野球選手情報局ブログヘッダーロゴ画像

曽根海成が広島カープへトレード!彼女は?出身中学や高校時代も

曽根海成が広島カープへトレード!彼女は?出身中学や高校時代も

7月末の補強期限を前に各球団新外国人の補強やトレード等、今シーズン最後の補強を行いました。

まず新外国人の補強を見ると中日ドラゴンズが中継ぎ左腕のジョエリー・ロドリゲス投手を福岡ソフトバンクホークスがキューバ出身左腕のアリエル・ミランダ投手をオリックス・バファローズが先発右腕のドン・ローチ投手、そして埼玉西武ライオンズが身長2mを超える大型中継ぎ右腕のカイル・マーティン投手を獲得しました。

また今月は国内トレードも活発に行われ、何と言っても驚きだったのが先日まで一軍公式戦に出場していた、横浜DeNAベイスターズの高城捕手と白崎選手の2名とゴールデングラブ賞の受賞歴もあるオリックス・バファローズの伊藤捕手と若手の赤間投手との2対2の交換トレードにはファンのみならず球界全体にも激震が走りました。

さらに北海道日本ハムファイターズの岡大海選手と千葉ロッテマリーンズの藤岡貴裕選手、阪神タイガースの松田遼馬投手と福岡ソフトバンクホークスの飯田優也投手、同じソフトバンクホークスの曽根海成選手と広島カープの美間優槻選手がそれぞれ交換トレードで移籍し、中日ドラゴンズの小川龍也投手が埼玉西武ライオンズへ金銭トレードで移籍する等、この7月だけでも5件のトレードが成立しました。

各チーム勝負の8月、9月を前に積極的な補強をする中、今回は福岡ソフトバンクホークスから広島カープに移籍した曽根海成(そねかいせい)選手を紹介していきます。

スポンサーリンク

曽根海成(広島カープ)選手のプロフィール

生年月日:1995年4月24日(23歳)
出身地:大阪府大阪市
身長:175センチ
体重:67キロ
右投左打
遊撃手、捕手

曽根海成(広島カープ)選手のこれまでの二軍成績は?

2013年のドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスから育成3位指名でプロ入りすると1年目2014年は主に三軍戦を主戦場とし二軍公式戦には1試合のみの出場で打席には立っていないようです。

続く2015年も三軍戦を中心に出場するものの、二軍戦にも34試合と大幅に出場機会を増やし、34試合の出場で打率200/打点6/盗塁3という結果を残します。

翌2016年はさらに出場機会を増やし、二軍公式戦に82試合に出場すると打率244/打点18/盗塁6と数字の面でも結果を残し始めます。

そして翌2017年3月24日には、福岡ソフトバンクホークスと支配下選手契約を結び、7月27日の東北楽天ゴルデンイーグルス戦で一軍公式戦デビューを果たします。

その後も29日の試合で先発出場を果たすものの、この年はこの2試合のみの出場となり、3打数無安打という結果に終わります。

しかし二軍公式戦には自己最高となる112試合に出場すると、打率210/本塁打1/打点30/盗塁8を記録を残し、フレッシュオールスターゲームに出場すると育成選手出身としては初となるMVPを受賞します。

なお今季2018年は広島カープへのトレード成立まで一軍出場機会はなかったものの、二軍では39試合で打率316/打点8/盗塁4と好成績を残しています。

今回のトレードで出場機会が増えればいいですが、カープの二遊間は球界を代表する菊池涼介選手と田中広輔選手がここ数年はレギュラーに定着しています。

この間を割って入るにはかなりハードルが高いとは思いますが頑張ってレギュラーを掴んでほしいですね。

スポンサーリンク

曽根海成(広島カープ)選手の彼女の噂は?

今回曽根選手の彼女について調べてみましたが、女性関係に関する情報はありませんでした。

まあ最近まで育成選手でしたし恋愛をする暇もないほど野球漬けの日々だったのかもしれないですね。

また情報があれば追記していきます。

曽根海成(広島カープ)選手の出身中学や高校時代は?

曽根選手は小学5年生のときに野球を始めたそうですが、出身中学に関してはわかりませんでした。

中学卒業後は京都国際高校へ進学し、1年の夏からスタメン出場すると2年、3年もレギュラーで活躍します

甲子園出場はなかったものの、京都ナンバーワン遊撃手と言われるまで成長し、3年生のときには捕手としても活躍していたそうです。

この頃から守備には定評があったみたいですね。

曽根海成(広島カープ)選手と韓国の関係は?ハーフって噂も

広島カープへのトレードが成立し、曽根選手のことを調べてみましたがネットでは「韓国」や「ハーフ」といったことがよく検索されているようですね。

しかしこのワードに関する情報を調べてみても曽根選手と韓国に関する情報もハーフであるという情報もまったく見当たらなく、なぜこのワードが検索されているか謎です。

ネットではたまによくわからないワードで検索数が多くなる現象があるのでこれもそうなのかもしれないですね

曽根海成選手に関する記事一覧

曽根海成選手のまとめ

今回は福岡ソフトバンクホークスから広島カープにトレード移籍した曽根海成選手を紹介してきました。

選手層の厚いソフトバンクホークスでは出場機会が限られていましたが、近年の広島もまた常勝チームとなりスタメンも定着しつつあります。

しかし今季ブレイクした野間峻祥選手や若手の西川龍馬選手のように与えられたチャンスを活かすことができれば一軍昇格、そしてスタメン定着もあるかもしれません。

新天地広島カープでの活躍に期待です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

当サイトについて

当サイトではプロ・アマ問わず野球選手を中心にスポットを当てて紹介しています。選手についての様々な情報を毎日更新しています。