野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

美馬学(楽天)の嫁や子供は?年俸や成績は?出身中学高校も調査

美馬学(楽天)の嫁や子供は?年俸や成績は?出身中学高校も調査

2017年のシーズンがスタートし、パリーグでは昨年5位Bクラスだった東北楽天ゴールデンイーグルスが4/16現在、11試合9勝2敗と単独首位に立っています。

楽天のこの快進撃にはやはり、チーム打率リーグトップの強力打線にあり、1番・茂木栄五郎選手、2番・ペゲーロ選手の出塁率と長打率の高さ、そして5番にいる銀次選手のチャンスに強いバッティング等、切れ目のない打線で得点を重ねています。

一方で投手陣においてはリーグワーストの防御率となっており、先発陣が打ち込まれることがありますが、中継ぎ陣は鉄壁で未だ無失点を続けている投手も多くいます。

しかし今後も勝ち続けていくためには、先発が踏ん張り、なるべく中継ぎ陣を休ませる日を作らないと1年間もたないので、やはり先発陣の安定感が今後の課題になってきそうですね。

そこで今回はプロ7年目で初の開幕投手に抜擢された、美馬学投手に注目していきたいと思います。
美馬投手の開幕投手にはWBCに参加していた則本昂大投手、開幕前にインフルエンザを発症した岸孝之投手に代わっての抜擢でしたが、勝敗は付かなかったものの6回3失点と試合を作り、見事その大役を果たしました。

いいスタートを切れた美馬投手はそのまま2連勝と好投を続け、今季初の二桁勝利の期待も掛かります。
それでは美馬投手のプロフィールから紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

美馬学(楽天)投手のプロフィール

生年月日:1986年9月19日(31歳)
出身地:茨城県取手市
身長:169センチ
体重:75キロ
右投左打
投手

美馬学(楽天)投手のこれまでの成績は?

中央大学から社会人野球チームの東京ガスへ進むと1年目の2009年から都市対抗戦にクローザーとして登板すると、本選では2試合を無失点に抑えるピッチングを見せます。
続く2年目もチームのクローザーとして都市対抗戦本選に進み、3試合4イニング無失点という好投でチームをベスト8に導きます。

そして2010年のドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスから2位指名を受け入団すると、1年目から開幕一軍入りを果たし、2011年4月13日の千葉ロッテマリーンズ戦でリリーフとしてプロ初登板を1イニング無失点と好投します。

続く4月17日のオリックスバファローズ戦では1イニング3失点と敗戦投手となるものの、以降は9試合連続無失点と好投し、23試合2勝1敗5ホールド/防御率3.08という好成績でプロ1年目のシーズンを終えます。

そして翌2012年からは先発に転向し、4月26日のオリックス戦にプロ初先発を果たすと5イニング6安打3失点で勝敗は付かず、続く5月3日の西武ライオンズ戦で6イニング6失点と打ち込まれるものの、3試合目の5月13日のオリックス戦で7イニング5安打1失点と好投し、先発としてプロ初勝利を果たします。

その後もシーズンを通して先発ローテを守り抜き、23試合8勝10敗/防御率3.08という成績を残し、先発陣の一角を担っていきます。

楽天が初の日本一となった2013年も先発ローテとして好不調の波はあったものの、18試合6勝5敗/防御率4.12という成績を残し、クライマックスシリーズでは千葉ロッテマリーンズ相手に完封勝利を果たし、日本シリーズ進出へ大きく貢献します。

続く巨人との日本シリーズでも2試合で無失点という好投を見せ、チームは日本一、そして美馬投手自身も日本シリーズのMVPに選出される等、飛躍の年となります。

しかし2014年と2015年は先発するも不安定な投球が続き、勝てない日が多くなると、2014年は14試合で2勝9敗、2015年も16試合で3勝7敗と2年連続で負け越す結果となり、チームも2年連続最下位と低迷します。

続く2016年は初登板から完封勝利を果たす等、開幕から4連勝と好投を続け、1年間先発ローテを守り抜き26試合で9勝9敗/防御率4.30という成績を残します。

そして今季2017年は開幕投手を任され、4/15現在で3試合に登板し、2勝0敗/防御率2.61と好スタートを切っています。
今シーズンは打線の援護も多いのでこのままいけば初の二桁勝利も狙えそうですね。

スポンサーリンク

美馬学投手の年俸推移は?

ここで美馬投手のこれまでの年俸推移を紹介していきます。

2011年:1200万
2012年:1600万
2013年:3100万
2014年:4000万
2015年:3700万
2016年:3500万
2017年:5000万

成績とに応じて上下していますが、アップ幅ダウン幅ともにそこまで大きくはない印象ですね。
今季二桁で7000万~8000万ぐらいまでいくかもしれないですね。

美馬学投手の嫁や子供は?

プロ4年目の2014年オフ、アメリカ人と日本人のハーフで歌手や女優で活躍するタレントのサントスアンナさんと結婚されています。

嫁さんのアンナさんとお付き合いされたのは2011年だそうで、知人の紹介で知り合ったそうです。
ネット上で馴れ初めや画像も出ているので、ここでは紹介しませんがさすがタレントさんだけあってとてもキレイな方ですね。

あと子供についても調べてみましたが、今のところ子供の情報はありませんでした。
嫁のアンナさんの芸能活動の影響もあるので、子供はこれかなのかもしれないですね。

美馬学投手の出身中学や高校時代は?稀勢の里との関係は?

美馬投手の出身中学は藤代町立藤代中学校というところで軟式野球部に所属していたそうです。
中学時代は全国ベスト8入りするほどの強豪校だったそうで、当時隣町の中学でエースで4番だった現・横綱の稀勢の里関と何度も対戦したことがあるそうです。

また稀勢の里関とは今でも親交があるらしく、たまに食事会をするほどの仲だそうです。

そして高校は茨城県立藤代高校へ進学し、2年の時には春の選抜で甲子園に出場し、3回戦まで進んでいます。

稀勢の里関と中学時代ライバルだったというのもすごい話ですが、稀勢の里関が元野球少年だったというのも驚きですね。

美馬学投手に関する記事一覧

美馬学投手のまとめ

今回は東北楽天ゴールデンイーグルスの美馬学投手を紹介してきました。

今季は開幕から打撃陣も好調をキープし、西武から岸孝之投手がFAで移籍して先発陣にも厚みが出ているので期待できそうですね。
2度目の優勝があるのか、今季の楽天ゴールデンイーグルスの躍進に注目です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク