野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

星知弥(ヤクルト)の彼女の噂は?評価は?出身中学や高校時代も

星知弥(ヤクルト)の彼女の噂は?評価は?出身中学や高校時代も

前年度のリーグ優勝から一転、昨季5位Bクラスとなった東京ヤクルトスワローズは今季優勝奪還に向けて2月からキャンプをスタートさせています。
3年連続トリプルスリーの掛かる山田哲人選手への期待はもちろんのこと、やはり課題は昨年誰も二桁勝利を果たせなかった投手陣の立て直しが急務でしょうね。

そこで昨秋のドラフト会議で1位指名に高校BIG4の一人、履正社高校の寺島成輝投手、2位に明治大学の星知弥投手を指名し、それぞれ入団に至っています。

即戦力としての期待が掛かかる中、それぞれキャンプインを迎え、寺島投手は左内転筋の故障で二軍で調整となりましたが、星投手はキャンプでも結果を残し、開幕一軍に向けて順調に仕上がっているようです。

ドラ1とはいえ高卒ルーキーの寺島投手が一軍のマウンドに上がるのはまだ先かもしれないですが、星投手に関しては大学卒の投手なので開幕ローテ入りもあるかもしれないですね。

そこで今回は2016年のドラフト2位、星知弥(ほしともや)投手にスポットを当てて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

星知弥(ヤクルト)投手のプロフィール

生年月日:1994年4月15日(22歳)
出身地:栃木県那須郡那珂川町
身長:183センチ
体重:84キロ
右投右打
投手

星知弥投手の明治大学時代や評価は?

明治大学時代、昨秋ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団した柳裕也投手と共に、主にリリーフとして大学屈指の右腕として活躍します。
1年の春からリーグ戦に出場すると、秋には自己最速となる154キロの直球を記録し、4年春のリーグ戦では28.2イニングを投げ1勝1敗/防御率2.83、さらに秋のリーグで38イニングで3勝2敗/防御率2.13という成績でリリーフから先発をこなし、リーグ優勝と神宮大会優勝に貢献します。

高校時代からプロ注目右腕として名前の挙がっていた星投手ですが、ヤクルト指名が決定的となったのはやはり東京六大学選抜チーム対ヤクルトの対戦で、チームの主力である山田哲人選手から三振を奪うと、2回を1安打無失点という内容で、真中監督も絶賛する投球でプロ相手に堂々としたピッチングを見せます。

大学時代の最速は156キロと速球派の星投手ですが、現在のキャンプでもこの時期からすでに147キロを記録し、順調な仕上がりを見せています。
ストレートは打者の手元で伸び、直球は「チームでもトップクラス」と真中監督から高い評価を受け、さらにツーシームや変化球のキレも高い評価を受けています。

これから実戦登板に入っていく星投手ですが、チームは守護神としての起用も考えているようです。
大卒から1年目でチームの守護神を任された投手といえば最近では横浜DeNAベイスターズの山崎康晃投手がいますが、星投手も山崎投手と同じく活躍が期待できますね。

昨年は投手豊作の年ということもあり、星投手も本来ドラフト1位で指名されるレベルの投手だったので、十分新人王も狙えると思います。
開幕一軍を掴めるのか、これからスタートするオープン戦には注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

星知弥投手の彼女の噂は?

高校時代から注目を集め、名門の明治大学でも主力として1年の頃から活躍し、正にスター街道を歩んできた星投手ですが女性関係はどうなっているのでしょうか。

現時点では彼女の噂ひとつありませんでしたが、プロ入りしたことで今後その辺のことも注目されるでしょうね。
学生時代からの彼女とかいればいいですが、東京の球団ということもあり遊べる場所もたくさんあるので、まずは一軍定着を目指して野球に集中してほしいところですね。

まあインタビューとか見てると真面目でしっかりした性格な印象ですし、夜遊びで潰れるような選手ではなさそうなのでこれからプロでどんな投手になっていくのか楽しみですね。
また彼女の情報とかあれば追記していきます。

星知弥投手の出身中学や高校時代は?

小学4年から地元のクラブチームで野球を始めると、那珂川町立馬頭中学校で軟式野球部に所属します。
馬頭中学では3年の時に県大会ベスト8に輝くと、栃木県立宇都宮工業高校へ進学します。

高校時代は1年からベンチ入りすると、2年の秋からチームのエースの座を掴み、県大会36イニングで防御率1点台と安定したピッチングを見せ、徐々に頭角を現していきます。
そして3年夏の大会では決勝で県内の強豪校・作新学園と戦うと、7回3失点の好投するものの味方の援護は1点に止まり、甲子園出場とはなりませんでした。

当時から最速150キロの剛腕投手としてプロのスカウトからも注目を集めていましたが、プロ志望届は提出せず明治大学へ進学します。

高卒ルーキーでもドラフト指名を受けていた可能性は高いですが、これほどの上位指名はなかったかもしれないですね。
星投手にとっては大学進学が良い方向に向かったようなのでこれからの活躍が楽しみです。

星知弥投手に関する記事一覧

星知弥投手のまとめ

今回は東京ヤクルトスワローズの星知弥投手を紹介してきました。

昨年のヤクルトは投手陣が安定せずBクラスに沈んでしまいましたが、今年は投手陣も充実してきたので巻き返しが期待できますね。
今やヤクルトのエースとなった小川泰弘投手もドラフト2位での一年目の活躍なので、星投手にも期待したいです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。