野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

糸井嘉男の結婚した嫁や家族は?FAは阪神?天然伝説や筋肉のことも

糸井嘉男の結婚した嫁や家族は?FAは阪神?天然伝説や筋肉のことも

先日ドラフト会議が終了し、次にストーブリーグで注目されるのは選手のFA移籍ですよね。
今シーズンFA権を取得した注目選手は中日の大島洋平選手、平田良介選手西武の岸孝之選手、オリックスの糸井嘉男選手あたりの去就が注目されていますね。

今シーズンFA権を取得した選手は

プロ野球2017ストーブリーグ情報!セリーグのFA移籍選手は?

プロ野球2017ストーブリーグ情報!パリーグのFA移籍選手は?

でまとめています。

中でも、オリックスの糸井嘉男選手はFA権を行使する可能性も高く移籍濃厚とされ最も注目されているので今回は糸井選手を取り上げてみたいと思います。

糸井選手はFAで阪神にいくのではというのが一番多い意見ですが、どうなるですかね。
FAのことも含めて、糸井選手の結婚した嫁や家族のこと、実は天然で数々の伝説的な天然エピソードもあり、思わずクスッと笑ってしまうものや糸井選手の筋肉隆々な姿など紹介していきます。

スポンサーリンク

糸井選手の嫁や家族は?

糸井選手の嫁さんは一般の方なので情報は少ないですが調べてみた結果、結婚したのは2005年10月でお相手は神奈川県横浜市出身で佐藤恵美さんという方以外公表されていません。
お子さんは2人いるそうですが、こちらも特に公表されていないためファンの間では結婚していることすら知らない方もいるそうです。

嫁さんとのエピソードとして、同じチームメイトを元気づける会と言われていった飲み会が、実は合コンでそのことが嫁さんにバレてしばらく口を聞いてもらえなかったそうです。

奥さんの気持ちもわかりますが、これは仕方ないですよねw
合コンとわかってすぐに帰ってしまっても相手に悪いですし、男性側の顔を立てるためにも途中で帰るというのはいかがなものかと・・・。

男側の勝手な意見でしょうか?w

糸井選手の自宅は東京だそうですが、家族は東京で糸井選手は大阪に単身赴任ということなのでしょうか。
本人も「関西のほうが居心地がいい」と言っているので残留か阪神移籍の可能性が高いので来季も家族と離れて生活するんですかね。

FA移籍はやっぱり阪神?

※追記:糸井選手は阪神へ移籍することが決定しました。

糸井選手がFA権を獲得するに当たって、早くから阪神が調査に動いていました。
阪神も獲得に、4年契約の最大18億という条件を提示して糸井選手を迎え入れる準備をしているそうです。

36歳とベテランですが、その力は衰え知らずで、今季は3割越え・17本塁打・53盗塁で盗塁王のタイトルも獲得しています。
キャリアのピークはまだ先だと言わんばかりの活躍で4年契約でも十分やっていけそうなほどです。

糸井選手本人も昔から阪神ファンみたいなので、阪神にとっても有利な条件が揃っているので来季は甲子園で外野を守っている糸井選手が見れるかもしれませんね。

スポンサーリンク

天然エピソード多数!糸井伝説に迫ってみた

糸井選手の天然っぷりは球界のみならず、ファンの間でも有名で数々の糸井伝説と言われる天然エピソードがあります。

「何も考えないようにしてバットを振れ」とアドバイスされるが、「何も考えないってなんだっけ?」と考えてる間に三振。

練習中、チームスタッフに「うちゅうかんってなんですか?」と尋ねる。
この時糸井選手はプロ入り5年目。(どうやら「うちゅう」を「宇宙」だと思ってたようである)

2009年オールスター初出場の際、インタビューで「セ・リーグで話してみたい人は?」と問われ「えっ!? 自分はセ・リーグのベンチに入るんですか?」

2009年七夕イベントの短冊に書いた言葉は「頭がもっとよくなりますように」だった。

2008年契約更改でハンコを押そうとポケットから出したらリップクリームだった。

まさに天然炸裂ですw
中には天然なのか失礼ながら「〇カ」なのか微妙なラインのもありますが、この辺も糸井選手がファンから愛される要因なんでしょうね。

超人糸井!筋肉がとにかくスゴい!

トライアスロンの選手だった父とバレーボールの元国体選手だった母のDNAを受け継いだ、スポーツ界のサラブレッドで、超人と言われるほどの身体能力とその肉体美はまるで彫刻のようだと言われています。

ガタイを見てると40歳以上も現役バリバリでやれそうですよね。
来季からどのチームでプレーするのか楽しみです。

糸井嘉男選手に関する記事一覧

糸井嘉男選手のまとめ

今季のFAの目玉、オリックスバファローズの糸井嘉男選手を紹介してきました。
今のところ阪神が最有力ですが、残留という可能性も否定できません。

来季、どのチームでやろうともまた数々の糸井伝説が生まれるに違いありません。
また糸井選手の去就が決まり次第、記事でも紹介していきます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク