2008年からは、主にセットアッパーを任され44試合で3勝1敗12ホールド1セーブを記録し、50.1イニングでわずか11失点の防御率1.79という好成績を残します。

前年度の活躍を受け、翌年の2009年は開幕投手を務め、横浜ベイスターズ打線を前に8回5安打無失点という好投でエース三浦大輔投手に投げ勝ちます。
しかしその後6度先発のマウンドに上がるものの、2勝4敗と敗けが続きシーズン途中からセットアッパーで起用されます。

再びセットアッパーに戻ってからは月間MVPを獲得する等、安定したピッチングが続きこの年は67試合に出場し7勝9敗33ホールド6セーブ/防御率3.49という成績を残します。

そして2010年からはチームの不動のセットアッパーを務め、この年は72試合のフル回転登板を果たし、12勝3敗47ホールド1セーブと歴代最多ホールド記録を樹立し、80.1イニングを16失点という内容で防御率1.68という抜群の安定感を見せます。

さらに2011年は79試合と自己最多登板を果たし、7勝2敗45ホールド10セーブという記録に加え、87.1イニングで失点はわずか5失点の防御率0.41という驚異的な記録を残し、この年のリーグMVPを獲得します。

2年連続ホールド王と球界を代表するセットアッパーになったものの、2012年からは不調に苦しみ一時登録抹消を経験する等、29試合で15ホールドと前年度の成績より大きく下回るシーズンとなります。
続く2013年は34試合22ホールド/防御率1.47と昨年度よりは好成績を残すものの、2014年は22試合で8ホールド/防御率6.16、2015年は36試合/16ホールド/防御率3.19という結果に終わります。

そして2016年になるとプロ入りから初めて一軍公式戦のマウンドに一度も上がることなく、二軍戦に終始することとなり28試合/1勝2敗5セーブ/防御率4.26という成績に終わります。

しかし今シーズンはオープン戦から6度の登板で1失点と安定したピッチングを見せると、開幕一軍メンバーに選出され先日4月2日の巨人との開幕3連戦で554日ぶりに一軍公式戦のマウンドに立ち、2/3イニングを1奪三振無安打で抑え、今季の完全復活へ順調なスタートを切ります。

ここ数年はなかなか思ったようなピッチングが出来ず、苦しいシーズンが続いたんだと思いますが、まだ32歳と若くストレートの球威も全盛期とはいかなくても徐々に取り戻しつつあると思います。

開幕から3連敗と嫌な雰囲気ではありますが、まだ始まったばかりですし、中日が最下位から脱出しAクラス入りするためには浅尾投手や岩瀬投手のような一時代を築いた選手や若手が一丸となってシーズンを戦い抜くしかありません。
浅尾投手にはもう一花咲かせて完全復活を果たしてほしいです。

スポンサーリンク

中日のイケメン投手・浅尾拓也投手の嫁は?

球界きってのイケメン選手ということもあり女性ファンも多い浅尾投手ですが、2009年12月に一般女性の古川沙帆里さんという方と結婚されています。

嫁の沙帆里さんとは高校時代からのお付き合いだそうで、10年の交際期間を経て結婚されたそうです。
この10年の間には何度か破局もあったそうですが、様々な危機を乗り越えての結婚に浅尾投手の人柄の良さと一途な想いを感じますね。

しかもこの結婚から翌年の10年と11年はまさに無双時代に突入し、今もまだ破られていないシーズン最多ホールドを記録しています。
まさしく内助の功で浅尾投手を支えてたんでしょうね。

浅尾拓也投手の年俸推移は?

球界を代表するセットアッパーへと登り詰めた浅尾投手は年俸もマックス2億7500万まで上がっています。
ではこれまでの浅尾投手の年俸推移です。

2007年:1200万
2008年:1700万
2009年:3500万
2010年:7500万
2011年:1億3500万
2012年:2億7500万
2013年:2億2000万
2014年:1億6500万
2015年:1億2000万
2016年:9800万
2017年:7350万

今年はピークの頃から比べると2億円ほどダウンとなってるんですね。
それでも7350万とかなり高い印象ですが、それだけの功績を中日にもたらしているので今もこの金額というのは納得ですね。

今シーズン復活を果たし、年俸も大幅アップとなるのか注目です。

浅尾拓也投手に関する記事一覧

浅尾拓也投手のまとめ

今回は中日ドラゴンズの浅尾拓也投手を紹介してきました。
昨年は一軍登板がありませんでしたが、今季はすでに登板し順調なスタートを切っていますね。

まだ32歳と若いですし、もう一花咲かせてほしいですね。
今季の浅尾投手に注目です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。