野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

横浜DeNAベイスターズ2018年開幕スタメンと先発ローテを予想

横浜DeNAベイスターズ2018年開幕スタメンと先発ローテを予想

2017年シーズンは福岡ソフトバンクホークスの日本一で幕を閉じ、12球団最強と言われる選手層の厚さを見せつけられた形となりましたが、日本シリーズは大いに盛り上がりました。
この盛り上がりの立役者は何と言ってもリーグ3位ながらクライマックスシリーズを見事勝ち上がり、史上最大の下剋上の末日本シリーズに進出し、福岡ソフトバンクホークスをあと一歩のところまで追いつめた横浜DeNAベイスターズの存在が大きかったですね。

当初パリーグ1位とセリーグ3位の戦いにはソフトバンクホークスが圧倒的有利と予想され、4連勝もあるのではないかと言われていましたが、いざ蓋を開けてみるとソフトバンクホークスの3連勝からDeNAベイスターズが2連勝と巻き返し、第6戦もゲーム終盤まではベイスターズがリードするという展開で王者ソフトバンクホークスをギリギリまで苦しめました。

そこにはDeNAベイスターズの選手一人一人が力を発揮したのももちろんですが、クライマックスシリーズから注目されていたDeNAベイスターズの監督であるラミレス監督の采配が大きかったですね。

スポンサーリンク

クライマックスシリーズからラミレス監督の采配がズバズバ的中!

ポストシーズンではラミレス監督の采配が「ラミってる」という言葉で表され、その大胆な選手起用はクライマックスシリーズでは先発の柱だった今永昇太投手やルーキーの濱口遥大投手を中継ぎに起用し、それまでほとんど一軍出場のなかったこれまたルーキーの細川成也選手を起用する等、短期決戦にふさわしい選手起用で圧倒的不利な状況から日本シリーズへの切符を手に入れました。

さらに日本シリーズでもラミレス監督の「ラミってる」采配は止まらず、先発の井納投手をワンポイントで起用したり、シーズン中ほとんど出番のなかった白崎浩之選手をDHでスタメン起用したりと奇襲ともいえる采配でソフトバンクホークスを翻弄し、ベイスターズファンだけでなく野球ファンをも楽しませてくれる采配で日本シリーズを盛り上げてくれました。

ここまで戦えるチームに育て上げたラミレス監督率いる横浜DeNAベイスターズが来季2018年シーズンはどんな年を迎えるのか、今からとても楽しみですね。
そこで今回は「横浜DeNAベイスターズ2018年開幕スタメンと先発ローテを予想」と題し、来季のベイスターズを勝手に予想していきたいと思います。

現段階ではFAや新外国人の補強選手の入団が全員決まっていないので、新戦力に関してはその都度追記していきたいと思います。

2018年横浜DeNAベイスターズ開幕スタメン予想

  • 1番(中):桑原将志選手
    2番(二):柴田竜拓選手or大和選手
    3番(一):ロペス選手
    4番(左):筒香嘉智選手
    5番(三):宮崎敏郎選手
    6番(右):梶谷隆幸選手or佐野恵太選手
    7番(遊):倉本寿彦選手
    8番(補):戸柱恭孝捕手
    9番:投手

2018年横浜DeNAベイスターズ開幕スタメン予想の解説

1番:桑原将志選手

2017年成績:143試合/打率269/本塁打13/打点52/盗塁10

2016年の打率284から多少率は下がったものの、2017年シーズン不動の1番バッターとしてフルイニング出場を果たし、オフにはゴールデングラブ賞を受賞した桑原選手は2018年も不動の1番バッターだと思います。
また日本シリーズでもラミレス監督がキーマンに挙げるほど絶大な信頼を受けているので2018年もセンターラインの一人は桑原選手になるでしょうね。

桑原選手は「桑原将志(DeNA)の弟もスゴイ!出身中学や高校は?彼女も調査」でも紹介しています。

2番:柴田竜拓選手or大和選手

2017年成績:88試合/打率233/本塁打1/打点11/盗塁1

シーズン終盤から2番バッターとして、頭角を現してきた2017年ルーキーの柴田選手が来季もスタメンに名を連ねるのではないでしょうか。
2番は梶谷選手と迷いましたが、ポストシーズンでも見せてくれたバントの巧さから2番に予想しました。

ただもう少し打撃のほうで結果が残せればベイスターズ不動の1番、2番が完成するのですが、まだまだ若いのでこれからに期待ですね。
ちなみに11/13時点でFA宣言をしている阪神タイガーズの大和選手が加入(11/30追記:DeNAベイスターズへの移籍決定)となれば、ここに大和選手が入ってくるかもしてないですね。

柴田選手は「柴田竜拓(DeNA)の守備の評価は?彼女は?出身中学や高校も」でも紹介しています。

大和選手は「阪神・大和がWBCへ?守備の成績やポジションは?嫁も気になる」でも紹介しています。

3番:ロペス選手

2017年成績:142試合/打率301/本塁打30/打点105

3、4、5番はほとんど確定だと思います。
2年連続Aクラス入りを果たせたのはこのクリーンアップ3人の活躍が非常に大きかったと思います。

特にロペス選手は2017年の打点王にも輝くほどの活躍で、本塁打もチームトップの30本を放ちました。
来季も期待ができますね。

4番:筒香嘉智選手

2017年成績:139試合/打率284/本塁打28/打点94

2017年シーズンはWBCの影響もありやや出遅れた感があった筒香選手ですが、シーズン中盤からは徐々に調子を上げていき、さすが「日本の4番」という活躍を見せてくれました。
来季こそは3冠王を見てみたいですね。

筒香選手は「筒香嘉智(DeNA)はメジャーいく?双子の姉や高校は?彼女も調査」でも紹介しています。

5番:宮崎敏郎選手

2017年成績:128試合/打率323/本塁打15/打点62

2017年首位打者を獲得し、まさに覚醒の年となった宮崎選手は来季もクリーンアップの一角に入るでしょうね。
打撃に関しては申し分ない成績でしたが、来季は三塁手としてゴールデングラブ賞も狙ってほしいですね。

宮崎選手は「宮崎敏郎(DeNA)の成績や守備は?彼女は?出身中学高校時代も」でも紹介しています。

6番:梶谷隆幸選手or佐野恵太選手

2017年:137試合/打率243/本塁打21/打点60/盗塁21

2017年の梶谷選手は打率243と2016年から成績を落としていますが、本塁打はキャリアハイとなる21本を放ちました。
長打力もある梶谷選手が6番にいることで切れ目のない打線が続き、相手チームにとっては下位打線でも気を抜けない打順となりそうです。

梶谷選手は「梶谷隆幸(DeNA)の結婚や彼女は?出身中学や高校時代も調査」でも紹介しています。

7番:倉本寿彦選手or大和選手?

2017年成績:143試合/打率262/本塁打2/打点50/盗塁3

2017年不動の9番バッターとして活躍した倉本選手が来季もスタメンに名を連ねるのではないでしょうか。

しかし、2017年は不安定な時期も多く来季も遊撃手として安泰というわけではなさそうです。
仮に大和選手が加入するということになればレギュラーのポジションも危ういかもしれません。

来季は倉本選手にとって勝負の年となるかもしれないですね。

倉本選手は「倉本寿彦(DeNA)の守備は?彼女は?出身中学や横浜高校時代も」でも紹介しています。

8番:戸柱恭孝選手

2016年成績:112試合/打率214/本塁打9/打点52

ベイスターズの捕手は戸柱選手、嶺井博希選手、高城俊人選手が一軍の捕手として活躍していますが、来季も戸柱選手を中心とした布陣となるのではないでしょうか。
しかし戸柱選手が中心といえど、不動のレギュラーというわけではなさそうなのでこの3人でシーズンを戦っていくかもしれないですね。

戸柱選手は「戸柱恭孝(DeNA)の嫁や子供は?大洋って?出身中学や高校も」でも紹介しています。

全体的に見ると2017年とそこまで変わりがないですねw
あとは2017年ルーキーの佐野恵太選手や細川成也選手が来季どこまで成長してくるのかが楽しみです。

スポンサーリンク

2018年横浜DeNAベイスターズの先発ローテ予想

今永昇太投手

2017年成績:24試合/11勝7敗/防御率2.98

日本シリーズでも圧巻の投球でソフトバンクホークス打線を抑えた今永投手はすでに「ハマのエース」と言っても過言ではないですね。
左腕王国DeNAベイスターズの筆頭として来季も二桁勝利、そしてハーラートップも期待できるほどメキメキと実力を付けてきています。

今永投手は「今永昇太(DeNA)の彼女の噂は?年俸は?出身中学や高校時代も」でも紹介しています。

ウィーランド投手

2017年成績:21試合/10勝2敗/防御率2.98

2017年からDeNAベイスターズに入団したウィーランド投手は来季も先発ローテの一角として活躍が期待されます。
さらにウィーランド投手はピッチングだけではなくバッティングでも3本塁打を放つ等、ピッチャーながら油断できないバッターとなっています。

濱口遥大投手

2017年成績:22試合/10勝6敗/防御率3.57

2016年ドラフト1位の濱口投手が1年目から二桁勝利を果たし、日本シリーズでは7回1/3までノーヒットノーランという快挙を達成しました。
来季「2年目のジンクス」に当たる年となりますが、日本シリーズの投球を見ているとそんなジンクスも関係ない活躍を見せてくれそうですね。

濱口投手は「濱口遥大(DeNA)を山本昌が高評価!出身中学や高校に彼女のことも」でも紹介しています。

石田健大投手

2017年成績:18試合/6勝6敗/防御率3.40

2017年の開幕投手だった石田投手は6勝6敗という成績に終わりましたが、左腕王国となった横浜DeNAベイスターズにとっては無くてはならない投手でしょうね。
来季こそは自身初の二桁勝利を達成してほしいです。

石田投手は「石田健大(DeNA)の父母や彼女の噂は?報復の意味や愛車は何?」でも紹介しています。

井納翔一投手

2017年成績:25試合/6勝10敗/防御率3.84

2014年の11勝から二桁勝利を果たしていない井納投手ですが、まだまだ先発として井納投手を見たいですね。

井納投手は「井納翔一はDeNAのエース?宇宙人って?結婚した嫁も気になる」でも紹介しています。

東克樹投手

2017年立命館大学からドラフト1位でDeNAベイスターズに入団した東投手が今季の濱口投手のようにルーキーイヤーから先発ローテの一角を担うのではないでしょうか。
近年のベイスターズのドラ1は山崎康晃投手、今永昇太投手、濱口遥大投手と大当たりの選手が多いので東投手にも期待が持てますね。

※2018年横浜DeNAベイスターズのカレンダーが発売中

横浜DeNAベイスターズ2018年開幕スタメンと先発ローテ予想の関連記事

横浜DeNAベイスターズ2018年開幕スタメンと先発ローテ予想のまとめ

今回は横浜DeNAベイスターズの2018年開幕スタメンと先発ローテを予想してきましたが、今季の戦い方を見ていると来季は優勝候補の筆頭に挙げられそうですね。
今年のポストシーズンで見せてくれた、ラミレス監督の大胆采配が来季もズバズバ決まるのか今から楽しみです。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。