野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

森唯斗(ソフトバンク)の結婚した嫁は?成績や年俸に帽子が話題

森唯斗(ソフトバンク)の結婚した嫁は?成績や年俸に帽子が話題

いよいよ2017年シーズンが開幕し、パリーグでは昨年5位だった東北楽天ゴールデンイーグルスがペゲーロ選手や茂木栄五郎選手らの活躍で単独首位に、そして昨年最下位だったオリックス・バファローズが新加入のロメロ選手や先日完封勝利を果たした西勇輝投手らの活躍で2位に付けています。

一方で昨年の覇者、北海道日本ハムファイターズは4/10現在チームの要である大谷翔平選手が足のケガで離脱するという事態となり、チームも最下位と低迷しています。

そして昨年2位だった福岡ソフトバンクホークスは、内川聖一選手や和田毅投手らベテラン陣が好調をキープし、現在3位という位置に付けています。

まだ始まったばかりなのでこのままの順位で終わるとは思えませんが、12球団一の選手層を誇るソフトバンクホークスは今年も優勝候補の筆頭でしょうね。

さらにソフトバンクでは先日メジャー帰りの川崎宗則選手を獲得し、キューバのモイネロ投手も獲得間近という報道もされ、益々戦力をアップさせリーグ奪還に挑みます。

そこで今回は優勝に欠かせない中継ぎ陣の要、森唯斗投手にスポットを当てて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

森唯斗(ソフトバンク)投手のプロフィール

生年月日:1992年1月8日(25歳)
出身地:徳島県海部郡
身長:176センチ
体重:90キロ
右投右打
投手

森唯斗(ソフトバンク)投手のこれまでの成績は?

2013年、社会人野球チームの三菱自動車倉敷オーシャンズからドラフト2位指名で福岡ソフトバンクホークスに入団すると、プロ初登板は2014年5月11日の西武ライオンズ戦でリリーフとして1/3イニング、打者1人に対し無安打で抑えます。

そして3試合目の5月18日のオリックスバファローズ戦では5回2/3無失点というロングリリーフでも結果を残し、5月31日まで8試合連続無失点と好投します。

その後も中継ぎとして安定したピッチングを続け、プロ1年目ながら58試合に登板し、65.2イニングを投げ4勝1敗20ホールド/防御率2.33というシーズン成績に加え、日本シリーズでも3試合に登板し、いずれも無失点という好投でチームの日本一に貢献します。

続く2年目は開幕を一軍で迎え、3月27日の千葉ロッテマリーンズ戦でリリーフとして登板します。
この試合では1失点という結果に終わったものの、以降9試合連続無失点を記録し、さらに6月25日から8月25日までの18試合21回2/3イニング連続無失点という抜群の安定感を見せます。

そしてこの年も55試合60.1イニングとフル回転し、5勝2敗16ホールド/防御率2.69というシーズン成績を記録すると、続く日本シリーズでも2試合に登板し無失点という好投でチームの2年連続日本一に大きく貢献します。

その後、昨シーズンの2016年も前年度同様56試合に登板し、4勝3敗1セーブ14ホールド/防御率2.98という成績でシーズンを終え、3年連続50試合以上に登板します。

そして今季2017年のオープン戦では6試合6.1イニングを1失点という好投で開幕を迎えると、4月1日の千葉ロッテ戦で今季初登板し、現在まで4試合連続無失点を記録しています。

プロ1年目から毎年50試合以上に登板し、今やセットアッパーとしてソフトバンクホークスに無くてはならない投手ですが、森投手といえば何といっても制球力の高さと奪三振率の高さで、2014年は65.2イニングで16与四死球/54奪三振、2015年は60.1イニングで11与四死球/66奪三振、2016年は60.1イニングで17与四死球/51奪三振という記録を残しています。

今季も中継ぎの要として活躍が期待される森投手には注目です。

スポンサーリンク

森唯斗投手の結婚した嫁は?文香って?

森投手は2014年12月、地元徳島県在住の一般女性と結婚されています。

一般の方ということで嫁さんの名前等は公表されておらず、わかっているのは中学高校時代の同級生ということだけですが、ネット上では「文香」というワードがよく検索されているようですね。

そこでこの女性の名前であろう「文香」について調べてみましたが、何の情報もなかったので嫁さんの名前というわけでもなさそうですね。

森唯斗投手の年俸推移は?

森投手の入団から今季の年俸推移です。

2014年:1200万
2015年:4800万
2016年:7000万
2017年:8700万

今季でプロ4年目となりますが、ここまで順調にアップを続けていますね。
まだ億には届いていませんが、この推移なら今季も昨年同様の成績を残せれば1億超えそうですね。

プロ5年目で1億となればかなり早い到達ですが、選手層の厚いソフトバンクホークスにおいて毎年一軍でコンスタントに成績を残している森投手なら妥当ですよね。

森唯斗投手の帽子のつばは?

森投手を検索すると「帽子」や「帽子のつば」という関連ワードが出てきます。

そういえば他の野球選手の多くが帽子のつばを若干曲げて(カーブ)いるなか、森投手の帽子はつばが真っ直ぐなのが特徴的ですよね。
これには森投手曰く、昔からこのスタイルなので今も続けているそうですが、最近では侍ジャパンのメンバーだった菊池涼介選手や筒香嘉智選手もこのスタイルですよね。

ちなみに菊池選手は守備の名手らしく、横方向の視野を広くするためにつばを真っ直ぐにしているという理由だそうです。

森唯斗投手に関する記事一覧

森唯斗投手のまとめ

今回は福岡ソフトバンクホークスのセットアッパー森唯斗投手を紹介してきました。
プロ1年目から一軍で3年連続で50試合以上に登板し、今季もすでに数試合登板しています。

三軍まであるソフトバンクでここまで毎年出場し、結果を残していることは本当にスゴイことですね。
今季も益々の活躍が期待できますが、これだけ登板数が多いとケガも心配なのでしっかりケアしながら頑張ってほしいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。