野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

馬場皐輔(阪神)の成績は?彼女は?出身中学や仙台育英高校時代も

馬場皐輔(阪神)の成績は?彼女は?出身中学や仙台育英高校時代も

2018年シーズン交流戦も残すところ数試合となり、今季の優勝チームは交流戦前リーグ最下位で臨んだ東京ヤクルトスワローズが1位となりました。
順位も6月18日時点でリーグ同率3位まで上がり、現在Aクラスに位置しています。
リーグ同士の試合がない交流戦は、気が付けばガラッと順位が入れ替わっていることもあるので、こういったところも醍醐味の一つとなっていますね。

そして交流戦にはこの時期でしか見れない試合や選手同士の対決もあり、今年も各地で熱戦が繰り広げられ、その中でもルーキー達の活躍にも注目が集まりました。

特に今年はルーキー達が早い段階から活躍し、すでにチームのスタメンや先発ローテの一員となっているルーキーも多く、中でもオリックス・バファローズの田嶋大樹投手はすでに先発で6勝を挙げ、横浜DeNAベイスターズのドラフト1位・東克樹投手も5勝を挙げる活躍を見せています。

また野手ではDeNAベイスターズの神里和毅選手が13盗塁でリーグ2位を記録し、千葉ロッテマリーンズの藤岡裕大選手が6月18日時点で開幕から62試合すべてで先発出場を果たしています。

ルーキー達が続々と一軍公式戦に出場を果たす中、阪神タイガースの2017年ドラフト1位・馬場皐輔投手も20日のオリックス・バファローズ戦に先発することが発表されました。

いよいよ阪神のドラ1がベールを脱ぐことになりますが、どんなピッチングを見せてくれるのか楽しみですね。
そこで今回は阪神タイガースの2017年ドラフト1位ルーキー・馬場皐輔投手を紹介していきます。

スポンサーリンク

馬場皐輔(阪神)投手のプロフィール

生年月日:1995年5月18日(23歳)
出身地:宮城県塩竈市
身長:180センチ
体重:90キロ
右投右打
投手

馬場皐輔(阪神)投手のこれまでの二軍成績は?

2017年ドラフト1位で阪神タイガースへ入団すると、春季キャンプを一軍でスタートさせるものの実戦登板で結果を出すことができず開幕は二軍で迎えます。

そして4月29日、初めての二軍公式戦のマウンドに立つと、1回を打者3人無安打1奪三振という内容でプロ初登板、初勝利を果たします。
その後も5月20日の巨人戦で、同じ2017年ドラフト1位の鍬原拓也投手との投げ合いが早くも二軍戦で実現し、馬場投手は5回3安打無失点9奪三振で勝利投手となります。

馬場投手のこれまでの二軍成績は5試合/3勝1敗/防御率1.89/19イニング/24奪三振/5与四球となっています。
ここで注目すべき数字は、19イニングで24奪三振というイニング以上の奪三振数を奪う三振率の高さと5与四球という制球力の良さですね。

一軍公式戦でもこの高い制球力を見せることができれば、おのずと勝利に近づくと思うので一軍デビュー戦でも平常心で自分の力を最大限に発揮してほしいですね。

プロ一軍公式戦初先発、楽しみにしています。

※追記
6月20日の一軍初先発の予定は雨のため中止となりました。

馬場皐輔(阪神)投手の彼女の噂は?

学生時代から注目される選手だった馬場投手は現在彼女はいるのでしょうか?
今回ネットやSNS等で調べてみましたが、彼女に関する情報は一切出てきませんでした。

大学出身の選手なのですでに彼女がいても不思議ではありませんが気になりますね~。
阪神タイガースという人気チームに入団し、注目されることが多いと思うので今後情報が出てくるかもしれません。

新情報があれば追記していきます。

スポンサーリンク

馬場皐輔投手の出身中学や仙台育英高校時代は?

馬場投手の出身中学は地元宮城の塩竈市立第三中学校というところで中学時代は七ヶ浜シニアというクラブチームに所属していたそうです。

中学卒業後は地元の名門校、仙台育英高校へ進学し3年春・夏と甲子園のマウンドに立ちます。
春の大会では3試合に出場し12イニング/5安打/1失点/11奪三振という成績を残すと、続く夏の大会では2試合9イニング/8安打/4失点/10奪三振という記録を残しています。

馬場皐輔投手の仙台大学時代の成績は?

仙台育英高校卒業後、仙台大学へ進学し、1年春のリーグ戦から出場します。
その後もコンスタントに好成績を残し、3年春のリーグでは4試合で3勝0敗/防御率0.76を記録すると、4年秋のリーグでは5試合で5勝0敗/37イニング/2失点/防御率0.49という抜群の安定感に奪三振もイニング数を大きく上回る60奪三振でベストナインに輝きます。

それにしても異様なほど奪三振率が高いですね。
プロでもこれくらいバッタバッタと三振に斬ってくれればいいのですが、一軍の選手はそこまで甘くないかもしれないですね。

次のデビュー戦が楽しみです。

馬場皐輔投手に関する記事一覧

馬場皐輔投手のまとめ

今回は阪神タイガースの2017年ドラフト1位ルーキー・馬場皐輔投手を紹介していきました。
同じドラ1のDeNAベイスターズの東克樹投手や巨人の鍬原拓也投手が一軍公式戦デビューを果たした中、馬場投手のデビュー戦はどんなピッチングを見せてくれるのでしょうか。

同じ大卒ルーキー、ドラ1ということで意識しないほうが無理だとは思いますが、自分の力を出し切れれば結果はおのずと付いてくると思います。

阪神はエースの藤浪晋太郎投手が先日復活勝利を果たし、小野泰己投手や同じルーキーの高橋遥人投手等、若虎たちが頭角を現してきています。
馬場投手も次代のエース候補としてこれからどんどん勝ち星を挙げていってほしいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。