野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

大島洋平(中日)の嫁は?年俸推移や成績は?性格も気になる!

大島洋平(中日)の嫁は?年俸推移や成績は?性格も気になる!

今シーズンが開幕しセリーグでは広島カープが昨年度同様、圧倒的な強さで首位を独走し、阪神や巨人がその後を追う形となっています。

そんな中現在最下位の中日ドラゴンズは4/17時点で14試合中3勝のみに止まっており、特に打撃陣においてはチーム打率はそこまで悪くないものの得点数がリーグワーストという、チャンスに一本が出ないという状況になっています。

特に3番ゲレーロ選手と4番ビシエド選手の主軸が、まだまだ本調子でないということが中日低迷の大きな理由となっており、投手陣が頑張っている分、この二人には早く目覚めてほしいですね。

そしてこの打線の中で、唯一と言っていいほど好調をキープしているのがリーディングヒッターの大島洋平選手であり、昨年のFAで残留を決めてくれたのがほんとにありがたいですよね。

そこで今回は中日ドラゴンズの大島洋平選手を紹介していきます。

スポンサーリンク

大島洋平(中日)選手のプロフィール

生年月日:1985年11月9日(31歳)
出身地:愛知県名古屋市
身長:176センチ
体重:74キロ
左投左打
外野手

大島洋平(中日)選手のこれまでの成績は?

社会人野球チームの日本生命から2009年のドラフト会議で中日ドラゴンズから5位指名で入団すると、翌年の2010年と11年でリーグ連覇を果たす等、チームは黄金期を迎え、そんな中1年目から開幕スタメンに抜擢される等、即戦力として期待を受けます。

プロ1年目となった2010年は一時二軍降格を経験する等、レギュラー定着とまではいかなかったものの一軍公式戦では104試合/打率258/打点17/盗塁8、二軍公式戦では12試合/打率250/打点3/盗塁6という成績を残します。

続く2年目の2011年も昨シーズン同様、開幕スタメンを勝ち取るものの調子が上がらない時期が続き、またも二軍降格を経験し、この年は一軍公式戦で96試合/打率243/打点18/盗塁8、二軍公式戦で22試合/打率297/本塁打3/打点5/盗塁4という成績に終わったものの、初のゴールデングラブ賞に選出される等、守備力で高い評価を受けます。

そして迎えた2012年は飛躍の年となり、シーズン途中から1番に定着すると初の全試合出場を記録し、144試合/打率310/本塁打1/打点13/盗塁32とリーグ盗塁王に輝き、オフにはベストナイン、2年連続のゴールデングラブ賞にも選出されます。

2013年はケガの影響もあり打撃不振が続くと、140試合/打率248/本塁打3/打点27/盗塁19と前年度より成績を落とす結果になるものの、翌2014年は141試合/打率318/本塁打2/打点28/盗塁28と再び打率3割台に乗せ、ゴールデングラブ賞にも選出されます。

そして2015、16年もゴールデングラブ賞を受賞し、これまで5度の受賞を果たす等、リーグを代表する外野手となり、2015年には142試合/打率260/本塁打6/打点27/盗塁22、2016年は143試合/打率292/本塁打3/打点27/盗塁26という安定した成績を残しています。

そして2017年の今季も4/17現在、14試合で64打数24安打/打率375/本塁打1と好調をキープしており、すでに盗塁も3個と、今季キャリアハイの成績も期待できるスタートを切っています。

スポンサーリンク

2016年契約更改で交渉決裂!FA権行使の選択は?

大島選手は2016年オフの契約更改で2度の交渉の末、交渉決裂となりシーズン中に取得していたFA権を行使するのかその動向が注目されていました。

一時FA権の行使が濃厚と言われており、昨オフ同じ外野手の糸井嘉男選手を獲得した阪神タイガースや陽岱鋼選手を獲得した巨人への移籍が噂されていました。

しかし交渉解禁日を前に球団との3度目の交渉で、納得できる提示があったためFA権は行使せず中日に残留することを決意します。
なおこの契約は3年の複数年契約となっており、年俸は1億5000万と昨年度の9000万から大幅アップとなっています。

大島選手の貢献度や成績から見ると1億5000万は妥当な数字ですね。

大島洋平選手の年俸推移は?

昨年の複数年契約で年俸1億5000万となった大島選手ですが、これまでどのような年俸推移となっていたのでしょうか。
ここで入団からこれまでの年俸推移を紹介していきます。

2010年:1200万
2011年:1800万
2012年:2500万
2013年:7500万
2014年:5625万
2015年:7400万
2016年:9000万
2017年:1億5000万

成績に応じてアップはしてきたものの、盗塁王1回、ベストナイン1回、ゴールデングラブ賞5回受賞経験があって、1億いっていなかったのは少々少ない気もしますね。
昨年FA権行使を悩んだ気持ちもわかりますが、今季からも中日ドラゴンズでプレーすることを選んでくれたのはファンにとってもうれしいですね。

大島洋平選手の嫁や子供は?性格は?

大島選手は社会人時代にすでに結婚しており、中日の入団会見では嫁さんと産まれたばかりのお子さんと出席されています。
嫁さんのお名前は真世さんという方で、画像もネット上に出ているのでここでは紹介しませんがとてもキレイな方ですね。

あと大島選手の性格を調べてみたところ、普段は温厚でおとなしい性格だそうです。
テレビ等に出演した際もその温厚そうな雰囲気が伝わってきますが、意外と喋りも上手くバラエティでも対応できそうですね。

大島洋平選手に関する記事一覧

大島洋平選手のまとめ

今回は中日ドラゴンズのリーディングヒッター、大島洋平選手を紹介してきました。

今季はこれまで打撃も好調で、打率3割超えも期待できますがチームは現在最下位と苦しい時期が続いていますね。
打撃陣の調子が上向けば勝ちも増えてくると思うので、大島選手が他の選手たちを引っ張って今のチーム状況を変えてほしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク