野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

西川遥輝がイケメンで彼女は朱里?髪型や私服に高校時代も調査!

西川遥輝がイケメンで彼女は朱里?髪型や私服に高校時代も調査!

今年の広島カープ対日本ハムの日本シリーズは例年になく盛り上がっています。
カープがホームで2連勝の後、北海道に移りサヨナラに次ぐサヨナラで日本ハムが3連勝となっています。

この記事を書いている時点ではまだ結果が出てないので、日本ハムがこのまま逃げ切るのかカープがひっくり返すのか見ものです。

まだ日本シリーズを振り返るのは早いですが、これまでの戦いで特に印象が残っているのは先日の日本ハムの西川遥輝(にしかわはるき)選手の9回裏、逆転満塁サヨナラホームランではないでしょうか。

シーズン中ですら逆転満塁サヨナラホームランを見れることはないのに、日本シリーズで見れるって滅多にないですよね。
そんなわけで2016年日本シリーズ第5戦のヒーロー、日本ハムファイターズの西川遥輝選手にスポットを当てて紹介していきます。

ここでは球界のイケメン・西川選手の彼女が朱里(しゅり)という人だという噂や髪型遍歴、私服の紹介から高校時代にも迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

サヨナラ満塁弾・西川選手は彼氏にしたい選手も上位

プロフィール

生年月日:1992年4月16日(24歳)
出身地:和歌山県
身長:179センチ
体重:76キロ
右投左打
2010年ドラフト2位指名で入団

ご存知の通り西川遥輝選手は球界きってのイケメンです。
2016年の6月に日本ハムファイターズが開催した「彼氏にしたい選手権」では3位に輝くほど人気も実力も兼ね備えた選手です。

ちなみにこの投票での1位はファウル王こと中島卓也選手、2位は球界のスーパースター・二刀流の大谷翔平選手です。
どちらもイケメンですが、日本ハムのイケメン率は球界でも一番多いですよね~。
女性ファンが多いのも頷けますw

そんなイケメンの西川選手ですが、シーズン中あまりホームランを打ってないんですよね。
2016年の成績は

打率314/本塁打5/打点43/盗塁41

となっており、パワーよりミートが上手く足の早い印象ですが、元々はパワーもあり今はチームの役割として塁に出ることを優先させているそうです。

今回のホームランはツーアウトで同点ということもあり思い切ったバッティングが出来る状況と、前の打者の岡大海(おかひろみ)選手がデッドボールを受けたのを見て「燃えるものがあった」と言ったとおりさらに力が入り、劇的なドラマが生まれましたね。

「ハルキスト」と言われる西川選手のファンもこのサヨナラ劇に歓喜したと思います。
2017年シーズンも西川遥輝選手の活躍に注目したいと思います。

スポンサーリンク

西川選手の彼女は朱里(しゅり)って人なの?

西川選手の彼女を検索すると多くのサイトや関連ワードでも朱里(しゅり)という方が出てきます。

彼女の情報をまとめると

日本ハムファイターズのチアガールではないか?

地元紀の川の女性ではないか?

様々な情報が飛び交っていますが、実際のところどれも有力ではないそうです。
朱里(しゅり)という名前がどこから出てきたのか謎ですね。

西川選手も24歳なのである日突然結婚の発表とかあるかもしれませんね。

また新しい情報があれば追記していきます。

西川選手の髪型遍歴や私服はオシャレ?

球界きってのイケメンの西川選手は髪型も度々変えており、ツーブロックやパーマ等々、様々な髪型をしています。
さらに私服もおしゃれで今風の服装でまとめています。

ここでは画像は紹介しませんが、ネットでは髪型や私服の画像をまとめたサイトもあるので、そちらのほうで見ることができますよ。

西川選手は地弁和歌山高校出身

西川選手は和歌山出身ということもあり高校は和歌山の甲子園の常連校・智弁和歌山高校に進学します。
強豪校の智弁和歌山で、高校1年のころから遊撃手でレギュラー出場し、高校3年間で4度の甲子園出場を経験します。

高校生活は度重なる故障に悩まされましたが、甲子園でもキッチリと結果を残し、打っては広角に強い打球を打つことができ、走っては一塁到達タイムが4秒を切るほどの俊足で走攻守揃った選手としてプロのスカウト陣からも注目され、2010年のドラフト会議にて日本ハムファイターズから2巡目で指名され入団します。

西川遥輝選手に関する記事一覧

西川遥輝選手のまとめ

今回は先日の日本シリーズで劇的な逆転満塁ホームランを放った日本ハムファイターズの西川遥輝選手を紹介してきました。

球界のイケメンであり髪型や服装も常に注目される選手ですが、やっぱりオシャレですね~。
まだ24歳と若くこれからの日本ハムファイターズを引っ張っていく存在になりそうですね。

2017年からの活躍も期待できる西川遥輝選手を今後も追っていきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク