野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

松葉貴大(オリックス)の嫁は?年俸や成績は?父親や出身高校も

松葉貴大(オリックス)の嫁は?年俸や成績は?父親や出身高校も

3月末から開幕した2017年ペナントレースは4/17時点でセリーグでは昨年の覇者・広島カープが首位を独走し、パリーグでは昨年5位だった東北楽天ゴールデンイーグルスが首位に立っており、続いてオリックスバファローズ、埼玉西武ライオンズと昨年Bクラスだった3チームすべてが現在Aクラスと開幕早々波乱の幕開けとなっています。

中でも昨年最下位だったオリックスバファローズの今季は打線が好調で、新加入したロメロ選手と主砲のT-岡田選手の長打力、ベテランの小谷野栄一選手、中島宏之選手らのチャンスに強いバッティングで得点力が上がり、投手陣においては金子千尋投手と西勇輝投手の両エースが早くも完封勝利を記録する等、先発陣がしっかりゲームを作り、まさしく投打が噛み合った今季は現在2位と上位に食い込んでいます。

そこで今回はオリックスバファローズの先発ローテの中から、今季初の二桁勝利の期待が掛かる松葉貴大(まつばたかひろ)投手を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

松葉貴大(まつばたかひろ)投手のプロフィール

生年月日:1990年8月14日(26歳)
出身地:兵庫県神崎郡香寺町
身長:180センチ
体重:77キロ
左投左打
投手

松葉貴大(オリックス)投手のこれまでの成績は?

大阪体育大学時代、神宮大会や全日本大学選手権といった大舞台を経験し、4年生の時に出場した全日本大学選手権では1回戦の三重中京大学戦で現楽天の則本昂大投手に投げ勝ち、延長10回を1失点完投勝利を果たす等、大学通算55試合31勝13敗/防御率1.66という好成績に2度のリーグMVPと最優秀投手賞を獲得し、大学注目左腕として2012年のドラフト会議でオリックスバファローズに1位指名され入団します。

1年目の2013年は5月1日の千葉ロッテ戦でプロ初先発を果たすと、6回3安打無失点と好投するも勝敗は付かず、2度目の5月8日のソフトバンクホークス戦で5回1/3イニング2失点でプロ初勝利を果たします。

初勝利以降3連勝と好投を続けるものの、その後不安定な投球が続き、8月27日の勝利まで6試合0勝4敗という結果に一時二軍降格も経験します。
好不調の波はあったもののプロ1年目から17試合に登板し4勝6敗/防御率4.19という成績を残します。

続く2年目の2014年はシーズン初登板となった5月5日の千葉ロッテ戦で5回1失点と勝利すると、5月11日の日本ハム戦以外負けが付くことはなく、21試合すべてで先発し8勝1敗/防御率2.77という好成績を残します。

そして2015年はシーズン初登板の4月1日ソフトバンクホークス戦で、5回4失点ながら味方の大量援護もあり勝利投手となったものの、以降4連敗と精彩を欠き、この年は18試合で3勝6敗/防御率4.28と自己ワーストの成績に終わります。

続く2016年はシーズン序盤は中継ぎとして登板するものの、4月29日の楽天戦から先発復帰をし、5月18日にはシーズン初勝利、7月29日には9回1失点とプロ初完投を記録し、チーム低迷の中28試合7勝9敗/防御率3.26という成績を残します。

そして今季、シーズン初登板となった4月5日の西武戦で8回無失点の好投で勝利投手となると、これまで2試合1勝1敗/防御率1.93という成績となっています。
今年のオリックスは打撃も好調で、昨シーズンまでのように好投しても打線の援護がないという場面はこれまでより少なくなりそうです。

今季初の二桁勝利目指して頑張ってほしいですね。

スポンサーリンク

松葉貴大(オリックス)投手の年俸推移は?

では松葉投手のこれまでの年俸推移を紹介します。

2013年:1500万
2014年:1800万
2015年:3500万
2016年:2800万
2017年:3650万

早くから先発ローテの一角を担っているので、この年俸は妥当ですね。
今季二桁となると、きっと5000万は超えてくるのではないでしょうか。

松葉貴大投手の結婚した嫁は?

松葉投手は2014年オフ、大学時代から4年間交際していた同い年の一般女性と結婚されています。
一般の方ということで名前や画像は公開されていませんが、なんでも元客室乗務員だったそうです。

嫁さんが元CAさんというのもうらやましい限りですが、CAさんといえば美人というイメージもあるので松葉投手の嫁さんも相当な美人なんでしょうね。

松葉貴大投手の父親はどんな人?

松葉投手をネットで検索してみると「父」というワードが出てきます。
そこで父親のことを調べてみましたが、お父さんも野球経験者で松葉投手と同じ東洋大学付属姫路高校の野球部に所属し、甲子園にも出場していたそうです。

松葉投手が野球を始めたキッカケも父親の影響だったそうなので、松葉投手の野球人生においてもお父さんは欠かせない存在だったんでしょうね。

松葉貴大投手の出身中学や高校時代は?

高校は父親と同じ東洋大学付属姫路高校で、3年春の選抜で甲子園に出場しています。
この時は肘の故障の影響で野手としての出場だったそうですが、親子揃っての甲子園出場を果たしているんですね。

そして中学は姫路市立香寺中学校というところで、中学時代は硬式チームの「姫路ボーイズ」に所属しています。

松葉貴大投手に関する記事一覧

松葉貴大投手のまとめ

今回はオリックスバファローズの松葉貴大投手を紹介してきました。

最高の開幕スタートダッシュを切ったオリックスバファローズの原動力ともなっている先発ローテの一角として益々の活躍が期待できますが、今季こそはチームのAクラス入り、そして自身初の二桁勝利を果たしてほしいですね。

今後の松葉投手に注目です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。