野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

金成麗生(日大三)がハーフで彼女は?進路はドラフトで西武?

金成麗生(日大三)がハーフで彼女は?進路はドラフトで西武?

3月19日からいよいよ春の選抜が開催され、憧れの地・甲子園で12日間の熱闘が始まります。

今大会優勝候補の筆頭の挙げられる昨秋の神宮大会の覇者・大阪の履正社高校を始め、準優勝の早稲田実業高校、そして選抜連覇を狙う、奈良の智弁学園等、甲子園常連校がズラリと並んでいます。

どの学校が全国を制するのか大会前から非常に楽しみですが、高校野球は将来プロに行くような選手を早くから見れるのも楽しみのひとつですね。

大会注目の選手といえば、もちろん現在高校通算79本塁打の早稲田実業高校・清宮幸太郎選手ですが、他にも履正社高校の安田尚憲(やすだひさのり)選手や日大三高の金成麗生(かなりれお)選手等、今回は超高校級スラッガーが数多くいます。

そこで今回は春の選抜注目の選手として、そのイケメンぶりから「デカプリオ」のニックネームで今大会一躍全国区のスターとなりそうな日大三高の金成麗生選手を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

金成麗生(かなりれお)選手のプロフィール

生年月日:1999年7月30日(17歳)
出身地:神奈川県
身長:193センチ
体重:101キロ
左投左打
一塁手

金成麗生(日大三)選手は何がスゴイ?これまでの成績は?

身長193センチ、体重101キロという恵まれた体格に、300キロ以上の背筋力と右76キロ、左78キロの握力で現在高校通算20本塁打のスラッガーです。

高校2年の夏までは投手もしていたそうですが、打撃に集中させるため2年秋からは一塁手に転向し、その後開催された秋の東京大会で一気に打撃の才能が開花し始めます。

大会序盤は結果が出ず湿りがちだったバットも、準決勝の都立日野高校戦では二塁打とスリーランホームランを放つ活躍でチームの勝利の貢献すると、続く決勝の早稲田実業戦では5回には同点弾となるスリーランホームランに加え、9回には勝ち越しとなる二塁打を放ち、その後チームは敗退するものの4安打5打点という活躍で、金成選手の名前は一躍プロのスカウトの目にも止まるようになります。

そして現在、春の選抜出場のため日大三高はすでに甲子園入りし、練習を開始しています。
金成選手は早速柵越えを連発させ、周囲を驚かせているみたいですがそのパワーは引っ張るだけではなく、逆方向へもスタンドに運べるほどのパワーがあり、今後さらに技術を積んでいけば横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智選手のように広角に強い打球が打てる好打者となりそうです。

金成選手がどんな甲子園デビューを果たすのか非常に楽しみですが、初戦の相手は神宮大会の覇者・履正社高校です。
初戦から強敵との対戦ですが、ここを突破できれば一気に優勝というのもあるかもしれません。

この好カードには注目ですね。

スポンサーリンク

金成麗生(デカプリオ)選手はイケメンハーフ!彼女は?

その端正なルックスから、春の選抜の活躍しだいでは一躍高校球界のスターになる予感さえします。

アメリカ人の父と日本人の母との間に産まれたハーフで、その高身長とハリウッド俳優のレオナルド・ディカプリオに似ているという所から「デカプリオ」という愛称で呼ばれています。

これだけイケメンだと共学の日大三高では相当モテるでしょうし、今回の選抜でその人気は全国区になりそうですね。
今のところ彼女の情報等はまったくありませんが、今は野球に集中してプロ入りできるような選手になっていってほしいですね。

金成麗生選手の進路はドラフトで西武ライオンズ?

高校注目の選手といえば気になるのは今後の進路で、秋に実施されるドラフト会議で指名に掛かるのかどうかですよね。

秋の東京大会で一躍注目された金成選手ですが、報道では早くも西武ライオンズがドラフト上位にリストアップしているようです。

もちろん他球団も注目しているとは思いますが、西武と言えば「レオ」、そして金成選手のニックネームの「デカプリオ」の由来であるレオナルド・ディカプリオの愛称も「レオ」ということで、西武のリストアップには注目が集まっているようです。

今のところ西武以外の情報はありませんが、これだけポテンシャルの高い選手なので今後も他球団の情報が出てきそうですね。

※追記:金成選手は社会人野球のトヨタ自動車に進みました。

金成麗生選手の出身中学は?

金成選手の出身中学は相模原市立相陽中学校というところで「相模ボーイズ」というクラブチームに所属していたそうです。
中学3年生の時には投手として全国大会に出場し、初戦敗退するものの中学時代から注目を集める選手だったようです。

中学時代からすでの180センチを越える身長だったそうで、正しく恵まれた体というのが当てはまる選手だったんですね。

※春の選抜ガイドが発売中

金成麗生選手に関する記事一覧

金成麗生選手のまとめ

今回は春の選抜注目の選手として日大三高の金成麗生選手を紹介してきました。

今大会は「打高投低」と言われ、乱打戦の試合が多くなると予想されています。
強打者揃いの学校が多い中、全国を制するのはどのチームなのか17日から始まる春の選抜が楽しみですね。

この大会でデカプリオ旋風が巻き起こるのか注目です。
今後も金成選手のような超高校級スラッガーを出来るだけ多く紹介していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。