野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

山口鉄也(巨人)の嫁や子供は?離婚って?成績や年俸も気になる

山口鉄也(巨人)の嫁や子供は?離婚って?成績や年俸も気になる

5月30日からいよいよ2017年の交流戦が始まり、セパともにこの交流戦で毎年順位が大きく入れ替わっています。
現在セリーグ首位を突っ走る阪神タイガースやパリーグ首位の東北楽天ゴールデンイーグルスも、この交流戦を首位で乗り切れば優勝に大きく近づくとあって、ファンにとっては注目の戦いとなりそうですね。

そして首位を追いかけるチームも、交流戦で一気に首位奪取という可能性もあるので現在Aクラスにいるチームも下位にいるチームもこの交流戦がシーズンの中でターニングポイントになるかもしれません。

そこで今回は過去12回の交流戦の中でセリーグ唯一の優勝を経験している巨人から、今季復活を掛ける山口鉄也投手にスポットを当てて紹介していきます。

長きに渡ってジャイアンツの不動のセットアッパーとして活躍してきた山口投手も、昨シーズンは自己ワーストとなる6敗/防御率4.88と苦しみましたが、今季は5/20時点で防御率1.80とまずまずの成績を残しています。

近年の巨人には無くてならない存在だった山口投手のこれまでの成績や、嫁さんのことまで紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

山口鉄也(巨人)投手のプロフィール

生年月日:1983年11月11日(33歳)
出身地:神奈川県横浜市
身長:184センチ
体重:88キロ
左投左打
投手

山口鉄也(巨人)投手のこれまでの成績は?

横浜市立横浜商業高校からマイナーリーグを経て、2005年の育成ドラフト1位で巨人に入団すると、1年目の2006年は二軍で25試合/2勝1敗/防御率1.61という好成績を残すと翌年の2007年4月に支配下登録を勝ち取ります。

そして4月29日のヤクルト戦でプロ初登板を果たし1回無失点という内容で上々のデビューを果たすと、この年は32試合25.1イニングに登板し2勝0敗/防御率3.91という成績を残します。

続く2008年からはセットアッパーの定位置を獲得し、67試合すべてリリーフ登板ながら11勝2敗の二桁勝利に2セーブ23ホールドを記録し、この年の新人王に輝きます。

さらに翌年からもチームのセットアッパーとしてフル回転の登板を見せ、2009年は73試合に登板し9勝1敗4セーブ35ホールドとホールド王のタイトルを獲得し、防御率も1.27という抜群の安定感でチームの3年連続リーグ優勝に大きく貢献します。

そして2010年はシーズン序盤に初の先発を任せれる等、安定した投球を見せ、この年も2年連続70試合以上の登板で73試合8勝3敗5セーブ20ホールドを記録します。

さらに2012年には再び72試合に登板し75.1イニングを投げ、3勝2敗5セーブ44ホールドで2度目のホールド王のタイトルを獲得し、防御率も0.84と驚異的な数字でチームに貢献します。

以降2013年から昨シーズンの2016年まで実に9年連続1シーズン60試合に出場し、2017年5/20現在でプロ通算273ホールドはNPB最多記録となっています。

昨シーズンは1勝6敗/防御率4.88と安定感を欠く投球が多かったものの、今季初登板となった4/1中日ドラゴンズ戦で1イニング1安打で初勝利を果たすと、これまで13試合1勝1敗3ホールド/防御率1.80という成績を残しています。

今季は福岡ソフトバンクホークスからFAで移籍した、同じ左の森福允彦投手やルーキーの池田駿投手がいますが、やはりベテランの山口投手に頼らざるを得ない場面が出てくると思います。
10年連続60試合以上の登板となるのか「鉄人・山口投手」に今後も注目です。

スポンサーリンク

山口鉄也投手の結婚した嫁は?子供は?

山口投手は2011年オフに一般女性の亜希さん(当時26歳)という方と結婚されています。

嫁の亜希さんとは知人の紹介で知り合い、交際期間1年で結婚となったようです。
現在子供は結婚翌年に産まれた息子さんが一人いるという情報はありましたが、それ以上の情報は出てきませんでした。

山口鉄也投手に離婚の噂が?

山口投手を検索するとなぜか「離婚」というワードがよく検索されているようです。

しかし山口投手が離婚という事実はもちろんのこと噂すらもまったくない状況の中、なぜ離婚というワードがよく検索されたかというとTOKIOの山口達也さんが離婚したことで一字違いの山口投手への検索が一気に増えたことが原因のようです。

おそらく多くの人が山口投手と勘違いして離婚と検索したんでしょうね。

というわけでこのワードはまったくの偶然だったようです。

山口鉄也投手の年俸推移は?

育成出身の山口投手はこれまでどのような年俸推移を辿ってきたのでしょうか。
ではデビューした年から今季までの年俸をざっと紹介していきます。

2006年:240万
2007年:240万
2008年:1400万
2009年:4500万
2010年:1億
2011年:1億1000万
2012年:1億2000万
2013年:2億4000万
2014年:3億2000万
2015年:3億2000万
2016年:3億2000万
2017年:3億2000万

球界を代表する巨人の選手とはいえ、わずか240万から5年で1億プレイヤー、そして今では3億を超える年俸とはすごいの一言ですね。
これはほかの育成選手にも夢を与える数字でしょうし、頑張ればここまでの一流プレイヤーになれるんだというプロ野球選手を夢見る子供たちの憧れにもなりますね。

山口鉄也投手に関する記事一覧

山口鉄也投手のまとめ

今回は巨人の山口鉄也投手を紹介してきました。

これまで巨人だけでなく、第2回WBCでも世界一に貢献する等日本を代表するセットアッパーとして活躍してきました。
昨シーズンこそ失点を許す場面が多かったものの今季は再び本来の安定感を取り戻しつつあります。

これまで毎年60試合を超える登板で酷使とも言われてきましたが、今季巨人がリーグ制覇をするためには山口投手のようなベテランの力が必要になってくると思います。

今季の山口投手に注目です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク