野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

谷岡竜平(東芝)のドラフト進路は?出身中学や成立時代と彼女のことも

谷岡竜平(東芝)のドラフト進路は?出身中学や成立時代と彼女のことも

高校生や大学生から数多くの注目選手がスポーツニュースで紹介されている今年のドラフト会議ですが、社会人野球から名前が挙がるのは比較的少ない印象がありますね。

社会人選手は経験も多くプロでも即戦力となる選手が数多いそうですが、昨年のドラフト1位に社会人選手はいなかったそうです。
高校生や大学生と比べて、数の違いがあるにせよ1位指名なしって意外ですよね~。

そんな中今年は以前の記事で紹介した大阪ガスの山岡泰輔選手が今年のドラフトでは上位指名される可能性が高いと言われています。

他にも山岡選手と同じ大阪ガスの酒居知史選手や東芝の谷岡竜平選手もプロ注目も選手となっていますが今回は東芝の谷岡竜一選手にスポットを当てて紹介していきます。

谷岡竜一選手の出身中学や成立学園時代のこと、また彼女の噂等をまとめました。

スポンサーリンク

谷岡竜平(たっぺい)選手のドラフト進路はどの球団?

名前の読み方は「りゅうへい」ではなく竜平と書いて「たっぺい」と読みます。

成立学園を卒業し、すぐに社会人野球の「東芝」に入団した21歳の本格右腕です。
最速150キロのストレートと縦スライダー、フォーク、ツーシームを使い分け、先日の横浜DeNAと東芝の練習試合でも登板しました。

横浜DeNAとの練習試合では5回6安打5失点という内容でプロの洗礼を浴びましたが、それでも楽天や中日からは以前と変わらず高い評価を受けています。
中日のスカウト担当からは「腕の振りが浅尾選手に近い」と評価されていますね。

楽天と中日の1位指名はやはり今季の目玉、高校BIG4か創価大の田中正義投手明治大の柳裕也投手になるかもしれませんが、谷岡選手が上位指名される可能性もあるのではないでしょうか。
両球団とも即戦力というよりは21歳という若さ溢れる谷岡選手の将来性を買っている印象です。

谷岡選手の出身中学は?

埼玉県出身の谷岡選手は同県和光市の「和光市立大和中学校」出身です。
中学時代にはリトルシニアリーグの「和光リトルシニア」に入団し、その当時は捕手をしていたそうです。

中学時代から投手をしていたわけではないんですね。
捕手を任されるということは元々肩は強かったんでしょうね。

和光リトルシニア時代のことはそれ以上の情報は出てきませんでした。

成立学園時代は?

谷岡選手は東京にある成立学園高校に進学します。
成立学園では1年生からレギュラーで公式戦で出場し、背番号11番の控え投手として活躍します。
投手に転向したのは高校時代からみたいですね。

2年夏には甲子園に出場するも1回戦で東海大甲府相手に3失点ながらも完封負けをし、それ以降甲子園出場はなりませんでした。

高校を卒業してからはプロ志望は提出せず、東芝に入り社会人選手として活躍します。

スポンサーリンク

社会人野球を選んだ理由は?

高校を卒業してからも野球を続けるなら、ほとんどの選手がプロか大学というところ、谷岡選手は社会人野球を選択しました。
高校から社会人ってけっこう珍しいみたいですね。

社会人野球では大学の4年とは違い、3年目でプロからのドラフト指名を受けることができます
この時期の1年はかなり大きなものとなるので、もしかすると山岡選手は高校生の時点ではプロでやっていくのは難しいと判断し、大学より1年早くプロへ入団できる社会人野球にあえて行ったのかもしれませんね。

しかし社会人野球はベテランから若手まで様々な年代の選手がいます。
その中でポジション争いをし、レギュラーを獲得するのは大学より大変なのかもしれないですね。

それでも谷岡選手は全国大会でも先発を任せるまで成長し、チームの勝利に貢献しています。
プロからも注目されるのは当然と言えば当然ですね。

谷岡選手に彼女の噂は?

谷岡竜平選手の彼女を調べてみましたが、なにも出てきませんでしたw

しかし社会人となり出会う女性も高校時代とはまったく違うものとなっているでしょうし、もしかすると支えてくれる彼女もいるかもしれませんね。
また彼女の情報等あれば、追記していきます。

谷岡竜平選手は巨人が交渉権獲得(10/20追記)

谷岡竜平選手は巨人がドラフト3位指名で交渉権を獲得しました。
巨人は1位・吉川尚輝選手、2位・畠世周選手と3位で指名です。

ついにプロの世界に入り、しかも人気球団の巨人なので本人も喜んでいそうですね。
谷岡選手の活躍に期待しています。

谷岡竜平選手に関する記事一覧

谷岡竜平選手のまとめ

今回はドラフト候補として社会人で注目されている谷岡竜平選手を紹介しました。
今年からドラフト指名を受けれる年数に達しましたが、どこかの球団が指名するのでしょうか。

また球団等の進路が決まれば記事にしていきます。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。