野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

大野奨太の嫁と宮西の嫁が双子?出身中学や高校は?性格も気になる

大野奨太の嫁と宮西の嫁が双子?出身中学や高校は?性格も気になる

プロ野球界はFAやトレード等、ストーブリーグが盛り上がる中、先日11月10日から始まる強化試合に召集される侍ジャパンのメンバーが発表されました。

その中でもかねてから「侍ジャパンのメンバーに入りたいっ!」と熱望していた北海道日本ハムファイターズの捕手・大野奨太選手が初の代表入りとなり、本人も喜びと緊張で過ごしいるのではないでしょうか。

捕手は楽天の嶋基宏選手・巨人の小林誠司選手・日本ハムの大野奨太選手となり、ベテランは嶋選手だけなので大野選手の出場機会も多くなるかもしれません。

巨人の小林選手は「小林誠司(巨人)は性格もイケメン?結婚は?出身中学や高校も調査」でも紹介しています。

球界を代表する投手が集結する侍ジャパンということもあり、普段リードできない投手の球を受けることもでき、ここでの経験は2017年のシーズンにも活きてきそうですね。
このまま本戦のWBC(ワールドベースボールクラシック)出場もあるので今回の強化試合での活躍に期待しています。

侍ジャパンのメンバーは「侍ジャパンのスタメンを予想(WBC2017)キューバ戦先発は?」でも紹介しています。

それでは今回は北海道日本ハムファイターズでマスクを被る大野奨太選手にスポットを当てて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

大野奨太選手のプロフィール

生年月日:1987年1月13日(29歳)
出身地:岐阜県
身長:177センチ
体重:77キロ
右投右打

強きのリードで日ハムの正捕手へ

今シーズンは日本ハムの正捕手として出場し、先日行われたCSと日本シーリーズではほとんどの試合でマスクを被り投手をリードしました。
CSで大谷翔平選手が165キロの日本新記録を受けたのは市川友也捕手となりましたが・・・。

2008年のドラフト1位で入団すると1年目から1軍で出場します。

当時の正捕手は現・ソフトバンクホークスのベテラン捕手・鶴岡慎也選手で、鶴岡選手が投手が投げやすいようにすることを心掛けている反面、大野選手は自分の意見を押し通そうとするタイプのキャッチャーだそうです。

また捕球してから送球する動作が早く毎年高い盗塁阻止率を誇っています。
今シーズンも西武の炭谷銀仁朗選手に次ぐ、リーグ2位の盗塁阻止率を記録しています。

入団当初は2番手捕手として、正捕手・鶴岡選手と常にポジション争いをしていましたが、2013年はバッティングで打率259、守備では盗塁阻止率が両リーグトップの成績を残し、その年のオフ鶴岡選手がFAで福岡ソフトバンクホークスに移籍したことで2014年から正捕手として出場します。

大野選手の嫁が宮西選手の嫁の双子ってほんと?

大野選手は2010年に結婚されています。
嫁さんのお名前は「梨衣子」さんという方で、当時札幌に住まわれていたそうで、職業は家事手伝いだそうです。
この辺は公表されているので間違いないと思いますが、ネット上ではある噂が囁かれてるんですよね。

それは

大野選手の嫁は宮西選手の嫁と双子なのではないか?

ということです。

宮西選手は「宮西尚生の嫁や子供は?成績や年俸に球種のスライダーも気になる」でも紹介しています。

過去記事でも書いているとおり宮西尚生選手の嫁さんのお名前は旧姓・佐藤麻亜子さんです。

なぜここが繋がるのかと疑問に思いましたが、ネット上ではいくつかの共通点が挙げられており、「職業が同じ家事手伝い」で「同じ札幌在住」「名前のイントネーションが似ている」などなど。

まあ噂通り双子でも別にいいんじゃない?と思いますが、宮西選手の嫁さんと同様に元クラブで働いていたのではないかという噂もありますね。

まああくまでもネット上の噂レベルですし、本人達は何も公表していないので真相はわかりませんね。

スポンサーリンク

大野選手の出身中学や高校時代は?

小学3年のときに荒崎野球少年団で野球を始め、大垣市立西部中学校では西濃ボーイズというクラブチームに所属します。
当時は三塁手だったそうで岐阜県選抜にも選出されています。

中学時代は県立岐阜商業高校に進学することを目標にしていたが、岐阜総合学園高校に進学
高校1年から三塁手でレギュラーを獲得し、その年の秋にチームの正捕手の故障により捕手に転向したそうです。

県立岐阜商業といえばよく甲子園に出ている高校ですよね。
なぜそこに行かなかったのかはわかりませんでしたが、事前に練習風景等を見て第1志望の高校を変更するというのはよくあるので、大野選手も岐阜総合のほうに魅力を感じたのでしょうか。

甲子園出場経験はないものの、2年と3年の夏には県大会決勝まで勝ち進みました。
最後の夏の決勝で戦った相手は県立岐阜商業だったそうです。

東洋大学から日ハムドラフト1位で入団!

高校卒業後、東洋大学に進学するとその実力は一気に開花し、3年生の春から正捕手に就くと4季連続のリーグ優勝、4季連続のベストナインを獲得します。
バッティングも世界選手権では首位打者を獲得し、当時の各球団のスカウト陣からも肩の強さや打撃も評価され、打てる捕手としてアマチュアNO1捕手としてドラフトで注目される存在になります。

そして2008年のドラフト会議で北海道日本ハムからドラフト1位で指名され入団します。

大野奨太選手の性格超真面目?

チームの選手会長とキャプテンをしていることから、監督やチームメイトからの信頼も厚く真面目な性格だということがわかりますね。
栗山監督が大野選手をキャプテンに指名するとき他に選択肢がないというほどすぐ大野選手に決まったそうです。
みんなを引っ張れるリーダー的存在なんですね。

どれを調べても真面目だということしか出てこなかったので相当真面目な性格なんだと思います。

ある番組で大野選手がキャスターになって選手にインタビューするという企画ではド緊張していた大野選手が印象的でした。
そういった一面も周りから信頼され好かれる要因なんでしょうね。

大野奨太選手に関する記事一覧

大野奨太選手のまとめ

今回は強化試合のメンバーに選出された北海道日本ハムファイターズの捕手・大野奨太選手を紹介していきました。
侍ジャパンに選出されることと希望していたのでそれが叶って良かったですね。

WBCは日本中が一丸となって応援する大会なので選手も普段とは全く違う緊張感があると思います。
大野選手には固くならずに普段どおりのプレーを見せてほしいですね。
侍ジャパンでの大野選手の活躍に期待しています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。