野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

巨人の2017年補強選手は?FA移籍や新外国人も予想してみた

巨人の2017年補強選手は?FA移籍や新外国人も予想してみた

先日、クライマックスシリーズのファーストステージが終了し、セリーグは巨人とDeNAベイスターズが対戦し、見事DeNAがCSファイナルステージ初進出を果たしました。

巨人の2016年シーズンは終了となり、選手はオフに入りますが、球団は来季に向けて選手の補強が始まります。

今シーズンの巨人は高橋由伸新監督の元、2位Aクラスという成績でしたが、1位広島に17.5ゲーム差の大差を付けられ、阿部選手や村田選手等のレギュラーメンバーの高齢化、投手層の薄さ等、投手・野手ともに大幅な選手の補強は必須となっています。

来年も確実に数字を残せる選手は坂本選手、菅野選手、マシソン選手、田口選手ぐらいでしょうか。
それほど巨人の台所事情は苦しいと言わざるを得ないです。

今オフ巨人はどういう選手を補強し、2017年のシーズンに挑むのでしょうか。
ここではFA移籍で獲得する選手や新外国人等で獲得する選手を予想していきたいと思います。

スポンサーリンク

FA移籍で補強する選手は?

今季FA権を取得する注目選手は中日の大島洋平選手、平田良介選手、横浜DeNAの山口俊選手、西武の岸孝之選手、オリックスの糸井嘉男選手、日本ハムの陽岱鋼選手が主な注目選手です。

正直巨人からすると・・・

みんな欲しいっ!!

ってところですねw

当然他の球団も狙っているので全員獲得というわけにはいかないので一人一人獲得できる可能性や巨人に移籍するとレギュラーとして出場できるのか等探っていきます。

大島洋平選手

※追記:大島選手は中日に残留することを発表されました。

走攻守3拍子揃った外野手で今季最下位に終わった中日からFA権行使をする可能性は極めて高い選手です。

巨人の外野手は長野選手、ギャレット選手、立岡選手、亀井選手中心で2016年シーズンを回していました。
長野選手は2017年もレギュラーとしてフル出場する可能性は高いです。

外野陣残り2枠のポジション争いとなりそうですが、大島選手がシーズンを通して出場するには、巨人が大島選手以外に外野手を獲得しなければフル出場もありそうです。
仮に糸井選手や平田選手どちらかが来ると残り1枠をギャレット選手や立岡選手と争うことになりそうです。

そういった理由から大島選手が巨人に移籍する可能性は低いのではないでしょうか。

平田良介選手

※追記:平田選手は中日に残留することを発表されました。

長距離砲の外野手として期待できる選手です。

巨人にとって平田選手はかなり獲得したい選手ではないでしょうか。
2016年は流動的だったライトに平田選手を置けば、レフト・ギャレット選手、センター・長野選手、ライト・平田選手で固定できます。

元々ライトを守っている平田選手もすんなり入れそうですしね。

さらにまだ28歳で先もある平田選手に巨人は全力で獲得に動いてもいいのではないでしょうか。
しかし平田選手は大阪出身で阪神も獲得に動くのではないかと言われています。

平田良介のFA記事は過去記事でも紹介しています。

山口俊選手

※追記:巨人はFA権を行使した山口俊選手の入団を発表しました。
中日も参入してきましたが、当初の予想どおり巨人へ入団となりました。

巨人を下し見事CSファイナルステージに進出した横浜DeNAの山口俊選手です。

山口選手は「山口俊(DeNA)がFAでソフトバンクか巨人?嫁やランクも調査!」でも紹介しています。

投手の枚数が少ない巨人としては山口選手は欲しいところでしょうね。
菅野・田口と並ぶ先発ローテーションの一角として期待できます。

しかし山口選手がFA権を行使して他の球団に移籍するというのは考えにくいです。
理由は今季初のCS出場を果たし、2017年は優勝も狙える位置にいる横浜をわざわざ出ていくことはないと思います。

さらにCSに出場できれば残留するとも言われていたので来季も横浜DeNAでプレーするのではないでしょうか。

スポンサーリンク

糸井嘉男選手

※追記:糸井選手は阪神に移籍することを発表されました

今オフの目玉として注目されているオリックスの糸井選手です。

足もあり長打も打てる糸井選手は巨人にとって魅力のある選手です。
FA権行使の可能性も高く、おそらく糸井選手には数球団のオファーが予想されます。

外野手の補強としては平田選手同様獲得したい選手ですね。
年齢的には糸井選手のほうが上ですが、長打力、打率、走力ともに平田選手より欲しい人材なのかもしれません。

阪神も糸井選手獲得に動くみたいなのでどの球団が獲得するのかストーブリーグに注目です。

糸井選手のFAについては関連記事「糸井嘉男の結婚した嫁や家族は?FAは阪神?天然伝説や筋肉のことも」でも紹介しています。

岸孝之選手

※追記:岸選手は楽天に移籍することを発表されました。

西武の岸選手もFA行使をするのではないかと言われています。
獲得に動くのは楽天と巨人と見られています。

巨人は先発をどうしても欲しいところなので行使すれば確実に動きそうです。
岸選手はメジャーも視野に入れているそうですが、メジャー移籍は考えにくいですね。

やはり来季も国内でプレーする可能性が高そうですが、岸選手は仙台出身ということもあり、移籍するなら楽天を選ぶ可能性が高いです。

岸選手のFA記事は過去記事でも紹介しています。

森福允彦選手

ソフトバンクホークスからFA宣言をしていた森福允彦選手を巨人が獲得しました。
左の中継ぎということでかなり良い補強となったのではないでしょうか。

森福選手は「森福允彦はFAで中日と阪神?ランクや年俸は?嫁や彼女情報も」でも紹介しています。

陽岱鋼選手

※追記:陽岱鋼選手は巨人が獲得しました。

攻守に渡り期待できる日本ハムの陽岱鋼選手です。

巨人が欲しい外野手で、走攻守揃った選手ですが、FA権を行使しても巨人にくる可能性は極めて低いと思います。
陽選手の気持ちは自身も「第2の故郷」と言っているとおり福岡のソフトバンクホークスではないでしょうか。

もともとソフトバンクに入りたかったそうなので2017年は日本ハムに残留かソフトバンクへ移籍の可能性が高そうです。

陽選手は「陽岱鋼(日ハム)がFAで巨人に移籍?人的補償やプロテクト予想」でも紹介しています。

巨人が獲得する新外国人選手は?

巨人が新外国人選手として獲得する可能性のある選手が、ロッテのデスパイネ選手、元楽天のマギー選手だと言われています。
ではここでも一人一人見ていきます。

デスパイネ選手

2014年オフも獲得を検討していたロッテのデスパイネ選手です。
ロッテとの2年契約が切れる今オフ、巨人は獲得に動くと言われています。

デスパイネ選手は2016年ロッテではDHとして活躍しましたが、もし巨人に入団するとレフト・ギャレット選手とポジション争いをするかどちらかがライトになるかもしれません。

ロッテもデスパイネ選手との来季契約を結びたいところでしょうが、巨人の財力の前には金銭面では勝てそうにありません。
そうなると巨人・デスパイネ誕生の可能性もありそうですね。

※追記:デスパイネ選手は12/10時点ではソフトバンクへ入団する可能性が高くなっています。

デスパイネ選手は「デスパイネがソフトバンクに移籍?2017年の新外国人補強は?」でも紹介しています。

マギー選手

※追記:巨人はマギー選手を獲得したことを発表しました。

巨人は2013年楽天でプレーしたマギー選手獲得に向けて動いているようです。

マギー選手は2013年の1年間だけ楽天でプレーしており、打率292、28本塁打、93打点という好成績を残し、その後メジャーでも活躍しています。

しかもマギー選手自身も日本でプレイしたいと言っているらしく巨人入団の可能性もあります。
内野手の補強も急務となっている巨人にはぜひとも獲得したい選手ですね。

アレキメデス・カミネロ選手

※追記:カミネロ投手は巨人が獲得しました。

今季パイレーツとマリナーズでプレーしたメジャーリガーが来季の巨人・守護神候補として獲得に動いているそうです。

いよいよ最後の補強となった巨人はバリバリのメジャーリーガーを予定しているようで、交渉も大詰めを迎えているそうです。
カミネロ選手は最速164キロの豪腕投手だそうですが、もし巨人に入団することがあればかなり期待の持てる補強になりそうです。

カミネロ投手は「カミネロ投手を巨人が獲得?メジャーの成績や評価は?球種や球速も」でも紹介しています。

巨人の2017年補強に関する記事一覧

巨人2017年補強選手のまとめ

2017年のストーブリーグは例年になく注目されています。
FA移籍で即戦力を獲得するのももちろんですが、ドラフトも当たり年といわれており、各球団とも新戦力の獲得には力を入れてくると思います。

今オフ巨人はどういう補強で来季を迎えるのでしょうか。
今年の巨人は2位といえども選手層の薄さは明らかです。

来季高橋由伸監督を胴上げするためには大幅な補強をし、戦力を上げなければ広島や横浜DeNAを抑えるのは難しいかもしれません。
野球ファンとして強い巨人を倒すのがセリーグの醍醐味ですよね。

来季の常勝軍団・巨人復活を期待しています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。